異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPスポンサー広告 ≫ 「ヴァイロン」TOPヴァイロン ≫ 「ヴァイロン」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

「ヴァイロン」

モンスター(19枚)
異次元の女戦士
シャインエンジェル×2枚
ジェネクス・ニュートロン×2枚
サイバー・ドラゴン×3枚
オネスト×2枚
エフェクト・ヴェーラー×2枚
ヴァイロン・テトラ×2枚
ヴァイロン・ソルジャー×2枚
ヴァイロン・キューブ×2枚
ヴァイロン・オーム

魔法(14枚)
魔導師の力×2枚
死者蘇生
ブラック・ホール
ハリケーン
サイクロン×2枚
ヴァイロン・マテリアル×3枚
ヴァイロン・コンポーネント
ヴァイロン・エレメント×2枚
アームド・チェンジャー

罠(8枚)
奈落の落とし穴
神の宣告
神の警告×2枚
リミット・リバース
リビングデッドの呼び声
トラップ・スタン×2枚

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
A・O・J ディサイシブ・アームズ
ヴァイロン・アルファ
ヴァイロン・エプシロン
ヴァイロン・オメガ
ヴァイロン・シグマ×2枚
エンシェント・ホーリー・ワイバーン
キメラテック・フォートレス・ドラゴン
スクラップ・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
ブラック・ローズ・ドラゴン
マジカル・アンドロイド
氷結界の龍 トリシューラ
氷結界の龍 ブリューナク


デッキ調整の方が忙しくて中々更新できない今日この頃ですが、あまりにも更新しなさすぎなので、とりあえず昨日調整した「ヴァイロン」を。調整したと言っても、そう簡単に形にできるものではなく…特に《ジェネクス・ニュートロン》と《シャインエンジェル》の両立とか怪しすぎですね(笑)
一昨日の夕方あたりからフラゲ情報が出て、新規カードで今までと段違いの強さを得たヴァイロンです。ヴァイロンの降臨(笑)の収録枚数の少なさを挽回する新規カードの多さで嬉しい限りですね。では、その中から採用した新規カードについて。

《ヴァイロン・テトラ》
前にも書いたような気がしますが、改めて。今回の新規カードの中では、個人的にかなり革新的なカードだと思ってます。《大嵐》が禁止になったことで、魔法罠の全体除去の警戒が減ったことはプラスでしたが、今度はモンスターを除去されてのアド損を起こらないようにしないといけません。シンクロ体+装備魔法で1:1交換除去で1:3ぐらい持ってかれますからね…。そんな時に登場したのがこのカードで、基本的にこのカードを用いてシンクロすれば、そのモンスターに破壊耐性を付与することが可能です。もちろん《月の書》《次元幽閉》に弱いのは変わりませんが、《聖なるバリア-ミラーフォース-》《ブラック・ローズ・ドラゴン》に強くなるのは革新的です。また、優秀なレベル2光チューナーということで、《サイバー・ドラゴン》と《ヴァイロン・シグマ》《エンシェント・ホーリー・ワイバーン》といった戦闘にめっぽう強いモンスターを出せ、そのモンスターに破壊耐性が付けられるのだから強力です。

《ヴァイロン・アルファ》
まさかのヴァイロンシンクロ2体目。タイトルである《ヴァイロン・オメガ》だけだと思ってたので朗報です。しかもジェネクスの《レアル・ジェネクス・クロキシアン》的なポジションで、素材を「ヴァイロン」と名のついたチューナー+チューナー以外1体以上という縛りです。つまり《ヴァイロン・エプシロン》と《ヴァイロン・スフィア》や《ヴァイロン・シグマ》と《ヴァイロン・テトラ》で出せてしまう手軽さです。デッキにもよりますが、《カオス・ソーサラー》に《ヴァイロン・キューブ》で出せるのもポイントです。
そしてこのカードのすごさは出し易さ(でも普通かな?)だけでなく、魔法罠に対する耐性です。装備カードを装備していれば、装備カード以外の魔法罠を受け付けないというものであり、《ヴァイロン・ステラ》と組み合わせれば中々の耐性で、デッキによっては積んでしまう可能性もあります。2200という低い攻撃力も、自身の墓地の装備魔法を装備する効果によって克服してしまいます。
※「魔法罠の効果を受けない」かと思ってたら「魔法罠によっては破壊されない」でした。相変わらず《次元幽閉》に弱いんですね…。どうにかならないものか。

《ヴァイロン・エレメント》
待ちに待ったヴァイロンのサポートカードです。普通だったらコンボパーツにし辛い永続魔法ですが、《ヴァイロン・マテリアル》、同時に登場する《ヴァイロン・コンポーネント》によってサーチすることが可能です。しかも、ヴァイロンに必要としていた展開を可能とする効果で、そこから《ヴァイロン・オメガ》《ヴァイロン・アルファ》に繋げることができます。
しかし、デッキからヴァイロンチューナーを特殊召喚するには、ヴァイロンと名のついた装備カードが破壊されなければいけません。また、《ヴァイロン・テトラ》や《ヴァイロン・マテリアル》とは違く、ヴァイロンを装備してるモンスターをシンクロ素材に巻き込んだ場合やチェーン2以降で破壊されるとタイミングを逃してしまうため、注意が必要です。いざ特殊召喚しても戦闘によって破壊されてしまうことも多いため、過信はできません。
それでもポンと置いておくだけで相手としては厄介なものですし、入れない手はないんですが…チューナーを入れすぎると手札でチューナー祭を起こしてしまうので、どの程度このカードに頼るかも難しいところです。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。