異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPXYZ(ABC) ≫ アライブ&シグナル

アライブ&シグナル

《ヒーローアライブ》通常魔法
自分フィールド上にモンスターが表側表示で存在しない場合、ライフポイントを半分払って発動する事ができる。自分のデッキからレベル4以下の「E・HERO」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する。

《ヒーロー・シグナル》通常罠
自分フィールド上のモンスターが戦闘によって破壊され墓地へ送られた時に発動する事ができる。自分の手札またはデッキから「E・HERO」という名のついたレベル4以下のモンスター1体を特殊召喚する。


《E・HERO プリズマー》が予想以上に好感触な今日この頃で、《増援》だけでは足りないかなというくらいに重要度が高まってたりします。勿論E・HEROには《E-エマージェンシーコール》という専用のサーチカードがありますが、《A・ジェネクス・バードマン》との兼ね合いを考えると特殊召喚できたほうが断然相性がいいんですよね。(※プリズマー効果→バードマンで戻す→プリズマー召喚→効果と2回発動でき、2体落としてシンクロの準備が整います)
そこで《E・HERO プリズマー》を特殊召喚する方法として優秀なのがこの2枚です。

◆《ヒーローアライブ》
自分の場に表側のモンスターがいないことが発動の条件。ライフを半分支払うのは大きいですが、通常魔法なので速攻性があるのが利点です。ただ、発動条件の「自分の場に表側表示モンスターがいない」というのが意外ときつく、ここぞという時に発動できない場面があるため使い辛いという一面もあります。が、ここはトップドローじゃない限りプレイングで補うことは可能ですかね。初動の遅さを補ってくれる強力なカードですが、ライフコスト故に序盤に発動し辛いちょっと矛盾したカードでもあります。

◆《ヒーロー・シグナル》
《ヒーローアライブ》と比べると被戦闘破壊時という受け身な発動条件がある代わりに、こちらはライフコストがありません。故に《ヒーローアライブ》では躊躇ってしまう序盤の発動がし易く、戦闘破壊され易いモンスターの後ろに置いておくだけで割と発動はし易いかなといった印象。例えば、初手《E・HERO プリズマー》の後ろに置いておくと継続の《E・HERO プリズマー》に繋げられるチャンスは結構多いのではないでしょうか。それこそ効果破壊され易い昨今ですが、それはそれで除去を使わせたと考えることもできますし、《A・ジェネクス・トライフォース》でセットされた《次元合成師》は頻繁に戦闘破壊されますしね。
─と予想以上に発動し易いという利点もありますが、特殊召喚するのが相手ターンということもあって、特殊召喚したモンスターがメイン2に破壊される危険性があるは《ヒーローアライブ》にはない欠点ではあります。

使いやすさとしては《ヒーロー・シグナル》でしたが、罠でしかも受け身の潤滑油ということで、中盤以降ではやはり遅さが目立ってしまい、その分基本はいつでも発動できる《ヒーローアライブ》の方が扱いやすいのかなとも感じます。序盤から動きたいことを考えると《ヒーロー・シグナル》2の《ヒーローアライブ》1という感じでしょうか。
また、手札に持ってきても召喚権が足りないという理由で、現在ではE・HEROは《E・HERO プリズマー》のみで《E・HERO エアーマン》は採用してませんが、デッキからの特殊召喚が容易になるとすると《E・HERO エアーマン》も採用候補に入りますね。《E・HERO エアーマン》を戻した《A・ジェネクス・バードマン》は1900のアタッカーとして機能しますし、手札が増えることで後の《XYZ-ドラゴン・キャノン》のコストにもなりますしね。あとはワンチャン《ヒーロー・シグナル》からのダメステでの伏せ除去は狙ってみたいものですw
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL