異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ インヴェルズTOP雑記 ≫ インヴェルズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

インヴェルズ

インヴェルズ・サーチャー
星2/闇属性/攻 0/守 100
チューナー
このカードがフィールドから墓地へ送られた時、デッキからインヴェルズと名のついたレベル3以下のカードを1枚手札に加える。

インヴェルズ・カオス
星3/闇属性
このカードを召喚した時、手札を1枚墓地へ送る。

インヴェルズ・ウィザード
星6/闇属性/攻1900/守 0
このカードをアドバンス召喚に成功した時、デッキから3枚墓地へ送る。このカードが破壊された時、手札に戻すことができる。

インヴェルズ・ゴールドサイス
シンクロ
星10/闇属性/攻2900/守2000
インヴェルズと名のついたチューナー+チューナー以外のモンスター
このカードをシンクロ召喚に成功した時、相手フィールドのカードの枚数と同じ枚数のカードを相手のデッキの上から墓地へ送る。このカードが墓地へ送られた時、次の自分のターンにデッキから5枚墓地へ送ることでこのカードを自分フィールド上に特殊召喚できる。

インヴェルズ・ゴッドサイス
魔法
このカードを発動した時、デッキから3枚を墓地に送る。そして自分の墓地を見てレベルの合計が8になるように「インヴェルズ」と名のついたチューナー以外のモンスターを特殊召喚できる。このカードを発動した場合、自分は通常召喚できない。

インヴェルズの牢獄
永続魔法
このカードがフィールド上に存在する場合、デッキからカードが墓地に送られる度に墓地のカードを除外する。毎ターン自分のドローフェイズに除外されてるカードを1枚このカードの下に置く。このカードが破壊された時このカードの下にあったカードを全て手札に加える。このカードがフィールド上に存在する場合、エンドフェイズにお互いカードを2枚ずつデッキから墓地に送られる。

イン・ヴェルズ
魔法
手札から2枚のインヴェルズと名のついたカードを墓地へ送り次の効果から1つ選び発動する。
●墓地からインヴェルズと名のついたモンスターを2枚まで手札に加える。
●デッキから2枚までドローする。

残された亡霊

自分フィールド上のインヴェルズと名のついたモンスターが攻撃対象に選択された時発動できる。自分の手札を全て捨てその中のモンスターの数×400ポイント自分フィールド上のモンスター1体の攻撃力に加算する。


どれもテキスト未確定で、詳細が分かってないのもありますが、DUEL TERMINAL-インヴェルズの侵略!!-で登場するインヴェルズ達です。所々不可解な文法があるので怪しいですけどね;
さて、新シリーズインヴェルズですが、どうやらデッキデスでの墓地肥しがテーマのようです。その点はライトロードと似通ってますが、インヴェルズは闇属性とライトロードとは対極をなし、何気に相手のデッキも削るという点で違いがあります。また、ライトロードは墓地肥しをデメリットとして単体でのスペックの高さがありますが、インヴェルズは墓地を肥す、そしてそれを利用する効果が大半となってます。今後、デッキを構築する時には、メインはインヴェルズですが、それを補う形でライトロードをいれることになりそうですね。

さて、カード効果の方ですが、まだ数が少ないから微妙ですが《インヴェルズ・サーチャー》は十分に化けそうな効果ですね。が、他は何ともアドバンテージに繋がりにくそうな効果です。
シンクロモンスターの《インヴェルズ・ゴールドサイス》は、前半の効果は《C・ドラゴン》のように相手にメリットを与えてしまう危険性があります。ただ、後半の自己再生効果は強力で、墓地に送られる必要はありますが、効果破壊・戦闘破壊の両方に対応しているため、アタッカー、リリース要因としても優秀ですね。
魔法罠には面白そうなカードが揃ってます。まず《インヴェルズ・ゴッドサイス》ですが、《異次元の一角戦士》のようにシンクロし難い制約がありますが、カード1枚から大量展開出来るカードは弱いわけがないですよね。《真炎の爆発》には見劣りしてしまいますが。地味に《A・ジェネクス・バードマン》とは好相性です。
次に《インヴェルズの牢獄》、恐らく墓地除外は自分のだけでしょうけど、大量のアドバンテージを生み出す可能性がありますし、墓地除外の発動条件のデッキデスも自身の効果で行えるので、このカード単体で専用デッキを組むこともできそうです。何より《次元の歪み》と相性いいのが素晴らしいです><
そして《イン・ヴェルズ》、あえてネーミングについてはスルーします。基本的にはこのカードの枚数分アドを失うわけですけど、ドローとサルベージ、状況に応じて変えられるのは良いですね。魔法罠も捨てられますし。潤滑油としては十分なカードですネ。
最後に《残された亡霊》ですが……これは…ハンドレス…?ハンドレスとしてみても、インヴェルズとしてみても微妙と言わざるを得ない効果です…。うーん。

さてさて、8月にはDT10弾が稼働するわけですけど、インヴェルズ面白そうですね。墓地肥しというテーマではラヴァルと被ってますが、《インヴェルズの牢獄》が除外効果を持っているあたり、墓地肥しだけじゃないのかもしれませんし、今後、テーマ―デッキとして確立する時が楽しみです。
関連記事

Comment

編集
初めまして!
今読み返すと爆笑できるオリカばかりですね。
2010年06月18日(Fri) 20:22
編集
ですねーw
牢獄とかに期待していた自分が恥ずかしい><
2010年06月19日(Sat) 00:02












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。