異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPスポンサー広告 ≫ 「ヴァイロンver.8.1」TOPヴァイロン ≫ 「ヴァイロンver.8.1」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

「ヴァイロンver.8.1」

モンスター(19枚)
魔導戦士 ブレイカー
墓守の末裔
墓守の偵察者×3枚
召喚僧サモンプリースト
トラゴエディア
サイバー・ドラゴン
カオス・ソーサラー×2枚
エフェクト・ヴェーラー
ヴァイロン・プリズム×3枚
ヴァイロン・ハプト×2枚
ヴァイロン・テトラ
ヴァイロン・キューブ×2枚

魔法(15枚)
死者蘇生
月の書
ワンダー・ワンド×2枚
ブラック・ガーデン
ハリケーン
ダブル・サイクロン×2枚
ヴァイロン・マテリアル×3枚
ヴァイロン・セグメント×2枚
ヴァイロン・エレメント×2枚

罠(10枚)
聖なるバリア-ミラーフォース-
神の宣告
神の警告×2枚
強制終了×2枚
リビングデッドの呼び声
ゴブリンのやりくり上手×3枚

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
TG ハイパー・ライブラリアン
アーカナイト・マジシャン×2枚
インヴェルズ・ローチ
ヴァイロン・アルファ
ヴァイロン・エプシロン
ヴァイロン・オメガ
ヴァイロン・シグマ
ヴァイロン・ディシグマ
スクラップ・ドラゴン×2枚
スターダスト・ドラゴン
ブラック・ローズ・ドラゴン
氷結界の龍 ブリューナク


《墓守の偵察者》でモンスターを展開し、《ヴァイロン・キューブ》から《アーカナイト・マジシャン》、《ヴァイロン・プリズム》から《スクラップ・ドラゴン》に繋げる基本的なスタイルは前回同様変わってません。
変わったところはサブギミック─上記のコンボを成立まで持っていくためのサポートに当たる部分です。前回載せたものはエクシーズ、シンクロに繋げやすいよう《ソウル・オブ・スタチュー》を入れてましたが、今回はデッキの潤滑油を兼ねて《強制終了》と《ゴブリンのやりくり上手》のコンボを搭載してみました。

◆《強制終了》
自分フィールド上のカードを墓地へ送り、バトルフェイズを強制的に終了させるカードです。元々除外でもされない限りアドバンテージを失わないヴァイロン装備との相性の良さは言われてきましたが、個人的にはそれしか接点がないのが不満で採用を見送っていました。言わば「相性がいいだけのカード」だったんですよね。しかしながら、ヴァイロンが登場した当初に比べヴァイロン魔法も充実し、強力な耐性を持たせられる《ヴァイロン・エプシロン》と《ヴァイロン・セグメント》の組み合わせや《インヴェルズ・ローチ》が決めやすくなり、《A・O・J カタストル》などぶっぱ以上に戦闘破壊を気にする必要がでてきました。《次元幽閉》のような単発除去の方が強いかもしれませんが、此方の方が効率が良いんじゃないかということで採用を決めました。
また、スペースは取るものの、このカードを入れることで《ゴブリンのやりくり上手》を入れられるのも嬉しいところです。《墓守の偵察者》がいるとはいえ毎回初手で来るわけではありませんし、かといってリクルーターを入れてもリクルートしたいモンスターはチューナーしかいない不器用ぶり。手札がチューナー祭なんてことも少なくなく、そこでやりくり強制終了のギミックを搭載することで、場にチューナーを残しあわよくば手札に非チューナーを引き込むことも可能になります。

◆《ダブル・サイクロン》
《ヴァイロン・エレメント》の発動トリガーに…といえば真っ先に思いつくこのカードですが、こちらも《ヴァイロン・エレメント》がない時だとアド損カードでしかなく、だったら《サイクロン》で状況に応じて割った方が汎用性的にいいだろう(破壊するのをヴァイロン装備にすれば実質《サイクロン》1枚でデッキからヴァイロンチューナーが特殊召喚できると考えれば強いかな)ということで敬遠してました。が、《ゴブリンのやりくり上手》があれば使い道も増えますし…正直もう1つ2つ使い道が欲しいところですが、採用してみました。
使い心地ですが、要所要所で《ゴブリンのやりくり上手》《ヴァイロン・エレメント》と組み合えばいい感じですが、ほとんど伏せない相手や状況に応じては腐る場面も少なくなかったため、完全に《サイクロン》と入れ替えてしまっていいかは難しいところですね。1枚ずつ入れて見ましょうか…。

◆《ブラック・ガーデン》
展開力のなさを補う1枚としての採用です。主な蘇生対象は《召喚僧サモンプリースト》《ヴァイロン・キューブ》、場合によっては《魔導戦士 ブレイカー》なんかも。基本的に《ヴァイロン・キューブ》蘇生から《アーカナイト・マジシャン》─そして《ワンダー・ワンド》でのドローを狙います。《召喚僧サモンプリースト》が蘇生できたならば、通常召喚含め《スクラップ・ドラゴン》と《ヴァイロン・エレメント》の展開ができ、《スクラップ・ドラゴン》の隣に《ヴァイロン・エプシロン》や《インヴェルズ・ローチ》を並べることが可能です。

「総括」
以前にも増して《ヴァイロン・エプシロン》を出す機会が増え、《ヴァイロン・エプシロン》の自身に装備された装備カードに耐性を与える効果が相手にとっても自分にとっても厄介だと感じます。相手にとって《サイクロン》等でこのカードの耐性(セグメント)打点(プリズム、マテリアル)を消せないのは苦しいようで、逆に自分は《ヴァイロン・ハプト》や《ヴァイロン・ポリトープ》で装備されてるヴァイロンを対象に取れないのが不便に感じます。《ヴァイロン・セグメント》のお陰で《スクラップ・ドラゴン》の下位交換扱いはもうできないと感じたのは確かなんですけどね。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。