異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPジェネクス ≫ 「ジェネクス2011」

「ジェネクス2011」

モンスター(23枚)
魔轟神獣キャシー×2枚
黄泉ガエル
フィッシュボーグ-ガンナー
バトルフェーダー×2枚
ネクロ・ガードナー
ドラゴン・アイス
トラゴエディア
ジェネクス・コントローラー×3枚
ジェネクス・ウンディーネ×3枚
サルベージ・ウォリアー×2枚
サイバー・ドラゴン
クリッター
キラー・トマト×2枚
カオス・ソーサラー
エフェクト・ヴェーラー

魔法(14枚)
貪欲な壺×2枚
精神操作
死者蘇生
思い出のブランコ×3枚
月の書
簡易融合(インスタントフュージョン)×2枚
ブラック・ホール
サイクロン×2枚
エネミーコントローラー

罠(5枚)
聖なるバリア-ミラーフォース-
激流葬
リビングデッドの呼び声
サンダー・ブレイク×2枚

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
A・ジェネクス・アクセル
A・ジェネクス・トライアーム
A・ジェネクス・トライフォース
アームズ・エイド
シューティング・スター・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
フォーミュラ・シンクロン×2枚
ブラック・ローズ・ドラゴン
フレイム・ゴースト
レアル・ジェネクス・クロキシアン
音楽家の帝王(ミュージシャンキング)
氷結界の龍 トリシューラ
氷結界の龍 ブリューナク


「ジェネクス」とはいいつつも《ジェネクス・ウンディーネ》と《ジェネクス・コントローラー》のギミックを軸としたデッキ。《黄泉ガエル》《フィッシュボーグ-ガンナー》を優先的に落としつつ《フォーミュラ・シンクロン》からのあわよくば《シューティング・スター・ドラゴン》を狙っていきます。
通常召喚権を使わず《フォーミュラ・シンクロン》に繋げられる「黄泉ボーグ」はチューナーの確保だけでなく、シンクロ連打による手札消費を補うこともできるので、《キラー・トマト》→《クリッター》→《ジェネクス・ウンディーネ》に繋げるなどして積極的に狙っていきたいところです。

◆《ジェネクス・コントローラー》+《簡易融合》
即《スターダスト・ドラゴン》や《A・ジェネクス・トライアーム》に繋げることができます。
場に《黄泉ガエル》、手札にこれと《フィッシュボーグ-ガンナー》がある時に《A・ジェネクス・トライアーム》や《氷結界の龍 ブリューナク》を出すことで、手札コストから《フォーミュラ・シンクロン》を出すことができ、レベル8の構えが作れます。

◆《バトルフェーダー》+《サルベージ・ウォリアー》
《黄泉ガエル》の効果の関係上、魔法罠が伏せ辛いので手札誘発や墓地発動で相手の行動を抑制しなくてはなりません。返しの強さはそこそこあるので、モンスターを守ることよりも自身を守ることを優先。そこで《バトルフェーダー》を採用することで、リリース確保及びシンクロ素材を残すことができ、《サルベージ・ウォリアー》で《ジェネクス・コントローラー》を蘇生しレベル8へと繋げられます。因みにそこに《黄泉ガエル》が絡まれば《氷結界の龍 トリシューラ》、「黄泉ボーグ」があるなら《シューティング・スター・ドラゴン》まで繋げられます。

◆《ドラゴン・アイス》+《魔轟神獣キャシー》
相手ターンにレベル5のモンスターを出しつつ表側のカードを割れるコンボです。今までは召喚時の優先権行使による起動効果の発動にチェーンする形で発動していた《ドラゴン・アイス》ですが、ルールの改訂によって効果起動の前に《魔轟神獣キャシー》で潰せるようになったので強化されたと言えます。他にも《魔轟神獣キャシー》は《サンダー・ブレイク》とのコンボも可能です。

◆総括
ちょっと「黄泉ボーグ」に頼りすぎな気もしますが、仕方ないかなぁ。守りの弱さから展開を重視した、どちらかというと魅せることを重視した構築なので、もう少し《シューティング・スター・ドラゴン》を中心にしていきたいものです。ただ、デッキスペース的にもこれ以上チューナーを増やすのは難しいかなぁという感じなんですよね。
関連記事

Comment

編集
いつも拝見させていただいております、恐らく今回初コメなのですがよろしくお願いします.

私もジェネクスZERO帝を愛用していますがなんとなくピンで挿したキャシーが良い仕事をしてくれており、同様にキャシーを採用されているのには感激しました^^
また、ドラゴンアイスの強化は盲点でしたね…参考になります!
ウンディーネで落とせて有効に使えるものはないかと模索していましたがなるほど、ウンディーネを守る牽制や相手の展開抑制などにも使えますね!

最近、ジェネクスアクセルは1コストでF1を釣ることが出来、墓地に黄泉ボーグ、ハンドに引揚戦士ジェネコンがいればブレードガンナーが出せ、次ターンにはハルバードも…という点に着目しコンボを組んでいたのですがブレガンに耐性が付かないことに気付き、ウンディーネを守りつつライブラリアンを経由することでも出せるブレガン用コンボに切り替えようと思っていたのですが、若干の光が差したような気がします!

機会がありましたらまたコメントしにきます!
2011年03月01日(Tue) 02:12
編集
コメントありがとうございます!
《ドラゴン・アイス》は《魔轟神獣キャシー》と揃いさえすれば中々強力ですが、「黄泉ボーグ」を優先して落とすので、《ジェネクス・ウンディーネ》で落とす余裕はあまりなかったりしますね><;
ただ《魔轟神獣キャシー》は、このデッキだと《ドラゴン・アイス》《サンダー・ブレイク》以外にも《フィッシュボーグ-ガンナー》《A・ジェネクス・トライアーム》《A・ジェネクス・アクセル》等多くの場面で使えるので腐ることなく機能してくれます。

確かに《A・ジェネクス・アクセル》から《フォーミュラ・シンクロン》を蘇生すればアクセルシンクロへと繋げられますね!友人がTGを使うのに自分が使えるとは思ってもいなかった…w
ただ、このデッキだと墓地にTGが落ちにくかったりするので《TG ブレード・ガンナー》の回避効果は使い辛いですね。一応《バトルフェーダー》《サルベージ・ウォリアー》に「黄泉ボーグ」があれば一気に《TG ハルバード・キャノン》になることは可能ですが…。面白そうなので1度試してみます^^
2011年03月02日(Wed) 12:58
編集
長々と失礼しますorz
余談ですがAジェネクスアクセルに関しては某掲示板にマイフェイバリットカードとして投稿してありますw

ジェネクスZERO帝には名の通り未来融合でアブゼロやクロキシアン狙いのギミックも搭載しており、黄泉を蘇生した後水属性としてボーグを肥やす、といった芸当が出来る点で早期に黄泉ボーグと揃えていけるので若干勝手が違うかもしれませんね…

レシピを見て思いましたがトリッキーや脱出などはどうでしょうか?
トリッキーは、ウンディーネで黄泉を肥やした次のターン黄泉蘇生、握っているボーグを捨てて特殊召喚とすればジェネコン召喚+1コストボーグ蘇生でF1+スタダのシューティングが狙えますし、単純にジェネコン+トリッキーでヴィンディカイトが出せると思います.
もちろん簡易融合でも代用可ですし.

脱出はウンディーネのセルフバウンスをすることで2回目の水属性肥しが出来ます.
最初に落とすのを黄泉としておけば次のターン黄泉蘇生後にボーグを肥やし、ジェネコン2枚の内1枚を肥やしてからボーグ蘇生、思い出のブランコでジェネコン蘇生からF1⇒ライブラリアン⇒アクセル⇒ブレガンと狙えるはずです.
私はブランコの代わりに死者蘇生を握っているときこのコンボを狙っていきますが、ブランコ3積みで回るようでしたら脱出2積みくらいでも行けそうな気がします^^

あと、精神操作は簡易融合採用型のデッキでは扱いが難しいと思うのですがどうでしょう?
エネコンで代用できると思いますし例として★6を奪取してもあまり得できる感じではなさそうですが…?
2011年03月02日(Wed) 15:22
編集
>トリッキー
《サンダー・ブレイク》のような汎用性の高いもので効率よく捨てていきたいところですが、《THE トリッキー》のようなすぐ使えるものが欲しいなと思ったことはありますね。
現在では《フィッシュボーグ-ガンナー》やシンクロ召喚したシンクロモンスターで手札を回転させているので、《THE トリッキー》を入れるとなると手札消費も増えるためちょっと構築…かプレイングは買える必要が出てきそうです。

>脱出
《強制脱出装置》はフリーチェーン且つルール改訂での強化など魅力はありますが、個人的には《ダメージ・コンデンサー》が面白いんじゃないかなと思ってます。発動タイミングが限られてるので決して強くはありませんが、《ジェネクス・ウンディーネ》がなくても低攻撃力な《黄泉ガエル》《フィッシュボーグ-ガンナー》は呼び易いですし、何より通常召喚権を使わなずにシンクロに繋げられることを考えると、演出的な意味でも今は《ダメージ・コンデンサー》で回してます。妨害策としても《強制脱出装置》の方が十二分に強いんですけどね。

>精神操作
こちらでは採用してますが、アクセルシンクロ型ではスペースの都合上抜いてしまいましたね。
確かに使い辛い場面もありますが、エクストラは縛りの強いジェネクスよりも汎用シンクロを多めに採用してますし、何より特殊召喚を行わずにシンクロが可能なので何だかんだで便利ですよ。
2011年03月06日(Sun) 00:41












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL