異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP裁定 ≫ 種明かし

種明かし

Q.猛突の効果で帽子の中身をネタバレすることは可能ですか?
A.調整中。

Q.
「マジカルシルクハット」のデッキから罠カードをセットする行為は特殊召喚扱いですか?特殊召喚扱いの場合、「召喚制限-猛突するモンスター」が発動している時に「マジカルシルクハット」を発動するとどうなりますか?
A.
「マジカルシルクハット」の効果は、このカードの効果によって選択した魔魔法または罠カードを、モンスターカード扱いとしてフィールド上にセットして特殊召喚する扱いとなります。しかしながら、「召喚制限-猛突するモンスター」が存在する時に、「マジカルシルクハット」を発動した場合につきましては、現在遊戯王OCG事務局から制作担当部署へルールの確認作業を進めております。つきましては、現在のところ御返答差し上げる事ができない内容となり、ご案内する事のできる回答をご用意差し上げるまで、お時間を頂く場合がございます。誠に恐縮ではございますが、お時間を空けて再度、お問い合わせ頂けますようお願い申し上げます。

つまりは、《召喚制限-猛突するモンスター》と一緒に《マジカルシルクハット》は採用するな、ということですね。一応両者の効果を載せておきます。

《マジカルシルクハット》通常罠
デッキからモンスター以外のカード2枚とフィールド上の自分のモンスターを1体選択し、デッキをシャッフルする。選択したカードをシャッフルし、フィールド上に裏側守備表示でセットする。デッキから選択した2枚のカードはモンスター扱い(攻・守0)となりバトルフェイズ終了時に破壊される。この効果は相手バトルフェイズにしか使えない。

※もしリバースして表側攻撃表示になる場合、攻守0のモンスターとして扱うのだろうか。トークンや罠モンスターのように属性種族レベルまでは設定されてないのでコンボし辛いですが。出来るとしたら表になりカード効果での破壊扱いなので機皇帝が出せるようになるぐらいでしょうか。

《召喚制限-猛突するモンスター》永続罠
特殊召喚に成功したモンスターは表側攻撃表示になる。そのモンスターが攻撃可能なモンスターだった場合、そのターンに攻撃しなければならない。

※このカードの効果はチェーンブロックを作ります。因みに攻撃表示で特殊召喚しようとも発動するため、シンクロモンスター等々の優先権を必ず潰しにかかります。
※このカードの表示形式を変更する効果は、カードの効果による表示形式の変更になるため、プレイヤーの意思による表示形式の変更を封じる《復活の墓穴》や《ロスト・スター・ディセント》等で特殊召喚したモンスターは攻撃表示になります。
※戦闘破壊が確定した、モンスターを特殊召喚するリバースモンスター(例えば《素早いビッグハムスター》)が《不幸を告げる黒猫》をセットした場合、《素早いビッグハムスター》が戦闘破壊される前にこのカードが特殊召喚行為に反応し発動、《不幸を告げる黒猫》をリバースして効果を処理したのちに《素早いビッグハムスター》が戦闘破壊されます。つまりリバース効果で《幻想召喚師》をセットできるようなモンスターが登場したら、そのモンスターが戦闘破壊確定したとしても、《幻想召喚師》のリリース素材にすることができます。そんなカードが出る日が来るとは限りませんが。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL