異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPヴァイロン ≫ エクシー…ユニオン?

エクシー…ユニオン?

《ヴァイロン・ディシグマ》
ランク4/光属性/天使族/攻2500/守2100
レベル4モンスター×3
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除く事で、相手フィールド上に表側攻撃表示で存在する効果モンスター1体を選択し、装備カード扱いとしてこのカードに装備する。このカードが、この効果で装備したモンスターカードと同じ属性のモンスターと戦闘を行う場合、ダメージ計算を行わずそのモンスターを破壊する。

ついに効果が判明しました《ヴァイロン・ディシグマ》。なんとエクシーズ素材にレベル4モンスターを3体も要求します。《ヴァイロン・オメガ》に続いてこれとは相変わらず重いですね…。効果の方は某書き込みにもあったように《サクリファイス》と《A・O・J カタストル》を足したような感じです。攻撃表示の効果モンスターと縛りはありますが、きっと問題はないでしょう。あるとすれば《ゴヨウ・ガーディアン》の枠に入ってくるであろう《大地の騎士ガイアナイト》が装備できないくらいでしょうか。そして装備したモンスターと同属性のモンスターを効果破壊する─最近では属性が統一されているデッキが多いので腐ることは少なそうです。
とは言いつつもレベル4モンスター3体を消費してまで出す価値はあるのでょうか。勿論代償ガジェットなどチューナーを必要としないので、そういう意味では強いかもしれませんが、個人的にヴァイロンでレベル4が並べられる状況ならシンクロした方が強いように思えます。


《ヴァイロン・テセラクト》
星4/光属性/機械族・ユニオン/攻 800/守 600
1ターンに1度だけ自分のメインフェイズに装備カード扱いとして自分フィールド上の「ヴァイロン」と名のついたモンスターに装備、または装備を解除して表側攻撃表示で特殊召喚する事ができる。この効果で装備カード扱いになっている場合のみ、装備モンスターが戦闘によって相手モンスターを破壊した場合、自分の墓地のレベル4以下の「ヴァイロン」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する事ができる。(1体のモンスターが装備できるユニオンは1枚まで。装備モンスターが破壊される場合、代わりにこのカードを破壊する。)

何故ユニオンになったし。ユニオンには《ゲットライド!》というそこそこ優秀なサポートがありますが、それにはユニオンを墓地に落とさないといけないという難関があってだな…。とりあえずここでは置いておいて効果の方を見ていきましょう><;装備モンスターが戦闘破壊すると…という不安な発動条件ですが、墓地の下級ヴァイロンを蘇生できるという中々に便利なものです。どこかの《トライゴン》を髣髴とさせますね。まず思いつくのは、《ヴァイロン・プリズム》に《ゲットライド!》で装備し、相手モンスターを戦闘破壊して《ヴァイロン・テトラ》を蘇生。このカードの装備を解除することで《ヴァイロン・オメガ》へと繋げることが可能です。デッキによってはレベル3チューナーの《ヴァイロン・キューブ》や《ヴァイロン・ステラ》2体でもいけますね。


《ヴァイロン・ペンタクロ》
星4/光属性/機械族・ユニオン/攻 500/守 400
1ターンに1度だけ自分のメインフェイズに装備カード扱いとして自分フィールド上の「ヴァイロン」と名のついたモンスターに装備、または装備を解除して表側攻撃表示で特殊召喚する事ができる。この効果で装備カード扱いになっている場合のみ、装備モンスターが戦闘によって相手モンスターを破壊した場合、相手フィールド上に存在するカード1枚を選択して破壊する事ができる。(1体のモンスターが装備できるユニオンは1枚まで。装備モンスターが破壊される場合、代わりにこのカードを破壊する。)

ヴァイロンユニオンその2。こちらは装備モンスターが戦闘破壊をすることで相手フィールド上のカードを1枚破壊することができます。《ヴァイロン・テセラクト》と違い、シンクロやエクシーズに繋げづらいものの、墓地が肥えていない序盤から使っていけるメリットがあります。そしてこのカード最大の利点は《機械複製術》に対応しているというところでしょう。つまりこのカードと《機械複製術》からレベル4のモンスターが3体並び、即座に《ヴァイロン・ディシグマ》に繋げることができるのです。レベル7モンスターと合わせると《ヴァイロン・オメガ》に繋げられる《ヴァイロン・スフィア》と《機械複製術》を共有することができるため、新たな構築が可能かもしれません。ただ、個人的に《機械複製術》は事故と隣り合わせということであまり好きではないんですよね。《機械複製術》する前に2枚引いてしまい、手札には通常召喚するしかできないモンスターが2体…そんな悪い未来しか見えず、、。


《ヴァイロン・スティグマ》
星4/光属性/天使族/攻1600/守1000
1ターンに1度、自分フィールド上に表側表示で存在する「ヴァイロン」と名のついた装備カード1枚を、他の正しい対象となるモンスター1体に移し替える事ができる。この効果は相手ターンでも発動する事ができる。

《ヴァイロン・マテリアル》のような装備魔法を始め、装備カード扱いとなった《ヴァイロン・プリズム》も装備対象を移し替えられそうですが、正直今のヴァイロンにはそんなことをする余裕も必要性もないです。相手ターンにできるといっても要は展開しつつこのカードも出さないと機能しないわけで。


◆総括
期待の新規カードでしたが、何とも言えない微妙な印象です。まず、チューナーとは比較にならない固さのユニオンで出されてしまった残念感。XYZのような融合体もいないので《E・HERO プリズマー》では落とせず、かといって《スクラップ・リサイクラー》や《ファルシオンβ》はシナジーがないしで困ったものです。手札に来られても特殊召喚できるヴァイロンは現在存在しないので、動き辛くなる要因にしかならない…。今のところ《シャインエンジェル》で呼ぶのが一番良さそうですが、それじゃあ《ゲットライド!》まで採用してられなさそうですし。どうしたものか…。今回の判明は一部で、ユニオンのサポートか特殊召喚を可能にする魔法カードあたりに期待……ですね><
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL