異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 「トレーナーDD」TOPDD ≫ 「トレーナーDD」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

「トレーナーDD」

トレーナーDD
※仕様上《デコード・トーカー》が欠けています

モンスター(25枚)
DDネクロ・スライム×2枚
DDスワラル・スライム×2枚
DDラミア×3枚
灰流うらら×3枚
幽鬼うさぎ×2枚
DD魔導賢者ケプラー×3枚
DD魔導賢者コペルニクス×3枚
DDD壊薙王アビス・ラグナロク×3枚
DDD死偉王ヘル・アーマゲドン
DD魔導賢者トーマス×3枚

魔法(14枚)
強欲で貪欲な壺×2枚
ソウル・チャージ
ハーピィの羽根帚
闇の誘惑×3枚
コズミック・サイクロン×3枚
地獄門の契約書×3枚
魔神王の契約書

罠(1枚)
戦乙女の契約書

エクストラデッキ(15枚)
DDD烈火王テムジン
DDD神託王ダルク
DDD烈火大王エグゼクティブ・テムジン×2枚
メタファイズ・ホルス・ドラゴン
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン
DDD疾風王アレクサンダー
クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン
DDD呪血王サイフリート
魔王龍 ベエルゼ
フォーミュラ・シンクロン
DDD双暁王カリ・ユガ
No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー
熱血指導王ジャイアントレーナー
デコード・トーカー


久々にCSに出る機会があり、霊獣では到底勝つのは不可能だろうということで、まだマシそうなDDを組みなおしました。新ルール及び現環境では以前のようなルートが使えず、出回ってる3枚ルートや4枚ルートはどれも消費枚数が多く、リソースが残せない割に簡単に捲られるものばかりです。DDのみで作れる盤面では限界があるため、《熱血指導王ジャイアントレーナー》に特化し、誘発等の妨害を引き込みつつ、墓地リソースを貯めながら展開できる構築にしました。


例)《DDスワラル・スライム》《DD魔導賢者トーマス》《DDD壊薙王アビス・ラグナロク》
ラグナをスケールに張ってスワラルトーマスで《DDD烈火大王エグゼクティブ・テムジン》SS。
ラグナ効果でトーマスSS、Eテムジン効果でスワラルSS。
トーマス効果でラグナ割ってラグナSS。
EテムジントーマスラグナでトレーナーSS。


最も強い(今後の展開に繋げやすい)トレーナールートはこの3枚です。召喚権未使用なため《DD魔導賢者ケプラー》スタートでも可能で、ケプラースタートであればそのまま《デコード・トーカー》へ。
他にもスワコペラグナやスワラグナゲドン等でもトレーナーに行けますが、ここではこの3枚を例にその後の展開を書いていきます。ラミアのコストの都合上、地獄門経由前提です。
「トレーナーを出す前後で手札の枚数は変わらないが、墓地にはスワラルやラグナといったモンスターが落ち、リンク素材がフィールドに用意できている」というのがトレーナーを介す利点だと思います。


例1)《DDラミア》《DDネクロ・スライム》を引いた場合
ネクロNS、トレーナースワラルネクロでデコードSS。
ネクロ効果でトーマス素材に《DDD烈火王テムジン》SS。
スワラル効果でラミアSS、テムジン効果でラグナSS、ラグナ効果でEテムジンSS。
ラミアテムジンでアレクサンダーSS、地獄門コストにラミアSS。
ラミアアレクサンダーで《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》SS。
ラグナEテムジンで《No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー》SS。
→《デコード・トーカー》《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》《No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー》


例2)《DD魔導賢者コペルニクス》《DDネクロ・スライム》を引いた場合
ネクロNS、トレーナースワラルネクロでデコードSS。
ネクロ効果でトーマス素材にテムジンSS。
スワラル効果でコペルSS、効果でラミア落とし。
地獄門コストにラミアSS、テムジン効果でラグナSS、ラグナ効果でEテムジンSS。
ラミアテムジンで《クリアウィング・シンクロ・ドラゴン》SS。
ラグナEテムジンでタイタニックSS。
→《デコード・トーカー》《クリアウィング・シンクロ・ドラゴン》《No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー》


例3)《DD魔導賢者ケプラー》《DD魔導賢者トーマス》を引いた場合
ケプラーNSし《魔神王の契約書》をサーチ。
トレーナースワラルケプラーでデコードSS。
魔神王でスワラルトーマス素材にテムジンSS。
トーマスをスケールに張り、効果でケプラーを回収し発動。
ラグナをPS、ラグナ効果でEテムジンSS、テムジン効果でラグナSS。
ラグナラグナでタイタニックSS。
→《デコード・トーカー》《DDD烈火王テムジン》《DDD烈火大王エグゼクティブ・テムジン》《No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー》


あくまで一例で、トレーナー出すルートや引いてくるカードによってルートは変わります。このスタートでこれ引いたからこうで…と考えるのがDDらしくて楽しいですね。イメージとしては、3枚消費でトレーナーを出し3枚ドロー。誘発等を引きながら、2~3枚消費で盤面を作り、3枚前後の妨害を構えるといった感じです。

クリスタルタイタニック+手札3枚(内うらら1)
とか
タイタニック+手札3枚(内うらら1コズサイ1)
みたいなのが理想ですね。

相変わらず誘発は直撃しますしサイク系統も辛いですけど、4枚コンボとかリンクいっぱい用意しなくてもある程度の盤面は作れるようになったので、割と現実的なのかなと。
何より3ドロー楽しいれす(^q^)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。