異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPデッキレシピ ≫ 「ステラツール」

「ステラツール」

モンスター(20枚)
召喚僧サモンプリースト
終末の騎士
暗黒魔族ギルファー・デーモン×2枚
トラゴエディア
シャインエンジェル×2枚
サイバー・ドラゴン
クリッター
キラー・トマト×2枚
カオス・ソーサラー×2枚
エフェクト・ヴェーラー×2枚
ヴァイロン・プリズム×2枚
ヴァイロン・ステラ×3枚

魔法(15枚)
堕落(フォーリン・ダウン)×2枚
死者蘇生
月の書×2枚
禁じられた聖槍×2枚
ブラック・ホール
ファイティング・スピリッツ
ハリケーン
デーモンの斧×2枚
サイクロン×2枚
おろかな埋葬

罠(5枚)
神の宣告
神の警告
リビングデッドの呼び声
デーモンの雄叫び×2枚

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
TG ハイパー・ライブラリアン
アーカナイト・マジシャン
ヴァイロン・アルファ
キメラテック・フォートレス・ドラゴン
ゴヨウ・ガーディアン
スクラップ・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
パワー・ツール・ドラゴン×2枚
ブラック・ローズ・ドラゴン
メンタルスフィア・デーモン
ライフ・ストリーム・ドラゴン
氷結界の龍 トリシューラ
氷結界の龍 ブリューナク


《ヴァイロン・ステラ》を主軸に《パワー・ツール・ドラゴン》とのコンボを狙ったデッキ。
まず《ヴァイロン・ステラ》(の効果)を使おうと考えた場合、戦闘破壊耐性が必要となってきます。《ヴァイロン・ステラ》を装備したモンスターが戦闘行い、相手モンスターを戦闘破壊できなくともこちらが戦闘破壊されてしまっては効果が発動しませんからね。
そこで装備させるモンスターですが《ヴァイロン・ステラ》を下級モンスターに装備させるにはワンアクションが必要で、アドバンス召喚するにしても《ヴァイロン・ステラ》をリリース要因とすることは難しい。となれば融合か儀式かシンクロかと絞られますが、自身がチューナーですし、やはりシンクロモンスターに装備させるのがベストだと思われます。ただ、戦闘破壊耐性を持ったシンクロモンスターはBFぐらいしかなく、シンクロは不可能。《パワー・ツール・ドラゴン》ぐらいしかいませんでした。
装備カード化する《ヴァイロン・ステラ》と《パワー・ツール・ドラゴン》は相性が良さそうに見えますが、実際に《ヴァイロン・ステラ》の効果を活かすためには、《パワー・ツール・ドラゴン》の破壊耐性を持たせるために別の防備カードが必要で、これが何気に足を引っ張ります。(マストカウンターを使われると装備カードかステラを犠牲にしなくてはならず、例えステラを残しても戦闘破壊からパワーツールを守るにはステラをコストにしなければならない)《パワー・ツール・ドラゴン》の効果でサーチする装備魔法も、破壊耐性のコストにできる《パワー・ツール・ドラゴン》自身に装備できるものを選びます。ただ、だからといって《魔導師の力》や《団結の力》のような攻撃力を上げる装備魔法だと、《パワー・ツール・ドラゴン》の戦闘破壊が困難になり、《ヴァイロン・ステラ》の存在意義が薄れてしまうため、これもまた困ったものです。
そこで狙っていきたいのが《暗黒魔族ギルファー・デーモン》です。《暗黒魔族ギルファー・デーモン》は、《パワー・ツール・ドラゴン》の無限のコストになるだけでなく、装備モンスターに与えるデメリットは「戦闘破壊し易い」という《ヴァイロン・ステラ》の効果を発動させやすい状況にすることができます。もちろん状況に応じて相手モンスターに装備させて攻めに転じれるのも中々です。唯一難点なのは、《パワー・ツール・ドラゴン》がいる状況で《暗黒魔族ギルファー・デーモン》を装備させることが中々できないということです。まだ構築としてあまいからではあると思いますが、ここがしっかりできれば中々に面倒な面白いフィールドが作れること間違いなしですよね。

調整点としては、上でも述べた《パワー・ツール・ドラゴン》に装備したい装備魔法です。サーチ先として《暗黒魔族ギルファー・デーモン》とも連携が取れる《デーモンの斧》《堕落》の2種、《パワー・ツール・ドラゴン》以外に装備した場合に使えるかなということで採用してみた《ファイティング・スピリッツ》の5枚しかありません。これでは《パワー・ツール・ドラゴン》の効果が1回か2回しか使えないので、せめてもう1枚増やしたいところです。候補としては《ブレイク・ドロー》か《パワー・ピカクス》か…装備魔法自体に幅が少ないのが悔やまれます。これだ!というコンボをそういった装備魔法でも狙っていければいいのですが…。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL