異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 「マーシャルファルコン」カード解説TOPマーシャル ≫ 「マーシャルファルコン」カード解説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

「マーシャルファルコン」カード解説

《冥府の使者ゴーズ》
安定。永続系を多様するとはいっても、ダイレクト食らうときは大抵伏せない時だしね。唯一邪魔しそうなのは《リミット・リバース》だけど、そこはプレイングでなんとかなる範囲。

《墓守の番兵》
《墓守の偵察者》
《A・O・J フィールド・マーシャル》になるための重要なレベル4要員。でもって前者は《リミット・リバース》で蘇生可能。場持ちもいいし《ジャンク・シンクロン》と《アーカナイト・マジシャン》になれるのも魅力的。

《執念深き老魔術師》
《見習い魔術師》
《ジャンク・シンクロン》で蘇生するレベル2要員。初手に来ても腐らなく、尚且つ序盤に墓地に落ちてくれそうなレベル2非チューナーはこれくらいしかいなかった。地味だが《見習い魔術師》を召喚すると《アーカナイト・マジシャン》にカウンターが乗せられる。そして何より両者とも《リミット・リバース》に対応している。

《霞の谷のファルコン》
デッキの主役その1。《ライオウ》を始め、殆どの下級モンスターを戦闘破壊できる高い攻撃力を持ちつつ、《光の護封剣》《闇の護封剣》《リミット・リバース》《デモンズ・チェーン》を使い回せ、《霞の谷の雷神鬼》の素材でもある。こいつを引けない(落とせない)ことは、負けに直結すると言っても過言じゃないほど、こいつに依存している。

《ドラグニティ-ブラックスピア》
蘇生対象は《霞の谷のファルコン》と《BF-疾風のゲイル》の2択。だが、基本は《霞の谷のファルコン》を蘇生させる。このカードと《霞の谷のファルコン》《リミット・リバース》のコンボは非常に強力。

《ダーク・アームド・ドラゴン》
安定。回れば闇なんてすぐ3枚越えしてしまうけど、《貪欲な壺》があるのでおk。逆に除外したいカードの方が困る。ダブついてても《D.D.クロウ》されたらきついからねえ。

《ジャンク・シンクロン》
デッキの主役その2。やってることは主役と言うよりサポート役に近いけども。
こいつの存在意義は1枚からレベル5を用意できるということ。1枚で《A・O・J カタストル》になれ、+レベル4で《A・O・J フィールド・マーシャル》へと繋げられる。レベル3チューナーなので《霞の谷の雷神鬼》《アーカナイト・マジシャン》にも繋げられつつ、レベル9にも繋げるのは、これが一番いい方法だと思っている。

《クリッター》
手札に《ジャンク・シンクロン》があるなら《見習い魔術師》、墓地に《霞の谷のファルコン》が落ちてるなら《ドラグニティ-ブラックスピア》等、臨機応変にサーチ可能。《リミット・リバース》で蘇生すれば《ジャンク・シンクロン》と《ダークエンド・ドラゴン》等のレベル8に繋げられる重要なレベル3の非チューナー。

《BF-疾風のゲイル》
《ドラグニティ-ブラックスピア》の蘇生候補。レベル3チューナーでありつつ戦闘要員にもなる。流石制限カードと言うか何と言うか。


…と、疲れたのでとりあえずはモンスターだけ。
魔法・罠・エクストラはまた後日ということで><;
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。