異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPスポンサー広告 ≫ ヴァイロンバンブーソードTOPヴァイロン ≫ ヴァイロンバンブーソード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ヴァイロンバンブーソード

LODTで登場した《黄金色の竹光》。《折れ竹光》があれば2ドローできるというパッと見強いカードではありますが、「《折れ竹光》が存在しないといけない」という発動条件が予想以上につらく殆ど見かけないカードでもあります。この「《折れ竹光》が存在しないといけない」という発動条件、サーチし易い《折れ竹光》なら簡単じゃないかという気がしてしまいますが、《折れ竹光》の発動にチェーン《サイクロン》されるだけで2ドローが防がれ、装備対象モンスターに《月の書》等を撃たれても失敗してしまう。ならば2枚目の《折れ竹光》を…というのも、たかが発動条件のために何も利益を生まない装備魔法は積みたくない、かといってこれのために墓地からの回収手段はサーチよりし辛くいれたくない。そんなこんなで結局抜けて行ってしまう「竹光ターボ」ですが、《ヴァイロン・キューブ》や《ヴァイロン・シグマ》等サーチ手段が豊富であり、《ヴァイロン・スフィア》や《ヴァイロン・アルファ》といった回収手段も無理なくこなせるヴァイロンでは、実戦的な採用も可能なのではないかということで使ってみることにしました。

結論から言いますと《黄金色の竹光》が引けない!
採用当初…というかこの結論に達するまでは、如何に手札に来た《黄金色の竹光》を腐らせないか、だったんですよね。勿論これは最低条件ではあると思うんですが、これを達成した先に待ち構えていたのは、サーチが不可能な《黄金色の竹光》が引けないという現実でした。何戦かすれば2ドローはできるんですが、できて2ドロー。4ドローは滅多に起きないものなのですね…。《折れ竹光》1《黄金色の竹光》3の4枚分のスペースを取りつつ2ドローしかできないのであれば、もう抜いてしまった方がいいのではという結果になってしまいそうです(むしろなってるか)。サーチしての2ドローなので、カード枚数は1枚増えてるはずなのですが、《黄金色の竹光》が手札で待機してる分も考えると、別のコンボ枠として使った方が良さそうです。《墓守の偵察者》《ヴァイロン・キューブ》から《アーカナイト・マジシャン》に繋げて2枚除去しつつ2ドロー4ドローできれば、手札が減り易いヴァイロンには持ってこいかなと思いましたが、そううまくも行きませんね;
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。