異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ インフェルニティとLE15TOP雑記 ≫ インフェルニティとLE15

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

インフェルニティとLE15

ついにLE15が届いたよー\(^0^)/
ついでなので「インフェルニティ」との相性を検証してみる。

《オレイカルコス・シュノロス》《ガーディアン・エアトス》はシナジー皆無。
《クリアー・バイス・ドラゴン》は《クリアー・ワールド》を採用するならもしくは。
その他2枚をちょろっと。

■《ダークネス・ネオスフィア》
悪魔族という点では共通する。
特殊召喚条件も手札を減らすという意味では、自身含め2枚減らすことができる。
十分、採用の余地はあるといえるだろう。
しかし、「地縛神」と同じく、最上級(しかも条件召喚)はハンドレス中に引くと腐る恐れがあるため
入れるとしても1枚、せめて2枚かな、という感じ。

■《クリアー・ワールド》
フィールド魔法なので「地縛神」用として入れられる。
効果の方は、「インフェルニティ」は闇属性なので、2体以上いると攻撃できなくなってしまう。
展開力がある「インフェルニティ」とは最悪のアンシナジーになってしまう。
が、水属性のエンドフェイズ時に手札を1枚捨てるというのはそれなりにシナジーが期待できそう。
ただ、《DNA移植手術》まで採用するとなると、かなり厳しいところである。
逆に、フィールドに1体しか存在できず、必然的に1体しかモンスターを出しそうにない
「地縛神」なら闇の効果を受けずにコントロールすることができるのかもしれない。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。