FC2ブログ

異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2020年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年08月
TOP考察 ≫ ソルチャ3積み【花札衛】新規考察

ソルチャ3積み【花札衛】新規考察

新ルールの煽りを受けた挙句、《ソウル・チャージ》禁止によって以前のような《花札衛-五光-》と《花札衛-雨四光-》を大量に並べて返すようなことが出来なくなってしまった花札衛ですが、ルール改訂に加えて新規が追加され、以前と遜色ない先攻展開を取り戻しました。

6月発売のコレパにて《花札衛-桜-》《超勝負!》の2枚が追加されますが、ここ数日回してみて、そのどちらも3積みで申し分ないように感じました。その考察です。

《花札衛-桜-》
星3/闇属性/戦士族/攻 100/守 100
(1):自分フィールドにレベル2以下の「花札衛」モンスターが存在する場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「花札衛」モンスターしか召喚・特殊召喚できない。
(2):1ターンに1度、自分フィールドの「花札衛」モンスター1体をリリースして発動できる。自分はデッキから1枚ドローし、お互いに確認する。それが「花札衛」モンスターだった場合、デッキから「花札衛-桜-」以外の「花札衛」モンスター1体を手札に加えるか特殊召喚できる。違った場合、そのカードを墓地へ送る。

作った人間は花札知り尽くしてますね、控えめに言ってすごいです。

●《花合わせ》対応:最強の展開札を入れるに際し、ゴミだった桐を抜けるようになった
●下級:上級の花札はどれも場に花札を要求するのに対して著しく下級が少なかった
●万能サーチ:チューナー非チューナーを状況に合わせて呼ぶことができる
●自身以外もリリース可能:中途半端な《超こいこい》やチューナー過多を解消できる
●リリースがコスト:《花合わせ》《花札衛-松-》《花札衛-桜に幕-》のようなハンドからチューナーを探しに行く際、盤面を無理やり開けることで、松と桜に幕を両方展開できるようになる

ざっと挙げただけでもこれだけ痒いところに手が届くようになりました。《花合わせ》対応なのが本当に強く、対応4種全て3積みできるスペックですから、どのタイミングで《花合わせ》を引いたとしても即座に打てるようになるんですね。また、サーチに成功すれば2枚の花札が手札に加わることになりますから、《花札衛-芒-》のリロード効果の効力が増すのも地味に有難いです。

一方で気をつけなければならない点として、他のカス札(打点100)に比べて特殊召喚条件が厳しく、常に盤面にレベル2以下を残す配慮をしなければなりません。《札再生》のSSはチューナーにすることが多いですが、このカードを考慮し《花札衛-松-》をSSすることも念頭に入れて回します。


《超勝負!》
通常魔法
(1):自分フィールドのSモンスター1体を選んで持ち主のEXデッキに戻し、自分の墓地から「花札衛」モンスター4体を選んで特殊召喚する。その後、自分はデッキから1枚ドローし、お互いに確認する。それが「花札衛」モンスターだった場合、そのモンスターを召喚条件を無視して特殊召喚できる。違った場合、自分フィールドのモンスターを全て破壊し、自分のLPを半分にする。
(2):このカードが「花札衛」モンスターの効果で墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。自分の墓地から魔法・罠カード1枚を選んで手札に加える。

初見ではリスクの伴う専用《シンクロキャンセル》だと思ってたんですけど、性質としては《ソウル・チャージ》でした。弱ハンドを無理やり軌道に乗せるような使い方は出来ない反面、《ソウル・チャージ》が3枚積めるようになったのはデカいです。しかも何故かドロー効果がついており、魔法罠を引いても捨てなくてよいのも強いです。

基本的にトップデックを外してしまえば負け濃厚ですから、このカードを発動するには《花札衛-雨四光-》を絡めるか、《花積み》を併用することになります。つまりある程度回したうえで、確実に最終盤面に五光や雨四光を並べるためのものになります。
このカードを用いた最終盤面までの流れとして…

①1枚目で《花札衛-月花見-》×2、《花札衛-柳-》×2を蘇生し、リソースと展開札の確保
②非チューナーを展開しシンクロを繰り返すことで、[場:五光・猪鹿蝶/墓地:五光・雨四光×3]のような状況を作り出す
③2枚目で猪鹿蝶をEXに戻して五光×2、雨四光×3の盤面を完成させる

最終盤面は相変わらずですが、《シンクロキャンセル》に比べて素材を意識しなくていいのはやっぱり楽です。4体かつチューナーを2体蘇生できるのも大きく、月A月Bから月B雨A、雨Bとシンクロを重ねやすくなるのもいいですね。発動回数として2回で十分な気もしますが、3枚積むことである程度序盤の花札によるランダムドローを気軽に行えるようにできるのと、《花積み》さえあれば序盤から打つことも出来なくもないのでまあ3枚でええやろって感じですね。


花札衛
最後にレシピでも。先手特化です。《超こいこい》は2体SSできたとしても軌道に乗るか怪しく、場に花札を置く役割しかない割には《札再生》のような貴重なリソースが飛ぶ方がきつく感じたので抜いてしまいました。
《花札衛-萩に猪-》と《花札衛-紅葉に鹿-》は月花見+花積みで非チューナーを直接出したいときのカードですが、《成金ゴブリン》等でもいい気はします。後手チラ見でこちらを選んでますけど補助輪感は否めません。

…と、ここまで書いといてなんですが、正直なところ、よほどの飽きがこない限り花札衛を対人で回すことはほぼないんですよね。思考時間ほぼ0で回せるようになっても対戦相手にシャッフル要求しすぎるのが良くないですね…。とはいえカードイラストは綺麗ですし、最終盤面も格好いいのでしばらく動画ないしソシャゲのお供として遊んでそうです。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL