異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 捨て身の宝札TOP考察 ≫ 捨て身の宝札

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

捨て身の宝札

現在自分の注目株。公開当初はデメリットのキツさで残念カードだと思い込んでいたが、発売日が近付くにつれ雲魔物の存在を切っ掛けに良カードと気付く。因みに雲魔物はWikiに載ってたw
色々考えてみた結果、強弱は別として、割と相性いいカードが多いようだ。
今日はその相性を検証していく。

《捨て身の宝札》通常罠
自分フィールド上に表側攻撃表示で存在するモンスター2体以上の攻撃力の合計が、相手フィールド上に表側攻撃表示で存在する攻撃力が一番高いモンスター1体の攻撃力より低い場合、自分のデッキからカードを2枚ドローする。このカードを発動するターン、自分は通常召喚・反転召喚・特殊召喚をする事ができず、表示形式を変更する事もできない。

自分フィールド上に低攻撃力モンスターを2体並べる。
アタッカーに満たない0~1500ぐらいの攻撃力が望ましい。
中盤以降ならアタッカークラスでも、もう1体の攻撃力が低ければ狙える。
極力低ステータスなモンスターを2体並べる必要があり、瞬時に展開できるカードが望ましい。

発動ターンはセット以外の召喚行為が行えず、表示形式の変更ができない。
召喚行為ができないため、基本的に発動するのは相手ターンになる。
しかし、低ステータスをさらけだして相手にターンを渡すのは危険極まりないので、何か攻撃を防ぐ手段が欲しい。
相手ターンで動けるカードでも《地霊術-鉄》等が使えないのも難点。

以上の2つ点を満たす必要があり、非常に使い辛い。
しかし最初にも書いたとおり、相性の良いカードもあるので、是非使ってみたい。

《雲魔物-タービュランス》《雲魔物-スモークボール》
モンスターを2体展開できる手っ取り早さのある低ステータスなモンスターたち。この2体以外にも、雲魔物の大半が持つ戦闘破壊耐性により並び易く、容易に発動条件を満たすことができるのが魅力的。相手ターンに特殊召喚することも滅多になく、ドロー加速による《朱光の宣告者》の手札コストを稼ぐ他、各種サポートを手札に引き込める抜群の相性を誇る。

《サイバー・ヴァリー》《機械複製術》
即座に低ステータスモンスターを並べる手段として《機械複製術》を用いる。《サイバー・ヴァリー》は低ステータスとも自身に攻撃を防ぐ効果があるため、両者相まってそこそこのドロー加速が望める。

《ゼロ・ガードナー》
低ステータスを晒しつつ内蔵の《和睦の使者》で相手ターンを乗り切れる。もう1体何らかのモンスターが場に出せるなら相性がいい。

《強制終了》
相手ターンを乗り切るならこれ!なカード。《捨て身の宝札》をコストにしつつ防げれば儲けもの。基本的にこのカードを採用してるデッキは、低ステータスをさらけだすか、モンスターの展開がし易いデッキなので、《捨て身の宝札》と採用デッキ自体が相性良かったりする。事故回避の《ゴブリンのやりくり上手》が入れられるのも○。

《異次元の偵察者》
効果の性質上、相手ターンに低ステータスをさらけだすため相性がよく、《強制終了》が無理なく積めるのもいい。が、このカードを除外する手段である《速攻の黒い忍者》や《The アトモスフィア》が打点を上げてしまうため、使いどころが難しい。

《レベル・スティーラー》
低ステータスで場に展開し易いモンスター。レベルを下げるモンスターによっては…。

《ファントム・オブ・カオス》
自分のターンには墓地の強力なモンスターをコピーすることができるが、相手ターンでは低ステータスをさらけだしてしまう。相方に《強制終了》や《ゼロ・ガードナー》のようなカードが必要だが、相性は悪くない。コピーするモンスターによっては2体展開することも可能。

《ミュータント・ハイブレイン》
自分のターンには動けるが、相手ターンでは低ステータスをさらけだしてしまうその2。専用デッキの姿がはっきりとはしてないが、《強制終了》が無理なく積めるのが魅力。

ふぅ…。疲れたのでとりあえずはここまで。
相性の良いカードがあれば追記していきたいね。
関連記事

Comment

編集
バタフライとかフライトフライとかのナチュル勢で固めたら…ってフラフラで相手の攻撃力下がるからダメなんですね。難しい…><
2010年10月02日(Sat) 22:16
編集
相手のステータス上げたり、自分のステータス上げたりと噛み合わせづらいですね;
ただスティンバグやバタフライなど攻撃無効系内蔵してるのもいるので、相性自体は悪くなさそうです。
2010年10月06日(Wed) 11:40












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。