異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPXYZ(ABC) ≫ ユニオンヴァリーにおけるカオス・ソーサラーとジャンク・コレクター

ユニオンヴァリーにおけるカオス・ソーサラーとジャンク・コレクター

我が家に新しいエアコンが来ました。約14年ほどお疲れ様でした。そしてようこそ。
エアコンが壊れた月曜にヨドバシまで買いに行ったわけですが、なんとむこうのデータ登録ミスでエアコンを取りつけられるのが最速で金曜の今日に。
でもって先ほど取りつけが終了し早速起動。…ああ涼しい(´∀`)
もう30度の生活とはオサラバダヨ!ああそれにしても涼しい…。

閑話休題。遊戯王の話。
昨日からユニオンヴァリーに《ジャンク・コレクター》を入れようとDOで試しておりました。
新制限で《カオス・ソーサラー》が2枚積めることや、色々変化が大きいです。

まず《カオス・ソーサラー》が制限→準制限になり2枚積めるようになりました。
今まではこのカードを引いた時には闇属性が少なくとも1枚は落ちてる状態で、引いても大抵腐ることがなく、出すに苦労はしませんでした。
しかし、2枚積める今、闇属性が落ちる前─早々に手札に来ます。そして腐ります。ただ、だからといって《異次元からの帰還》要員を増やしつつ相手モンスターを除去しつつ《A・ジェネクス・バードマン》のコストになるこのカードを1枚しか入れないということはやりたくない。強力なカードですからね。
ならばコストとなる闇属性を墓地に行き易くすればいい。=《A・ジェネクス・トライフォース》を早々に出せるような構築にすればいい。元々《A・ジェネクス・トライフォース》等基本的に除去される前提で組んでいて、破壊された《A・ジェネクス・トライフォース》をコストに出して返すカウンター構築なので、《カオス・ソーサラー》が増えるなら、そのコストとなる《A・ジェネクス・トライフォース》を今まで以上に出し易くする必要があるなと。
《A・ジェネクス・トライフォース》を出すなら、《A・ジェネクス・バードマン》が来なくては意味がない。ということで、今は単純に汎用カード等を抜き、出来る限りデッキ枚数を抑えて《A・ジェネクス・バードマン》を引き易くする程度で大丈夫なのか、サーチャーの《ジェネクス・ニュートロン》を入れるべきなのか、で試行錯誤中です。
《トラゴエディア》も採用したいところですが、デッキ枚数1枚分が勿体ない気がして。相性はいいんですけどね。

さて、本題の《ジャンク・コレクター》ですが、中々良い動きをしてくれます。というかもうぶっぱですね。1ターンに2度《異次元からの帰還》が使えるのがこんなに強いとはと。《サイバー・ヴァリー》を複数帰還させてライフを手札に変えてた頃が懐かしく思います。《サイバー・ヴァリー》《機械複製術》2ドロー《精神操作》2ドロー《異次元からの帰還》セットエンド^^とかよくやってたなーと。今《異次元からの帰還》が緩和されたら化けモンですな。嬉しい限りですが。
話がずれてしまいました。《ジャンク・コレクター》の使い道として2つあります。使い終わった《異次元からの帰還》をあとから再度使用するというのと、《異次元からの帰還》で一緒に帰還させ2連発を狙うのと。
前者の場合、通常の《異次元からの帰還》は上で書いたように《サイバー・ヴァリー》でドローを狙ったりシンクロに繋げたりとテンポを稼ぐのに使い、《ジャンク・コレクター》での発動をラッシュに使う感じです。《ジャンク・コレクター》を場に出す方法としては《バトルフェーダー》からのアドバンス召喚や《シャインエンジェル》からのリクルート、《D・D・R》での帰還が良さげかなと。
後者の場合は前もって除外しておく必要があり、《異次元からの帰還》の使用タイミングも今まで通りフィニッシュに使う感じです。除外方法としては《サイバー・ヴァリー》の第2第3の効果や、墓地に落としてから《カオス・ソーサラー》のコストにするなど。特に一緒に帰還する必要もないので、帰還したモンスターをリリースして出すのもアリですね。

あとは基本的に《異次元からの帰還》で《ジャンク・コレクター》も帰還してこれるので、《A・ジェネクス・バードマン》と《A・ジェネクス・アクセル》になる選択肢ができたのがいい感じです。
帰還での特殊召喚なので《A・ジェネクス・バードマン》は墓地に送られるため《A・ジェネクス・アクセル》で蘇生でき、そこから更に、帰還した他のモンスターとシンクロすることができます。
例えば、《X-ヘッド・キャノン》《Y-ドラゴン・ヘッド》《Z-メタル・キャタピラー》《A・ジェネクス・バードマン》《ジャンク・コレクター》を帰還させた場合、《A・ジェネクス・アクセル》《A・ジェネクス・トライフォース》《XYZ-ドラゴン・キャノン》を並べることが可能で、1キル…とまではいきませんが、《XYZ-ドラゴン・キャノン》で場を空け3体の直接攻撃が通れば7900ダメージと大抵は倒せるダメージを与えることができます。(一応、パーツ1体が除外ゾーンではなく墓地にある場合でも、トライフォースでのセットからの合体なので、レベル4光属性とでトライフォースを作ればいけます)

とまぁこのシンクロは《サイバー・ドラゴン》でもいけますが、全体的に相性はいいため、しばらくはこの《ジャンク・コレクター》も入れる方向で調整していきたいと思います。
因みに《サイバー・エルタニン》で除外されず《A・ジェネクス・トライフォース》でセット可能(守備力2200)…これは活かせそうで活かせないんだろうな、きっと。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL