異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 「ユニオンヴァリー」TOPXYZ(ABC) ≫ 「ユニオンヴァリー」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

「ユニオンヴァリー」

モンスター(27枚)
冥府の使者ゴーズ
次元合成師(ディメンション・ケミストリー)×3枚
バトルフェーダー×2枚
シャインエンジェル×2枚
サイバー・ドラゴン
サイバー・エルタニン×3枚
サイバー・ヴァリー×2枚
クリッター
カオス・ソーサラー
オネスト×2枚
Z-メタル・キャタピラー×2枚
Y-ドラゴン・ヘッド×2枚
X-ヘッド・キャノン×2枚
A・ジェネクス・バードマン×3枚

魔法(8枚)
封印の黄金櫃×2枚
大嵐
洗脳-ブレインコントロール
精神操作
強欲で謙虚な壺×2枚
サイクロン

罠(5枚)
奈落の落とし穴×2枚
激流葬
異次元からの帰還
リビングデッドの呼び声

エクストラデッキ
A・O・J ディサイシブ・アームズ
A・ジェネクス・アクセル
A・ジェネクス・トライフォース×3枚
XYZ-ドラゴン・キャノン
XY-ドラゴン・キャノン
XZ-キャタピラー・キャノン
YZ-キャタピラー・ドラゴン
ギガンテック・ファイター
キメラテック・フォートレス・ドラゴン
ブラック・ローズ・ドラゴン
レアル・ジェネクス・クロキシアン
氷結界の龍 トリシューラ
氷結界の龍 ブリューナク


最近、回る時とそうでない時の差が激しく、なら原点回帰ということで、わりと普通な構築に戻しました。と、《強欲で謙虚な壺》搭載に伴い、キーカードは3積みのままで、サポート役の《シャインエンジェル》や《サイバー・ヴァリー》の枚数を削りました。どちらも手札にダブると最悪ですからね;

構築はそれほど変わってないのですが、最近は何故か除外ゾーンの溜まり具合が悪く、《次元合成師》の効果を積極的に使っていった方が良いというふうに判断しました。それがまだ正しいかは分かりませんが;
《次元合成師》の効果を使う上で、一番除外したくないのが何と言っても《異次元からの帰還》です。このデッキ最大のキーカードであり、発動できるかできないかで大きく勝率に関わってくるぐらいです。
帰還が除外されては《A・ジェネクス・トライフォース》でビートしていくしかない。そうはなりたくないですし、《異次元からの帰還》が撃てなければ《XYZ-ドラゴン・キャノン》も出せないので、基本的に《次元合成師》の効果を発動するのは、《異次元からの帰還》をドローした後、または《封印の黄金櫃》で除外している時になります。
なので、いち早く《次元合成師》の効果を使える状況にするために、《封印の黄金櫃》《異次元からの帰還》を引き易いように40枚に絞りました。《強欲で謙虚な壺》もデッキを掘るカードとしても優秀です。コンボパーツが多いデッキでは、特殊召喚できない制約があったとしても使っていった方が良いようですしね。ただ、中盤以降で引いても、有利でないと発動できない時の方が多いので今のところは2枚安定かな、という感じです。これから実戦で調整していきたいですね。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。