異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP考察 ≫ 新情報ktkr2

新情報ktkr2

《A・ジェネクス・ケミストリ》
星2/闇/機械・チューナー/攻 200/守 500
属性を一つ宣言し、このカードを手札から捨てて発動する。自分フィールド上に表側表示で存在する「ジェネクス」と名のついたモンスター1体の属性は宣言した属性になる。この効果は相手ターンでも発動する事ができる。

>自分のジェネクスの属性しか変えれない生きる《幻惑の巻物》といった感じ。
《アームズ・ホール》でサーチできない代わりに「ヴィンディカイト」等でサーチが可能。
属性を変えるためだけでアドを失うのは《幻惑の巻物》と同じか。
相手の攻撃宣言に光属性に変えて《オネスト》で迎撃と言うのも面白いが…。
「ソリッド」でスーパードローすれば少しはアド損を補えるか?
「コーディネイター」と違って《機械複製術》に対応するレベル2チューナーなのをどう活かせるか。

《A・ジェネクス・バードマン》
星3/闇/機械・チューナー/攻1400/守 400
自分フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を手札に戻して発動する。このカードを手札から特殊召喚する。この効果を発動するために手札に戻したモンスターが風属性モンスターだった場合、このカードの攻撃力は500ポイントアップする。この効果で特殊召喚したこのカードはフィールド上から離れた場合ゲームから除外される。

>正直通常召喚すればいい、で終わってしまいそう。
召喚誘発のモンスターを使い回すか。
風属性を戻しても1900にしかならないのもなんとも…。

《A・ジェネクス・ベルフレイム》
星4/闇/機械/攻1700/守1800
自分フィールド上に存在するモンスターが墓地へ送られる度にこのカードにジェネクスカウンターを1つ置く。また、相手の墓地に存在するカードがゲームから除外される度に、このカードにジェネクスカウンターを1つ置く。このカードの攻撃力はフィールド上に存在するジェネクスカウンターの数×100ポイントアップする。このカードが戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、このカードに乗っているジェネクスカウンターの数×300ポイントダメージを相手ライフに与える。

>名前を少しいじればフレムベル…。
ネオフレムベルとは相性はいいが…?
正直、他のジェネクスとシナジーがないので採用の余地はないかな。

《A・ジェネクス・クラッシャー》
星4/闇/機械/攻1000/守2000
自分フィールド上に表側表示で存在するこのカードと同じ属性のモンスターが自分フィールド上に召喚された時、相手フィールド上に存在するカード1枚を選択して破壊する事ができる。この効果は1ターンに1度しか使用できない。

>守備で攻撃耐えたターンに召喚すれば効果が使えるが。
あとは《血の代償》と組み合わせるか。
特殊召喚に対応してても…壊れにはならないよね…?

《A・ジェネクス・リバイバー》
星5/闇/機械/攻2200/守1000
相手がコントロールするカードの発動を無効にした場合、このカードを手札から特殊召喚する事ができる。

>特殊召喚した先に何があるのか。
他のジェネクスとシn(ry

・総括
う~ん、ジェネクスもここまで続けば、そろそろ強力なのが出てもいい気がするんだけども。
使えるのは「ケミストリ」か「クラッシャー」ぐらいか。
闇属性レベル4ってジェネクスとはあまり相性は良くないんですよね。
《ブラック・ボンバー》の採用も考えてみるか。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL