異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOP考察 ≫ メロメロボディ

メロメロボディ

《キラー・ラブカ》
星3/水属性/魚族/攻 700/守1500
自分フィールド上に表側表示で存在する魚族・海竜族・水族モンスターが攻撃対象に選択された時、墓地に存在するこのカードをゲームから除外して発動する。攻撃モンスター1体の攻撃を無効にし、その攻撃力を次の自分のエンドフェイズ時まで?00ポイントダウンさせる。「キラー・ラブカ」の効果は1ターンに1度しか使用できない。


現代版の(調整された)《ネクロ・ガードナー》と言えるPHSWに収録されるモンスターです。
先日のアニメに登場してましたね。アニメを見る限りでは中々綺麗なデザインでした。

フリーチェーンではない点、属性種族面でも《ネクロ・ガードナー》に劣りますが、あちらに《終末の騎士》があるようにこちらには《ジェネクス・ウンディーネ》が存在します。《ジェネクス・ウンディーネ》はレベル3ということもあり、先攻1ターン目にこのカード落とし、返しの相手の攻撃を無効。返しの自分のターンにレベル3モンスターを通常召喚し、《虚空海竜リヴァイエール》に繋げて使い回すといったこともできますね。

守ることができるモンスターの中で有効なものといえば《虚空海竜リヴァイエール》《イビリチュア・メロウガイスト》《氷結界の龍 ブリューナク》あたりでしょうか。特に《虚空海竜リヴァイエール》や《氷結界の龍 ブリューナク》はエクシーズ・シンクロ素材にし易いだけでなく、戦闘で破壊され易い低ステータスを守ることができます。
また、まだ正確な数値は判明してはいないものの(アニメでは500)相手モンスターのステータスを下げる効果も持ち合わせているため、攻撃を防いだ返しのターンに戦闘破壊を狙いにいける可能性を秘めてます。これは《ネクロ・ガードナー》にはない利点ですね。

守れる範囲が限られていることもあってどのデッキでも採用とまではいきませんが、上記であげたようなシンクロエクシーズ─他にもカードプールが増えたこともあって意外と色々なデッキで使うことができそうです。こういった一線で活躍する制限カードをコンボ向けにしてリニューアルするのはいいですね。今後もこういったカードが増えることに期待です。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL