異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ STOR考察 魔法罠編TOP考察 ≫ STOR考察 魔法罠編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

STOR考察 魔法罠編

はい、モンスター編の残り書いてたらインターネットが強制終了されてデータ消えました。マジで心折れてます。ああ…音響戦士に極神に…やったことが無駄になるってのが一番嫌いです。そして同じことを丸々繰り返すのもまた嫌いです。ということで、気分転換に魔法罠の方を書きます。

因みにFC2には、何分おきにか書き途中の記事を自動下書きしてくれる機能があるんですね。今までの様な30分そこらで書き終わる記事には必要性を感じないんですが、モンスター編の最初の4枚が生き残ったのはこの機能のお陰といえます。(あれが消えてたら考察なんてなかったんだ…となるところでした)
しかしながら、何故か数時間たつと下書きされてなかったり、一度投稿した記事を編集する形で書いていると、自動下書き機能が働きません。マジ役立たずです。どうせ自動下書き機能が付いてるなら、こまめに下書きしてくれよと。まぁこうなった以上、手動でこまめに下書きしないといけませんね。というわけで、ここで一度下書きです。(面倒くせえ)
さて、愚痴をこぼしててもしょうがないので、考察行きます。

《極星宝ドラウプニル》
アドバンテージを失いにくくデザインされているが、サーチができるのは表側表示で存在するこのカードがカード効果によって破壊された時である。《スーペルヴィス》や《ヴァイロン・マテリアル》とは違うのだ。どうしてこうなった。

《神々の黄昏》
Q:自分のこのカードの効果によって自分の極神が破壊された場合、極神の蘇生効果を発動できますか?
A:発動できません。(10/11/13)
Q:《王宮の鉄壁》が存在する場合、このカードを発動できますか?また、このカード発動後に《王宮の鉄壁》を発動した場合、コントロールを移したモンスターは破壊されますか?そして、相手フィールド上のカードはどうなりますか?
A:調整中。(10/11/13)
Q:コントロールを移したモンスターが相手のエンドフェイズ時に自分フィールド上に存在した場合、破壊されますか?破壊される場合、除外効果は適用されますか?
A:調整中。(10/11/13)
Q:コントロールを移したモンスターが相手のエンドフェイズ時に何らかの効果によって破壊されなかった場合、除外効果は適用されますか?また、その後の極神はどうなりますか?
A:調整中。(10/11/13)
Q:コントロールを移したモンスターが裏側守備表示になった場合、裏側守備表示のまま破壊され除外効果は適用されますか?
A:調整中。(10/11/13)
Q:コントロールを移したモンスターが2度のコントロール交換後に相手フィールド上に存在する場合、破壊されますか?
A:調整中。(10/11/13)
Q:極神のカード名をコピーした《ファントム・オブ・カオス》を選択できますか?できる場合、エンドフェイズ時に《ファントム・オブ・カオス》の効果が消滅しますが、破壊と除外の処理は行いますか?
A:調整中。(10/11/13)

《最後の進軍》
折角高い攻撃力あるんだから《禁じられた聖槍》でおk。

《紫炎の狼煙》
《六武の門》があるのに何故《増援》を作った。《トゥルース・リインフォース》は犠牲となったのだ。

《六武式三段衝》
強いけどオーバーキルだよねこれ。

《借カラクリ蔵》
発動条件があるものの緩く、カラクリ専用の《増援》である。また、サーチだけに留まらず、カラクリの表示形式も変更できるので、《カラクリ将軍 無零怒》との相性も中々である。

《カラクリ粉》
カラクリの戦闘補助であり、場に並べ易いカラクリでは発動はし易く、それなりの攻撃力アップも見込める。物足りない《カラクリ忍者 九壱九》の攻撃力を補う手段として有効ではあるが…?

《エレキー》
《エレキンメダイ》のようなエレキに使えればいいが、1枚のカードを使ってまですることか。

《星屑のきらめき》
このカードの評価は賛否両論。除外ギミックと組み合わせることで、蘇生カードとしてだけでなく潤滑油とすることができるが、やはり効果上序盤は腐り易い。そこをどう補うか、いかにドラゴン族シンクロを使うかで大きく変わってくるだろう。自分もこのカードに期待はしているが、今のところ活用方法は見いだせないでいる。好みのカードなので使ってみたいが…。

※とりあえずここで一区切りです。近いうちに更新します。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。