異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPスポンサー広告 ≫ A・ジェネクス・クラッシャーTOP考察 ≫ A・ジェネクス・クラッシャー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

A・ジェネクス・クラッシャー

《A・ジェネクス・クラッシャー》
効果モンスター
星4/闇属性/機械族/攻1000/守2000
自分フィールド上に表側表示で存在するこのカードと同じ属性のモンスターが自分フィールド上に召喚された時、相手フィールド上に存在するカード1枚を選択して破壊する事ができる。この効果は1ターンに1度しか使用できない。

何度かこいつを利用したデッキを作ってきたが、納得できるものができてないので、今回、考えをまとめる意味も含めて利用法を書いてみたいと思う。

まず、注目すべきはレベル4の闇属性機械族で攻撃力が1000ということ。《キラー・トマト》《機甲部隊の最前線》でリクルートできる。効果の性質上、前もって場に出しておく必要があるためリクルートとは相性がいい。特に後者の場合は守備表示での特殊召喚が可能なので、守備力2000という点を生かすことができる。
また、《リミット・リバース》での蘇生が可能であり、そこから通常召喚して効果の発動が狙える。
効果の発動はできないが、《ブラック・ボンバー》で蘇生することもできる。

続いて効果だが、今までのジェネクスには珍しく、効果の発動に別のジェネクスを必要としない。よって《終末の騎士》を召喚しても効果が発動できる。また、「このカードと同じ属性」なので、このカードの属性を変更することで、闇属性以外の召喚でも効果を発動することができる。《DNA移植手術》を発動しているならば、どの属性のモンスターを召喚しようと発動できる。
《血の代償》は単純にこのカードと相性がいいだけでなく、相手のバトルフェイズ中に闇属性モンスターを召喚して、攻撃モンスターを除去するという使い方ができる。

このように場に出す手段は豊富と言え、このカード特殊召喚からうまく通常召喚に繋げられれば、召喚しただけで《サンダー・ブレイク》が撃てるため非常に強力。特殊召喚に反応しないのは残念だが、魔法・罠も割れるので十分か。
また、これは召喚に反応する効果なので《エンペラー・オーダー》でドローに変えることもでき、召喚誘発効果を持つ《終末の騎士》等を召喚すればチェーンが発生するため《サモンチェーン》の発動のトリガーにすることができる。

ちなみに、自分は何ヶ月か前に《DNA移植手術》と相性がよく、《リミット・リバース》も無理なく入れられる《A・ジェネクス・ソリッド》と組み合わせて使ってみましたが…全然噛み合わなくて失敗に終わりました('A`)(何
たぶん、ソリッドターボにこのカードを突っ込んだだけで、ちゃんと専用構築にすれば十分強いデッキにできると思うので、機会があったら真面目に組んでみたいと思います(`・ω・')
関連記事

Comment

編集
クラッシャーデッキですか・・・・

僕も組んだことあるんですが、どうも普通の闇ビートになっちゃうんですよね。


もっとファンデッキぽさをだしたいんですけどね・・・
2010年05月15日(Sat) 19:22
編集
そうなんですよね。

普通に闇属性で優秀なところを採用していくと
あれ?クラッシャーいらなくね?ってなっちゃうんですよね。

なので、クラッシャーしかできないところから相性の良いカードとの繋がりを見つけ出さないと、クラッシャーの良さは引き出せないのかな、と思っています。
単純なカードに見えて扱いが難しい。こいつを有効利用するデッキが完成するまで、先が長くなりそうです。
2010年05月15日(Sat) 22:46












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。