異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPデッキレシピ ≫ 「幻獣」

「幻獣」

モンスター(29枚)
冥府の使者ゴーズ
混沌球体(スフィア・オブ・カオス)×2枚
幻獣ワイルドホーン×3枚
幻獣ロックリザード×2枚
幻獣サンダーペガス×3枚
幻獣クロスウィング×3枚
レベル・スティーラー×2枚
クリッター
キラー・トマト×3枚
カオスエンドマスター×3枚
カオス・ソーサラー
オネスト×2枚
A・ジェネクス・バードマン×3枚

魔法(7枚)
大嵐
月の書×3枚
ハリケーン
サイクロン
おろかな埋葬

罠(4枚)
奈落の落とし穴×2枚
激流葬
リビングデッドの呼び声

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
A・O・J ディサイシブ・アームズ
A・ジェネクス・トライフォース×3枚
エンシェント・ホーリー・ワイバーン
カオス・ゴッデス-混沌の女神×2枚
ギガンテック・ファイター
ゴヨウ・ガーディアン
スターダスト・ドラゴン
ダークエンド・ドラゴン
ブラック・ローズ・ドラゴン
氷結界の龍 トリシューラ
氷結界の龍 ブリューナク


《A・ジェネクス・トライフォース》と《カオス・ゴッデス-混沌の女神》の2大態勢です。
(あくまでメインは幻獣であり、この2枚はサポート役です)

■《A・ジェネクス・トライフォース》
《A・ジェネクス・バードマン》+下級幻獣
《幻獣クロスウィング》《幻獣サンダーペガス》なら、素材にしたモンスターをセットすることができ、《幻獣サンダーペガス》なら生き残る確率も高いので、返しのターンにそれをリリースして《幻獣ロックリザード》を召喚することができるかもしれません。
あまりやらない気がしますが、地属性の《幻獣ワイルドホーン》を素材とすれば、アンティークギアの効果を得られます。

■《カオス・ゴッデス-混沌の女神》
出し難さ故にサポート役には向いてないんですが…幻獣と相性の良いカードが思い浮かばないので採用。出す手段としては《カオスエンドマスター》で《混沌球体》をリクルートし、《混沌球体》のレベルを下げ《レベル・スティーラー》を特殊召喚して出します。他に良い手段があればそれにしたいんですが…今のところこの組み合わせオンリーです。
本題の効果については、手札の光属性を捨ててレベル5以上の闇属性蘇生なので、手札に来た《幻獣クロスウィング》《幻獣サンダーペガス》を捨てつつ、墓地の《幻獣ロックリザード》を蘇生することができます。下手に破壊すると2000ダメージを喰らう《幻獣ロックリザード》なので、それが蘇生されれば厄介なんじゃないかな、と。もちろん《邪帝ガイウス》《氷結界の龍 ブリューナク》に弱いのはお約束で、《氷結界の龍 トリシューラ》なんて出された日には墓地の《幻獣クロスウィング》ごと除外されてしまうので、気をつけましょう。

とまぁ、《カオス・ゴッデス-混沌の女神》の方は、出せればそこそこ強いシナジーがあるので、こいつに特化してみるのも良いかなーと思ったりします。
他には《幻獣ワイルドホーン》と相性がよく、《幻獣ロックリザード》を蘇生できる《浅すぎた墓穴》なんかも良いかもしれません。

また、今回リクルーターとして《シャインエンジェル》ではなく《キラー・トマト》を採用してみました。前者は《幻獣クロスウィング》や《カオスエンドマスター》等をリクルできるので相性はいいんですが、《おろかな埋葬》の制限化で《レベル・スティーラー》を落とす方法がなくなったので、仕方なくこちらを採用しました。《A・ジェネクス・バードマン》と相性の良い《終末の騎士》と《D-HERO ディアボリックガイ》あたりも入れてやりたいところですが、前者は後が続かなく、後者は手札に来た時の事故を回避するほどのスペースがないので諦めました。

とりあえずは、課題だった幻獣以外のデッキスペースを《カオス・ゴッデス-混沌の女神》で埋められたので、あとはこれを調整していく感じでしょうか。まぁ思いつきで組み合わせただけなので、他にも相性の良いカード(というかギミック)はありそうですし、暇な時には考えていきたいと思います><;
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL