異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP考察 ≫ STOR考察 モンスター編

STOR考察 モンスター編

《クラスター・ペンギュラム》
相手依存の《幻銃士》といったところか。しかしこちらはある意味ステータス面で恵まれており、遊星のカードということもあって《フォーミュラ・シンクロン》になれるレベルである。また、地属性なため各種ナチュルシンクロや《地霊術-鉄》との相性は中々。種族も機械族と、《パワー・ボンド》からの《キメラテック・オーバー・ドラゴン》も狙える、色んなデッキに出張できる可能性を秘めたカードと言える。

《ドッペル・ウォリアー》
墓地から特殊召喚というと主に《ジャンク・シンクロン》《デブリ・ドラゴン》《ダーク・バグ》《金華猫》あたり。蘇生が容易になった昨今では特殊召喚することは難しくなく、様々なカードと組み合わせることができる。トークン生成効果を有効活用することができるのは《ロード・ウォリアー》が最適か。基本的に《ロード・ウォリアー》を出す場合は《レベル・スティーラー》を使うため、特殊召喚は簡単である。が、レベル的に難しく、他にレベル1モンスターを用意しなければならない。しかしそれでもシンクロ素材に巻き込めれば《ロード・ウォリアー》からチューナーを呼んでレベル4~7ぐらいのシンクロモンスターを出すことは出来る。

《スターダスト・ファントム》
ほぼアニメ効果でのOCG化。3種類のスターダストの派生を出す《スターダスト・ドラゴン》中心のデッキでは活用できるだろう。蘇生カードが出たことで守るカードがなくても《スターダスト・ドラゴン》を出す意味ができたことは嬉しいはず。相手によって破壊されないといけないため、少し扱い辛い面はある。自分で破壊しても蘇生できるなら、《リミット・リバース》と《機皇帝ワイゼル∞》で《スターダスト・ドラゴン》とレベル1が通常召喚権残して用意できたが…まぁそこまで足は引っ張らないと思われる。

《異次元の精霊》
待望のOCG化。効果もアニメそのままであり、いろんなコンボを狙うことができるレベル1チューナー。初の特殊召喚可能なレベル1チューナーであり、組み方によっては通常召喚権を残して《フォーミュラ・シンクロン》を出すことができるのが素晴らしい。また、除外のコストも相手のスタンバイフェイズまでフィールドからどかしておけると考えると、チューナーとして以外にも様々なコンボが考えられる。《E・HERO アブソルートZero》のような基本的なところから、スピリットをフィールドに留めたり(一度召喚ターンのエンドフェイズを過ぎれば永久的に留まる)、《幻想召喚師》等の警約効果を断ち切るのには最適である。


…ここでまさかのトラブル発生。
第一次、バックスペースによって起きたブラウザバックによって数枚の考察が消える。
第二次、気を取り直して挑むも、今度はタブをクリックしたら消えて、同時に極星関連の考察も消失。やる気が失せる。

というわけで、とりあえず4枚しかありませんがここまでで(苦笑)
気を取り直して数時間後、もしくは後日、続きを書こうと思います><;

追記から続きを。
※13日18時更新。今回は既存テーマが多くて、組んでないと考察し辛い。
※第三次考察消失事件が起きたので、もうモンスター編は考察しないかもです。
残すはシンクロモンスターだし、微妙な極神だし今更なシエンだし別にいいよね…。
待ってる方がいたら申し訳ない><;

《極星獣タングリスニ》
《素早いビッグハムスター》からリクルートできることも相まって、フィールドにモンスターを供給できる。トークン共々地属性であり、各種ナチュルシンクロや《地霊術-鉄》と相性がよく、トークンは《百獣王ベヒーモス》のリリース要因とすることもできる。

《極星獣グルファクシ》
《極星獣タングニョースト》からリクルートできるレベル4光チューナーであり、《極星獣タングニョースト》1枚から《エンシェント・ホーリー・ワイバーン》を出すことが可能。限定的な《サイバー・ドラゴン》効果もあり、総じて扱いやすいレベル4チューナーである。

《極星獣ガルム》
《ライオウ》を止められるが、効果自体は《伝説の柔術家》の劣化であるため、極星と名のつく点、闇属性獣族というところを活かしたい。

《極星獣タングニョースト》
モンスターが戦闘破壊されたら特殊召喚することができ、《素早いビックハムスター》にも対応していることから、自身の効果を能動的に発動できる《ドリーム・ピエロ》らを遥かに上回る性能を持つ。うまく導いてやれば少ない手札で《極神皇トール》に繋げることができる極星獣の潤滑油。

《極星霊リョースアールヴ》
《サイバー・ドラゴン》等を使えば効果は発動できるが、こういった効果は手札消費が激しい。多少極星のサポートによるサーチサルベージで手札消費を補えるが、厳しいように思える。

《極星霊デックアールヴ》
闇属性魔法使いであり、リクルーターに対応した上級チューナーである。上級であるが《キラー・トマト》《マジシャンズ・サークル》でリクルートすることができるため、場に出すことは容易い。各種元ダークシンクロモンスターにもなり易く、アドバンス召喚した場合にもアドバンテージを失いにくく優秀なモンスターである。

《極星霊ドヴェルグ》
通常召喚権を増やすという手札消費の激しい効果だが、墓地に送られると墓地の極星宝をサルベージする効果を持つため手札は減らない。また、《極星霊デックアールヴ》と相性がよく、リリースを用意しつつ、リリースしたこのカードをサルベージすることができ、アドバンテージに繋げることができる。

《極星天ヴァルキュリア》
場0から《極神聖帝オーディン》に繋げることができる。が、そのための効果を発動するには場0で召喚しなければならず、常に気を使わなければならない。また、トークン生成効果も手札の極星と名のついたモンスターを2体も除外しなければならず、手札消費、極神皇の蘇生効果も他と比べて発動し辛くなってしまう。結論として《極神聖帝オーディン》は出し易いが、その分の消費量も多い、ハイリスクハイリターンな神となってしまっている。

《極星天ミーミル》
極星の調整された《黄泉ガエル》といった感じ。魔法罠があっても発動できる代わりに、極星がいないと発動できなかったり、手札コストがあったりとデメリットが目立つ。また、神蘇生のコストに使ってしまうと、次の神に繋げづらくなってしまう。

《極星將テュール》
極神皇降臨の時間稼ぎにはできる効果だが、攻守が2000ある分自壊効果があるのが辛すぎる。

《真六武衆-キザン》
基本的にこのような手札消費が激しい効果は弱いのだが、こいつは六武衆である。《真六武衆-カゲキ》も同様。六武衆には《六武の門》がある。《黒い旋風》のある《BF-黒槍のブラスト》も弱いけど強かったが、これは弱い要素がまるでない。《黒い旋風》が特殊召喚に対応してようなものか。とりあえずフィールド上に1体しか存在できないというテキストを忘れている。

《カラクリ守衛 参壱参》
このカードの効果を発動するには守備表示で相手ターンを迎えるか、自爆特攻しなければならない。が、カラクリのレベル4チューナーというだけ存在意義は十分だろう。

《カラクリ忍者 九壱九》
カラクリにも戦闘破壊トリガーの特殊召喚モンスターが。攻撃力1700と少し低めだが、その辺の下級を潰すには十分であり、蘇生からシンクロに繋げられるカラクリのアタッカー。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL