異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP雑記 ≫ 今だからできること

今だからできること

きっと裁定の揺れだからできること…だと思う。だからできるうちに楽しんでみる。
それは《ヴァイロン・テトラ》の効果で、装備モンスターを《ブラック・ローズ・ドラゴン》等のぶっぱから守れるということ。つまり、《ヴァイロン・テトラ》をシンクロ素材として《ブラック・ローズ・ドラゴン》をシンクロ召喚すれば、チェーン1ブラロ、チェーン2テトラと組むことで、逆順処理によって《ブラック・ローズ・ドラゴン》を自身の破壊効果から守ることができる。
最近では《神の警告》であっさり潰される危険性も多いだろうが、《ブラック・ローズ・ドラゴン》の効果が《終焉の王デミス》や《裁きの龍》効果に代わるのはかなり強いし便利でもある。

ただ、ヴァイロンデッキにおいては《サイバー・ドラゴン》+《ヴァイロン・テトラ》ぐらいでしか出す方法はなく、中盤以降に切り返す手として出すのは中々に困難。なので、レベル5で特殊召喚可能な《サイバー・ドラゴン》を《シャインエンジェル》《リミット・リバース》に対応した《太陽の神官》に、また、アタッカーとしても使用しつつも破壊されれば《太陽の神官》を蘇生でき、後出しできるレベル5として《アポカテクイル》をそれぞれ2枚ずつ投入し回してみた。
今までの構築以上にレベル5+《ヴァイロン・テトラ》の組み合わせが連打でき、《ブラック・ローズ・ドラゴン》以外にも序盤で装備をサーチできる《ヴァイロン・シグマ》や、ピンポイント除去が可能な2枚目の《ブラック・ローズ・ドラゴン》にもなる《アーカナイト・マジシャン》がポンポン出せるのは強いと感じた。まぁ《太陽の神官》のサーチ効果が働かないのは仕方ないとしても惜しいなぁとは思うけど。《ヴァイロン・シグマ》軸にしたとしても《ヴァイロン・キューブ》使うより強い気はしなくもないが、やはり《ヴァイロン・テトラ》にぶっぱ耐性があってこそなギミックだとは思う。

P.S.以前紹介したヴァイロンver.6.0だが、《ジェネクス・ニュートロン》は《ヴァイロン・ハプト》と《オネスト》に変えた方がいい感じではあるように思える。まだまだこれという構築にはたどり着けないが…。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL