異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPジェネクス ≫ 「ジェネクス」

「ジェネクス」

モンスター(22枚)
魔轟神獣キャシー×2枚
黄泉ガエル
リサイクル・ジェネクス
ネクロ・ガードナー
ドラゴン・アイス
トラゴエディア
ジェネクス・サーチャー×2枚
ジェネクス・コントローラー×3枚
ジェネクス・ウンディーネ×3枚
サイバー・ドラゴン×2枚
クリッター
A・ジェネクス・リモート×2枚
A・ジェネクス・チェンジャー×2枚

魔法(13枚)
貪欲な壺×2枚
大嵐
洗脳-ブレインコントロール
精神操作
思い出のブランコ×3枚
簡易融合(インスタントフュージョン)×2枚
サイクロン
エネミーコントローラー×2枚

罠(5枚)
奈落の落とし穴×2枚
聖なるバリア-ミラーフォース-
激流葬
リビングデッドの呼び声

エクストラデッキ
A・O・J ディサイシブ・アームズ
A・ジェネクス・アクセル×2枚
A・ジェネクス・トライアーム×2枚
A・ジェネクス・トライフォース
キメラテック・フォートレス・ドラゴン
ゴヨウ・ガーディアン
ブラック・ローズ・ドラゴン
フレイム・ゴースト
レアル・ジェネクス・クロキシアン×2枚
炎の剣士
氷結界の龍 トリシューラ
氷結界の龍 ブリューナク


>《悪魔への貢物》
基本は相手のシンクロモンスターを墓地へ送り《ジェネクス・コントローラー》を特殊召喚。→非チューナーを通常召喚し、シンクロ召喚へと繋げる。《ジェネクス・ウンディーネ》から繋げられれば手札消費も抑えられる。
揃えば強力だが、これだけ手札に来たり、手札に来た《ジェネクス・コントローラー》を手札コストで捨て辛くなったりとデメリットがある。《ジェネクス・コントローラー》に頼るカードが増え、このデッキの長所でもある事故率の少なさが怪しくなった。→採用の見送り。

>《強欲で謙虚な壺》
基本同目的カードの塊なので、このカードがなくとも展開は可能。とはいいつつも、《ジェネクス・ウンディーネ》を手札に引き込めたり、状況に応じたカードを持ってこれたりできるのは強力。《悪魔への貢物》採用故不採用だったが、採用してみるか。
しかし、基本は通常召喚+魔法カードでの特殊召喚からシンクロ召喚を毎ターン繰り返していくため、特殊召喚できない制限は痛い。

>エクストラ
《A・ジェネクス・アクセル》で《リサイクル・ジェネクス》を捨てて蘇生→《レアル・ジェネクス・クロキシアン》という流れをする機会が多く、共に2枚積みしたため、かなりキツキツ。(その前からもキツキツだったけども)
《サーマル・ジェネクス》《ギガンテック・ファイター》は犠牲になったのだ。(デッキ的に前者は抜きたくなかったが…)

>総括
安定性が売りだったのだが、最近ちょい事故り気味なのでもうちょい枚数を煮詰めていく必要がありそうだ。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL