異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPスポンサー広告 ≫ デルタのすすめTOP考察 ≫ デルタのすすめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

デルタのすすめ

《ヴァイロン・デルタ》
星7/光属性/天使族・シンクロ/攻1700/守2800
チューナー+チューナー以外の光属性モンスター1体以上
このカードが表側守備表示で存在する場合、自分のエンドフェイズ時に自分のデッキから装備魔法カード1枚を選択して手札に加える事ができる。
※8月3日発売アクセラレーションガイド5付録

「利点」
・装備魔法がデッキに1枚しかなくても確実にサーチできる
・《ゴヨウ・ガーディアン》には倒されない守備力

「欠点」
・守備表示でしか効果が発動できない
・効果が発動するのはエンドフェイズ
・非チューナーを光属性と縛ってある

以上のように、どうしても欠点の方が目立ってしまう。
さらに、このカードが使えないと言われてる理由として、このカード以外にも優秀な装備魔法をサーチする手段が揃っている、というのがある。
今日は、主役である《ヴァイロン・デルタ》とそのカードらを比較してみようと思う。


VS.《パワー・ツール・ドラゴン》
モンスターで装備魔法サーチと言ったらこのカードだろう。
《ヴァイロン・デルタ》とは違いメインフェイズに発動でき、《奈落の落とし穴》を使われようと優先権行使でアドバンテージの損失を防ぐことができる。馬鹿に出来ない破壊耐性もある。
しかし、このカードの欠点として、デッキに装備魔法が3枚ないと発動できない点、数種類の装備魔法を候補に挙げると好きな装備魔法がサーチできるかわからない点が挙げられる。
また、強力な破壊耐性も、《D・D・R》や《薔薇の刻印》など、このカードに装備できない装備魔法だと意味がなくなってしまう。

このように、デッキに装備魔法が多く、《団結の力》や《ブレイク・ドロー》など、単体で強化する装備魔法を入れてる場合は《パワー・ツール・ドラゴン》の方が有用だが、確実に特定の装備魔法をサーチしたいなら《ヴァイロン・デルタ》の方が有用と言える。また、デッキにたくさん装備魔法を入れたくない、という場合でも《ヴァイロン・デルタ》が勝るが、シンクロ素材に制限がない、どのデッキでも出せるという利点が《パワー・ツール・ドラゴン》にはある。


VS.《アームズ・ホール》
たくさん装備魔法を入れたくなくて、確実に特定の装備魔法をサーチしたいなら、これがあるじゃない。過去《早すぎた埋葬》とバツグンの相性を誇った、通常召喚権を放棄する代わりに特定の装備魔法をサーチすることができる魔法カード。
通常召喚権云々は、《ヴァイロン・デルタ》を出すためにも消費するだろうということでそこには触れず(一応《ヴァイロン・デルタ》の場合は場にモンスターを残せるという利点もあるが)、特定の装備魔法サーチ対決ということで比較してみる。

このカードの利点は何と言っても、手札を消費せず装備魔法をサーチできる点、他とは違い使い終わって墓地に行った装備魔法をサルベージできるという点が挙げられるだろう。(地味に墓地肥し効果もあるが、コンボパーツが落ちるかもということでそこはスルー)
これは流石に《ヴァイロン・デルタ》の上位だろう…。と思ってるあなた!キラーン☆
《ヴァイロン・デルタ》との違い、それはメインデッキに入るのか、エクストラデッキに入るのか。そこで差別化を図ることができる。メインデッキに入れる=必ず使う覚悟で入れなくてはならない、ということ。メインデッキに入れる以上引く可能性があるということで、入れてる装備魔法をそこそこの役割を持たせなくてはいけない。また、このカードの分、大事なデッキのスペースを使ってしまうことになる。(少し大げさかな?w)
逆に《ヴァイロン・デルタ》が入るのはエクストラデッキのため、効果上即効性はないものの、必要なら出す、もう装備魔法来てて要らないなら出さなければいいという、シンクロモンスター特有の使うか使わないか選べる”選択肢”として入れておけるのだ。

つまり、確実に特定の装備魔法がすぐ欲しく、何度も使い回したいなら《アームズ・ホール》だが、そこまで欲しい装備魔法があるわけでもなく、メインデッキを圧迫したくないのなら《ヴァイロン・デルタ》に軍配が上がる。

■まとめ
「《ヴァイロン・デルタ》はこのようなデッキ(のエクストラ)に入る」
・デッキには装備魔法が1~3枚
・または色々入れて状況に応じて確実に特定のを持ってきたい
・そこまで装備魔法が欲しくなる構築ではない
・レベル7の組み合わせ(チューナー+光属性の非チューナー)を自然に行える

という感じでしょうか。因みに、ユニオンヴァリーがこれに該当します。
文章力がないので変な感じになってるところがあると思いますが、少しでも《ヴァイロン・デルタ》の有用性について伝われば幸いです><
※《名工 虎鉄》や《ヴァイロン・キューブ》《ヴァイロン・オーム》は役割が違ったり、比較しにくかったりするので割愛しました。
関連記事

Comment

こんにちは。
編集
独自性あるデッキと理論、いつも楽しく拝見しています。

突然ですが相互リンクをお願いできないでしょうか?
できれば、で全然かまわないのでよろしくお願いします><
2010年08月01日(Sun) 00:33
ありがとうございます。
編集
自分もじゅらっくらっく拝見させて頂いてます~。
リンクに追加しましたので、ご確認お願いします!
2010年08月01日(Sun) 15:05
編集
ありがとうございます!
こちらもリンクいれときますね。
これからも頑張ってください><
2010年08月01日(Sun) 20:14












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。