異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 「インフェルニティ」TOPデッキレシピ ≫ 「インフェルニティ」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

「インフェルニティ」

モンスター(17枚)
インフェルニティ・デストロイヤー
インフェルニティ・デーモン×3枚
インフェルニティ・ビートル×3枚
インフェルニティ・ネクロマンサー×3枚
インフェルニティ・ミラージュ×2枚
ダーク・グレファー×3枚
クリッター
ゾンビキャリア

魔法(14枚)
大嵐
ハリケーン
サイクロン
増援
おろかな埋葬×2枚
洗脳-ブレインコントロール
闇の誘惑×2枚
D・D・R
ワン・フォー・ワン
インフェルニティ・ガン×3枚

罠(9枚)
神の宣告
聖なるバリア-ミラーフォース-
リビングデッドの呼び声
激流葬
奈落の落とし穴×2枚
ダスト・シュート
サンダー・ブレイク×2枚


《インフェルニティ・インフェルノ》や《インフェルニティ・ブレイク》は
強いっちゃ強いんだけども、コストがない時の事故が怖い。
あとは好みで《インフェルニティ・リベンジャー》を1枚挿しておくのも良いかもしれません。

種類も増えてきたし、数が揃ったらファンデッキも組めそうです。
関連記事

Comment

編集
初めまして。
今まで見たインフェルニティは全てモンスターが少なめになっていたので、モンスターが平均的なデッキ程度に入っているこのタイプは始めて見ました。
やはりモンスターは平均的に入れた方がいいのでしょうか?
2010年02月08日(Mon) 01:45
編集
初めまして。コメント有難うございます。

このデッキの墓地肥しにはダークグレファーを起用しています。
なので、モンスター数が少ないと、初手に来るモンスター数は1~2枚程度になってしまい、モンスターが手札にかさばりすぎてという事故よりも、逆に手札にあるモンスターがダグレしかないなんていう事故が起こりそうで怖いです。

終末の騎士を墓地肥しに使うタイプは問題ないのかもしれませんが、1枚しか墓地に落とせない終末よりも、2枚墓地に落としつつ手札を減らせるダグレの方が良いと思い、それにともなってモンスター数も多めにしています。

実はもう2,3枚程度なら、増やしても大丈夫なんじゃないかと思ってたりします。
常に手札0枚でいる必要はないので、いつでも処理できるDDクロウあたりはミラーでも有効に働きそうですし。かさばりすぎると困りますが、ある程度なら手札コスト系が誤魔化してくれそうです(笑)
2010年02月08日(Mon) 02:35
編集
なるほど。
確かに今まで私が使用していたモンスターが少ないタイプだと、ネクロマンサーを活用できる状態になるまで時間が掛かっていました。ダークグレファーを使って手札も落としつつ、というやり方はとても新鮮で面白いです。
流れてこのブログにたどり着いたのですが、内容やデッキレシピがとても興味深いのでまた度々よらせていただきます。ありがとうございました。
2010年02月08日(Mon) 15:36












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。