異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 8軸DDについてTOPDD ≫ 8軸DDについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

8軸DDについて

今更書く意味もないのかなと思いつつ、8軸DDについて思うところを少し。

よく見かける8軸は(ラヴァゴ入りを除き)事故りやすく否定派で、ずっとコペル型、もしくはその両方を入れない構築を使ってました。

というのも、個人的にトレインの枚数をいくら調整しようと、レベル8が7枚(ゲドン1ラグナ3トーマス3)では事故るというのが体感で、かといってトレインが少ないと増やしたレベル8で事故る、やるならレベル8は8枚以上に増やしてトレインはフルで積みたい、でもレベル8DDはこれ以上増やしたくないというのが、8軸を回してみての結論でした。

ただ、墓地を肥やしながらデッキを掘れるDDのトレイン自体はとても強く、その魅力に憑りつかれ何度も8軸を回しては腐るトレインを見てやめるってのを繰り返してましたw

一応、地獄門を使えばトレインを腐らせないことも出来るシーンもありますが、スワラルやラミアといった強く動くには必要パーツが多いDDにおいて1度しかできないサーチをドローソースのコストにして本末転倒です。

一方で、トレインのコストを壊獣のような捲り札で補えるようになると、レベル8DDを増やさずともトレインのコストをデッキ内に用意できる、自然と8枚以上積むことができるため、8軸の悩みを解消してくれます。
ラヴァゴ入りの8軸がまさにそれで、より軽い壊獣が来て使いやすくなったのかなと、一昨日と昨日14マッチやってどうしようもない事故は2、3度とかくらいで、メイン壊獣が強い内しか使えませんが、使い良く安定感もあって良かったです。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。