異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPヴァイロン ≫ オームとヴァンガード

オームとヴァンガード

ヴァイロンデッキについてのお話。
場にモンスターを繋ぐことを意識するためにも《シャインエンジェル》を入れているんですが、そうなると《シャインエンジェル》でリクルート可能なヴァイロンと名のついた非チューナーも欲しくなってくるんです。というのも、フィニッシャーである《ヴァイロン・オメガ》が非チューナーにヴァイロンを指定しているので、自爆特攻からヴァイロン非チューナーを持ってこれる《シャインエンジェル》が実質ヴァイロンとして扱えるのは何かと便利なんですよね。

そこで《シャインエンジェル》からリクルート可能な非チューナーでレベル4のヴァイロンであるのが《ヴァイロン・オーム》と《ヴァイロン・ヴァンガード》(《ヴァイロン・チャージャー》は論外)。前者は攻撃力が上限の1500あり、タイムラグはあるものの召喚時にアドバンテージを稼ぐことができる効果を発動できます。それに比べ後者は、素ではリクルーターと相打ちラインという危険性がある代わりに、装備魔法を装備している時に効果破壊されると1ドローできる些細なアドバンテージ回復効果を持ち、ヴァイロン装備を装備していれば《地砕き》されてもアドバンテージは得られます。

総合的にどちらも一応はアドバンテージを失いにくい効果があります。が、単体で見ると召喚時に確実に発動する《ヴァイロン・オーム》の方が上に見えます。しかし効果の性質上、通常召喚でなければ発動せず、1ターン目や装備魔法の落ちていない序盤では折角の効果が活かせない場面もあるでしょうし、その点不確実ながら装備魔法があれば1ターン目から出していける《ヴァイロン・ヴァンガード》と《ヴァイロン・オーム》は、今回の採用理由からは相互互換のような立場にいる感じです。故にどちらを採用するか迷うんですが…デッキのコンセプト上装備魔法を回収する利点が少ないこともあって、今のところは《ヴァイロン・ヴァンガード》に軍配が上がります。反らないってのもいいですね!
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL