異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPXYZ(ABC) ≫ 「ユニオンヴァリー」

「ユニオンヴァリー」

モンスター(23枚)
次元合成師(ディメンション・ケミストリー)×3枚
バトルフェーダー×2枚
ジャンク・コレクター
ジェネクス・ニュートロン×2枚
サイバー・エルタニン×2枚
サイバー・ヴァリー
クリッター
カオス・ソーサラー×2枚
オネスト
Z-メタル・キャタピラー
Y-ドラゴン・ヘッド
X-ヘッド・キャノン
E・HERO プリズマー×2枚
A・ジェネクス・バードマン×3枚

魔法(13枚)
封印の黄金櫃×2枚
精神操作
死者蘇生
月の書×2枚
強欲で謙虚な壺×3枚
ブラック・ホール
ハリケーン
サイクロン×2枚

罠(4枚)
奈落の落とし穴
激流葬
異次元からの帰還
リビングデッドの呼び声

エクストラデッキ
A・ジェネクス・アクセル
A・ジェネクス・トライフォース×3枚
XYZ-ドラゴン・キャノン
XY-ドラゴン・キャノン
XZ-キャタピラー・キャノン
YZ-キャタピラー・ドラゴン
カラクリ将軍 無零
キメラテック・フォートレス・ドラゴン
クリッチー
スターダスト・ドラゴン
ブラック・ローズ・ドラゴン
レアル・ジェネクス・クロキシアン
氷結界の龍 ブリューナク


《E・HERO プリズマー》搭載型の「ユニオンヴァリー」です。
《E・HERO プリズマー》がX,Y,Zそれぞれの代わりになるため、X,Y,Zを各1枚に。
デッキ圧縮率も良くなったので、引きたいがゆえに複数積みしていたカードの枚数も減らし、デッキを40枚に抑えてみました。
関連記事

Comment

編集
XYZにトライフォースを使う、という斬新な発想に関心致しました。

ところで、X、Y、Zがそれぞれ1枚ずつなのですが、XYZの召喚はやはりトライフォースの蘇生効果のみに頼る、というデッキ構成なのでしょうか?
その他に異次元からの帰還とエルタニンのコンボで召喚、という方法も考えられますが、異次元からの帰還が制限カードということもあり、なかなか狙うのは難しいですよね・・・。

2011年01月02日(Sun) 00:01
編集
《A・ジェネクス・トライフォース》は特に耐性があるわけでもなく、2500という微妙なステータスなので、場持ちがよくなく、返しのターンで破壊されることが殆どです。なので《A・ジェネクス・トライフォース》効果でXYZを揃えるのは不可能に近いため、シンクロ素材とした《A・ジェネクス・バードマン》等その場その場で次に繋げられる必要なモンスターを回収できる《次元合成師》をセットするのが、今のところは定石だと思っています。
X,Y,Zがそれぞれ1枚なのは、《E・HERO プリズマー》が代役となれるからですね。X,Y,Zはユニオンしても微力なパンプアップしかできず、合体(融合)しても効果発動に手札コストが必要だったりとアドバンテージを生み難い、むしろ失い易いモンスターなので、複数枚積みはしたくないんですよね。各1枚ずつで済むなら手札でかさばって動きが鈍るのも解消できますしね。

そうしたらどうやってXYZを出すのかという難題があるのですが、今のところ《異次元からの帰還》に頼らざるを得ないという感じです。このデッキ─というかテーマにおいて最大の武器である《サイバー・エルタニン》の性質上《ゲットライド!》を入れるわけにもいきませんしね。《大寒波》や《ハリケーン》スタートができず、妨害され易い罠に頼るのもしっくりきませんが、そこは何とか《ジャンク・コレクター》に頑張ってもらうしかなさそうです。もっと軽やかに揃える方法が見つけられるといいのですが…。
2011年01月05日(Wed) 11:03
編集
お返事ありがとうございます。

《A・ジェネクス・トライフォース》と《次元合成師》、《A・ジェネクス・バードマン》の相性はなかなかいいですよね。破壊されても手札に《A・ジェネクス・バードマン》が戻ってくるので、再度《A・ジェネクス・トライフォース》をシンクロ召喚することができますし。

ところで、《ジェネクス・パワー・プランナー》はどうでしょうか?これなら《ジェネクス・ニュートロン》と違い即座に《A・ジェネクス・バードマン》を手札に持ってくることができます。しかし、そうすると《サイバー・エルタニン》の召喚条件の光属性・機械族が少なくなってしまって召喚しづらくなってしまいますが…。
2011年01月05日(Wed) 17:56
編集
《A・ジェネクス・トライフォース》と《次元合成師》の組み合わせで戦前を維持しつつ《異次元からの帰還》からの《XYZ-ドラゴン・キャノン》のお膳立てをする流れですからね。

《ジェネクス・パワー・プランナー》は《ジェネクス・ニュートロン》と比べと、速攻性があり《奈落の落とし穴》で妨害されない点で有効ですが、やはり低ステータス、何より”機械族ではない””レベル4ではない”故に《サイバー・エルタニン》のコストにならない《A・ジェネクス・トライフォース》の素材にできない(一応+《クリッター》とでいけますが)のが厳しいですね。
2011年01月07日(Fri) 10:11












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL