異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 「ヴァイロンver.8.0」TOPヴァイロン ≫ 「ヴァイロンver.8.0」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

「ヴァイロンver.8.0」

モンスター(21枚)
墓守の末裔
墓守の偵察者×3枚
召喚僧サモンプリースト
トラゴエディア
サイバー・ドラゴン
クリッター
カオス・ソーサラー×2枚
エフェクト・ヴェーラー×2枚
ヴァイロン・プリズム×3枚
ヴァイロン・ハプト×2枚
ヴァイロン・テトラ
ヴァイロン・キューブ×3枚

魔法(14枚)
死者蘇生
月の書
禁じられた聖槍
ワンダー・ワンド
ブラック・ホール
ハリケーン
ヴァイロン・マテリアル×3枚
ヴァイロン・セグメント×2枚
ヴァイロン・コンポーネント
ヴァイロン・エレメント×2枚

罠(7枚)
神の宣告
神の警告×2枚
リビングデッドの呼び声
ソウル・オブ・スタチュー×3枚

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
No.39 希望皇ホープ
アーカナイト・マジシャン
ヴァイロン・アルファ
ヴァイロン・エプシロン
ヴァイロン・オメガ
ヴァイロン・シグマ
ヴァイロン・ディシグマ
エンシェント・ホーリー・ワイバーン
スクラップ・ドラゴン×2枚
スターダスト・ドラゴン
ブラック・ローズ・ドラゴン
氷結界の龍 トリシューラ
氷結界の龍 ブリューナク


前回の構築は割と《ヴァイロン・オメガ》は狙えるものの、”強い流れ”というのがなく、手札を見ても強いと言える状態ではなかったため、動画でも上げた「墓守軸」に形を直しました。

「墓守軸」の強いところは何と言っても
・《アーカナイト・マジシャン》にアクセスできる
・《スクラップ・ドラゴン》にアクセスしやすくなる
・《カオス・ソーサラー》を無理なく出せる
この3点です。どれも以前の形ではできない、アドバンテージをプラスにできる強力なギミックです。
中でも《墓守の偵察者》と《ヴァイロン・キューブ》で《アーカナイト・マジシャン》が出せるというのが大きく、2枚の消費が3枚のカードになり、更に相手のカードを2枚破壊できるというアド+3のコンボです。そして新パックGENFでは《ワンダー・ワンド》というドロー加速できる装備魔法も登場します。

《ワンダー・ワンド》装備魔法
魔法使い族モンスターにのみ装備可能。装備モンスターの攻撃力は500ポイントアップする。また、自分フィールド上に存在するこのカードの装備モンスターとこのカードを墓地へ送る事で、自分のデッキからカードを2枚ドローする。

このデッキとはすこぶる相性が良く、《アーカナイト・マジシャン》をシンクロ召喚しつつ《ヴァイロン・キューブ》でサーチ。効果を使用し終えた《アーカナイト・マジシャン》をコストに2ドローすることができるのです。「既に手札にヴァイロン装備があって《ヴァイロン・キューブ》でサーチする必要がない。かといって入れたい装備もない」という理由で敬遠してた《ヴァイロン・キューブ》ですが、入れる理由も見つかって何よりです。

現在判明している分を見る限り、積極的に狙うメリットがあまり見られないエクシーズですが、デッキの性質上このデッキではかなり狙い易くなっています。《墓守の偵察者》、そして今回新たに採用した《ソウル・オブ・スタチュー》─それも《ヴァイロン・プリズム》《ヴァイロン・キューブ》と合わせてシンクロし易くするための採用ですが、どちらもレベル4と《ヴァイロン・ディシグマ》《No.39 希望皇ホープ》共に無理なくエクシーズ召喚することができます。
ただ、やはり現状ではシンクロ─《スクラップ・ドラゴン》《アーカナイト・マジシャン》を出した方が圧倒的に強いので、エクシーズ召喚するのはチューナーがない、もしくはチューナーしかないという時に限られそうです。
関連記事

Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011年03月24日(Thu) 23:18
編集
エクストラを圧迫しかねないエクシーズなので初期のものならトレやオクにしか目が行ってないのですが;
特にスターターに関しては有用な魔法などが安く入手できるのは発売後1週間くらいのもの、だったのですが結局チェックすらしてませんでしたw

一応罠モンスター採用、ということでピンときましたがガチガチガンテツと代行者ヴィーナスのシナジーが騒がれてるので、神聖なる球体と罠モンスターの1枚であるアポピスの化神なんか採用したら良いんじゃないかと思います.(役割はトライフォースの地属性効果付与+ジェネコンと馬の骨コスト兼任+融通の利く壁モンスター)

やはり現状ではエクシーズってこんな感じなのかを体験できる状況に過ぎないって感じですねw
やはり公式もブリュやゴヨウはやり過ぎだったって自覚があった事が分かりますw
2011年03月24日(Thu) 23:34
編集
今回のスターターは初エクシーズということでしたが、エクシーズ以外の新規カードはパッとしたのがなく、再録カードが割と優秀という感じですね。新規カードには《ジャンク・シンクロン》のようなのを期待してたんですけどね。
エクシーズ自体どのデッキでも出来る可能性があるので、最初が自重気味なのは正解だと思います。ただ自重したままだとインパクトに欠けるので、今後コンボ性がある良カードが出ることを期待、ですね!

>《神聖なる球体》と《アポピスの化神》
確かに《神秘の代行者 アース》等も含め代行天使では《ガチガチガンテツ》を入れてるみたいですね。ただ、代行者自体ものすごいスペースを使いますので、代行天使もしくは代行儀式ぐらいでしか使えそうにありません。
罠モンスターはエクシーズの登場もあり昔よりは使い易くなった印象です。《ソウル・オブ・スタチュー》も光属性と《ヴァイロン・シグマ》にもなり易い言わば《簡易融合》的な存在です。
ただ、《A・ジェネクス・トライフォース》が効果を得れるとはいえ、地属性の効果は正直微妙な気がします。
《馬の骨の対価》ですが、《ジェネクス・コントローラー》共にカードを消費せずにフィールドに出す方法がないので、《馬の骨の対価》で2ドローできたとしても2:2交換しかできないんですよね。出来ればもう1つ潤滑油になるような何か利益が生まれるといいのですが…。
2011年03月28日(Mon) 02:57












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。