異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPスポンサー広告 ≫ 「猛突リバース」TOPデッキレシピ ≫ 「猛突リバース」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

「猛突リバース」

モンスター(17枚)
素早いビッグハムスター×3枚
ライトロード・ハンター ライコウ×2枚
ライオウ×3枚
デブリ・ドラゴン
ダンディライオン×2枚
スポーア
グローアップ・バルブ
クリッター
A・ジェネクス・バードマン×3枚

魔法(14枚)
貪欲な壺×2枚
死者蘇生
月の書×2枚
強欲で謙虚な壺×2枚
ワン・フォー・ワン
マジック・プランター×2枚
ブラック・ホール
サイクロン×2枚
おろかな埋葬

罠(9枚)
召喚制限-猛突するモンスター×3枚
宮廷のしきたり×3枚
リビングデッドの呼び声
サイバー・シャドー・ガードナー×2枚

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
A・O・J ディサイシブ・アームズ
A・ジェネクス・アクセル
A・ジェネクス・トライフォース×2枚
エンシェント・ホーリー・ワイバーン
ゴヨウ・ガーディアン
スクラップ・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
フォーミュラ・シンクロン×2枚
ブラック・ローズ・ドラゴン
猿魔王ゼーマン
氷結界の龍 トリシューラ
氷結界の龍 ブリューナク


《召喚制限-猛突するモンスター》で裏守備で特殊召喚されたモンスターをリバースさせ、即座にリバース効果の発動、及びアタッカーへの起用を狙うデッキです。
裏守備で特殊召喚する方法として《素早いビッグハムスター》《A・ジェネクス・トライフォース》があります。

◆《素早いビッグハムスター》
このカードへの攻撃に対し《召喚制限-猛突するモンスター》を発動することで、このカードでリクルートした《ライトロード・ハンター ライコウ》はセット直後にリバースされ、ダメージステップにカードを破壊することが可能です。勿論、自分のターンでリバースした場合も《召喚制限-猛突するモンスター》があれば即座に《ライトロード・ハンター ライコウ》での除去が可能となり、そこからシンクロ召喚に繋げればおいしい限りです。

◆《A・ジェネクス・トライフォース》
《召喚制限-猛突するモンスター》発動下であれば、《ライトロード・ハンター ライコウ》を蘇生させれば除去、《ライオウ》を蘇生させればサーチ兼シンクロの抑制とすることができます。特に低い守備力故に普段ならセットしても意味の薄い《ライオウ》が選択肢となることや、《ライオウ》を立てることでこのカードを《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》に変えてしまう《サイバー・ドラゴン》を止められるなど、このカードの維持率を上げられるのも中々です。
基本的には《A・ジェネクス・バードマン》と《ライオウ》で出しますが、綿毛トークン2体と《デブリ・ドラゴン》で釣った《ライトロード・ハンター ライコウ》で出すことも。

どちらも《召喚制限-猛突するモンスター》を絡めることで更に強力な効果へと変えることができますが、この組み合わせの良いところは《召喚制限-猛突するモンスター》がなくても通常通り機能するというとこ。両方揃わずとも片方は単体でもちゃんと機能するため事故率が少ないのがポイントです。

◆《A・ジェネクス・バードマン》
《素早いビッグハムスター》がリバースし《ライトロード・ハンター ライコウ》がリクルされ、両方とも場に残った場合、片方を再利用しつつシンクロ召喚へと繋げられます。《素早いビッグハムスター》とシンクロする場合、アンティークギア《A・ジェネクス・トライフォース》やそれを元々持っている《猿魔王ゼーマン》が出せます。

◆《サイバー・シャドー・ガードナー》
《召喚制限-猛突するモンスター》を守る(必要があるか微妙ですが)《宮廷のしきたり》繋がりで採用。しかし採用した一番の理由は相手ターンに《フォーミュラ・シンクロン》とシンクロしたかったから、ですね。そのために《ダンディライオン》や《グローアップ・バルブ》といった《フォーミュラ・シンクロン》を出すためのカードを入れてますが、《ダンディライオン》のトークン生成効果が《召喚制限-猛突するモンスター》と相性が悪いのだけが残念です。他に《フォーミュラ・シンクロン》が出し易い組み合わせがあればそれにしたいものですが…。

◆総括
今回は割と無難な構築のを載せてみました。全体的にスペースを取ってるので、他のギミックを加えると40枚を越えてしまいますが、例えば相性の良いリバースモンスターとして《光霊使いライナ》を採用し、それの補助で《DNA移植手術》、そしてそれをサーチしつつ《素早いビッグハムスター》でセットできる《不幸を告げる黒猫》も採用し…ともっとコンボ色を強めることもできるため、まだ色々と戦略の幅を広げることができそうです。
あとは《大嵐》禁止で永続罠の維持率が上がる新環境を先取りしてる感じも面白い(笑)
え?《宮廷のしきたり》?《マジック・プランター》のコストです^^
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。