異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 「ユニコーンジェネクス」カード解説TOP雑記 ≫ 「ユニコーンジェネクス」カード解説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

「ユニコーンジェネクス」カード解説

変わったデッキなので、ユニコーンジェネクスのカード解説を。
長いので追記へ続きます。


《冥府の使者ゴーズ》
安定。

《トラゴエディア》
安定。手札アド稼ぐデッキだし、アタッカーとしても《A・ジェネクス・バードマン》で戻すコストとしても申し分ない。

《カオス・ソーサラー》
除外要因としても《A・ジェネクス・バードマン》のコストとしても優秀なモンスター。自分の場にモンスターを残しつつ特殊召喚できるのが強い。これを引けるか引けないかで大分変わる。有限ループにも持っていけるし、除去効果なくてもいいから3枚入れたいカード。
状況によっては、相手モンスターを除去した揚句、《A・ジェネクス・バードマン》と《レアル・ジェネクス・クロキシアン》に繋げてコントロール奪取もできる。成功すればアドは+3となる。
基本的に除外したいのは、《次元合成師》で回収しておいしいものを選ぶ。
例:《トラゴエディア》《異次元の一角戦士》《クリッター》等。


《サイバー・エルタニン》
生きる表しか割れない《ブラック・ホール》。自分のも巻き込む代償はあるものの、基本的に出す時は劣勢時なので問題はなし。
そして《A・ジェネクス・バードマン》のコスト要因でもある。しかし、このカードを戻したからといっても、墓地にはもう光属性機械族はいないので、フィールド又は墓地に光属性機械族を置く何らかの手段が必要になる。多少ぎこちないが、《次元合成師》で回収する、《異次元の一角戦士》で帰還させる、手札にあるのをコストで捨てる、等がある。

《サイバー・ドラゴン》
《A・ジェネクス・バードマン》で戻す特殊召喚要因であり、《サイバー・エルタニン》のコストでもある。
《バトル・フェーダー》と若干相性が悪いものの、このカードの特殊召喚→戻して《A・ジェネクス・バードマン》→《次元合成師》通常召喚or《異次元の一角戦士》特殊召喚、と即座にコンボに繋げられる。
たまにだが、《サイバー・エルタニン》のコストが欲しい時に《次元合成師》でこのカードを回収することで、通常召喚権を使わずにエルタニンぶっぱが行える。

《サイバー・ヴァリー》
デッキ名に加えたいくらい重要な縁の下の力持ちだけでなく潤滑油としても欠かせないモンスター。
単純に壁として使えるほかにも、《ダンディライオン》コストに《ワン・フォー・ワン》又は《D・D・R》での手札交換が可能。重要なドローソースであり、除外要因でもある。

《ジェネクス・ニュートロン》
サーチ先は《A・ジェネクス・バードマン》しかないが、こいつがいないと始まらないので採用。必須とはいえど、こいつが手札にかさばったらただの事故なので、無難に2枚。
サーチ役以外にも、《サイバー・エルタニン》のコスト、《A・ジェネクス・トライフォース》になれる恵まれたステータスの持ち主でもある。

《A・ジェネクス・バードマン》
このデッキの主役の1体であり、デッキの軸。《カオス・ソーサラー》《サイバー・エルタニン》を筆頭にモンスターを再利用でき、なおかつ自身で特殊召喚できる数少ないチューナーである。この自身で特殊召喚できる、というのが肝で、特殊召喚できるモンスターと組み合わせることで、通常召喚権を使わずチューナーを場に出せるのだ。
そこから《次元合成師》《ジェネクス・ニュートロン》を通常召喚して《A・ジェネクス・トライフォース》になるもよし、《異次元の一角戦士》を特殊召喚することもできる。

《異次元の一角戦士》
今回、このデッキを組むきっかけとなったモンスター。前述の《A・ジェネクス・バードマン》特殊召喚からこのカードを特殊召喚し、モンスターを帰還させて《A・ジェネクス・バードマン》とのシンクロ召喚を狙う。
いずれこのカードを絡めた動きについて別記事を書くと思います。

《次元合成師》
《A・ジェネクス・バードマン》と《A・ジェネクス・トライフォース》になれるステータスであり、《A・ジェネクス・トライフォース》で最も優先してセットするモンスター。
破壊されれば除外されたモンスターを1体手札に加えられ、効果が発動できれば基本はアドを失わない。しかし、回収効果は任意効果なので、チェーン2で破壊されるとタイミングを逃すので注意。
《A・ジェネクス・トライフォース》でセットすれば、基本は《A・ジェネクス・バードマン》が除外されているので、次に繋げるために《A・ジェネクス・バードマン》を回収する。
劣勢時などでやむを得ない場合は《バトル・フェーダー》を回収することも。

《クリッター》
有限ループに関わる1枚であり、このカードでサポート役は大体はサーチできる。安定。

《ネクロ・ガードナー》
《異次元の一角戦士》で帰還できればおいしいよねって皆が言うから(言ってない)。
守りが薄い部分を補ってくれ、手札コストとしても優秀。1枚でも十分強い。

《ダンディライオン》
ハイパー手札コスト要因。用途は《サイバー・ヴァリー》で書いたとおり。
後は《A・ジェネクス・アクセル》で《サイバー・ヴァリー》を蘇生させるときの手札コストで捨てるとおいしかったり。でもやっぱり手札コスト。

《バトルフェーダー》
守りが薄いので。一応、《カオス・ソーサラー》特殊召喚から《A・ジェネクス・バードマン》《異次元の一角戦士》、《A・ジェネクス・アクセル》に繋げて、手札に《ダンディライオン》なくても除外相手に困らなくなる。


モンスターで一区切り。
魔法・罠については明日書きます…が書く必要あるの《D・D・R》だけっぽいなあw
それすら必要ないか…?
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。