異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP考察 ≫ 僕と共鳴してランク3エクシーズになってよ!

僕と共鳴してランク3エクシーズになってよ!

《ハウリング・ウォリアー》
星3/地属性/戦士族/攻 800/守 700
このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、自分フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動する事ができる。選択したモンスターのレベルは3になる。


召喚・特殊召喚に成功した時、このカード以外のモンスターをレベルを3にすることができます。
適当なチューナーをレベル3にして、このカードとレベル6のシンクロを行うことも可能ですが、基本的にはランク3エクシーズに使用することになるでしょう。
この効果を活かすには、他にモンスターが自分フィールド上にいることが必要で、単体では動けない分、場に出した以降はバニラ同然の様々なレベルのモンスターをエクシーズ素材にできるため、使い方次第では面白い運用が可能です。さて、ではどんなモンスターと相性がいいでしょうか。

◆《バトルフェーダー》
相手の直接攻撃に反応し、自身を特殊召喚することが可能です。バトルフェイズを終了させるその特性から生き残り易く、《ハウリング・ウォリアー》との相性は抜群です。エクシーズ素材に使用することで、《バトルフェーダー》の持つ除外効果は適用されなくなるため、その辺の特性を利用するデッキには合わないかもしれません。ただ、逆に言えば《バトルフェーダー》を《カオス・ソーサラー》のコストにしたり、《貪欲な壺》で回収できるようになったりと使い道が増えたりなんてことも。

◆《レベル・スティーラー》
こちらも特殊召喚のし易いレベル1モンスターです。トークンが使えなくとも、こういったエクシーズ素材には向いていないモンスターをエクシーズ素材にできるのが《ハウリング・ウォリアー》の利点ですね。単純に《サイバー・ドラゴン》から出し、実質《ハウリング・ウォリアー》1枚からランク3のエクシーズが出せるのはアドを失い難く便利ですね。

◆《サイバー・エルタニン》
今までは《A・ジェネクス・バードマン》で戻すぐらいしか出した後の利用手段がなかったこのカードですが、フィール上の(表側だけですが)モンスターをぶっぱしつつ2500打点の《No.17 リバイス・ドラゴン》、《虚空海竜リヴァイエール》で展開してのラッシュが狙えます。特に《虚空海竜リヴァイエール》は、《サイバー・エルタニン》のコストとして除外したモンスターをそのまま帰還させることができ、素材にした《サイバー・エルタニン》含めて、墓地から光機械を枯渇させることも防げ中々の相性です。

《サイバー・エルタニン》のような特殊召喚効果を内蔵したモンスターは山ほどいますし、《ハウリング・ウォリアー》を主軸としたデッキも面白そうですね。デッキにしてデュエル動画として上げて見たいものです。
今後エクシーズし易いようこのようなカードは出てくると思いますが、このカードでも十分な面白さを秘めています。現状だとランク3は打点か帰還の選択肢しかないも同然なので、そこまでカードパワーを発揮しきれないところは否めませんが、今後のランク3エクシーズによっては面白い動きができるようになりそうです。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL