異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 「マインドシンクロ」TOPデッキレシピ ≫ 「マインドシンクロ」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

「マインドシンクロ」

モンスター(25枚)
サイバー・ドラゴン
バイス・ドラゴン×2枚
A・マインド×2枚
ダーク・グレファー×2枚
終末の騎士×2枚
キラー・トマト×3枚
ジャンク・シンクロン×3枚
クリッター
召喚僧サモンプリースト×2枚
メタボ・サッカー
A・O・J アンリミッター
レベル・スティーラー×3枚
レアル・ジェネクス・オラクル×2枚

魔法(15枚)
死者蘇生
大嵐
サイクロン
生還の宝札
増援
強制転移
黙する使者×2枚
貪欲な壺×2枚
思い出のブランコ×3枚
シンクロキャンセル×2枚

罠(0枚)

エクストラ
キメラテック・フォートレス・ドラゴン
A・O・J ディサイシブ・アームズ×2枚
A・O・J フィールド・マーシャル×2枚
A・O・J ライト・ゲイザー×2枚
A・O・J カタストル×2枚
レアル・ジェネクス・クロキシアン
ミスト・ウォーム
アームズ・エイド


ついに…ついにメインの「AOJ」が1枚だけになってしまった…!
ということでデッキ名を「マインドシンクロ」に。
心の中では「AOJ」デッキなんですよ。

以前の「AOJ」を色々と改良し《A・マインド》を主体にした構成。
《思い出のブランコ》から《A・マインド》を蘇生しレベル5(モンスター2体分)を用意して
そこから「AOJ」のシンクロモンに繋げていくのが理想。
「バイス」で用済みな感じはあるが、モンスター2体分は大きく
レベル4モンスターを「マーシャル」になれるのは「バイス」にない利点である。
もしくは《ジャンク・シンクロン》を召喚し、「オラクル」を釣ってやれば
「カタストル」(マインド+スティラ)→「ゲイザー」(カタス+ジャンクロン)」
と繋いで「ゲイザー」と「オラクル」で「クロキシアン」を出すことができる。

「サモンプリースト」は手札でダブったバニラ蘇生や「キャンセル」などを
序盤で必須な「ダグレ」や「終末」に変換できるので投入。
《メタボ・サッカー》は《A・マインド》の召喚のリリースに使用した場合
即「ゲイザー」を出すことが可能。
…であるが、「トマト」からリクルすることが前提の上に
手札に来たら「ダグレ」のコストで捨てる《A・マインド》を
手札に温存しておかなければならないので、中々に扱いが難しい。

因みにエクストラは完全に個人的な趣味です。
「AOJ」のシンクロモンを中心に出していこうという理由で組んだデッキなので
それを崩さない程度に「ミスト」と「エイド」で留めてあります。
「AOJ」のシンクロモンが目立たなくならないように
汎用性の高いシンクロモンを抜いた結果です。
「ミスト」はどうしてもという時に「マーシャル」と使い分けて
「エイド」は「AOJ」シンクロモンサポートという感じでしょうか。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。