異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPXYZ(ABC) ≫ 「ユニオンヴァリーver.2.0」

「ユニオンヴァリーver.2.0」

モンスター(23枚)
召喚僧サモンプリースト
次元合成師(ディメンション・ケミストリー)×2枚
バトルフェーダー
ハウリング・ウォリアー
ネクロ・ガードナー
ジャンク・コレクター
サイバー・ドラゴン
サイバー・エルタニン×3枚
サイバー・ヴァリー
クリッター
カオス・ソーサラー
オネスト
Z-メタル・キャタピラー
Y-ドラゴン・ヘッド
X-ヘッド・キャノン
E・HERO プリズマー×2枚
A・ジェネクス・バードマン×3枚

魔法(14枚)
封印の黄金櫃×3枚
増援
精神操作
死者蘇生
月の書
強欲で謙虚な壺×3枚
闇の誘惑
ハリケーン
サイクロン
D・D・R(ディファレント・ディメンション・リバイバル)

罠(4枚)
聖なるバリア-ミラーフォース-
神の宣告
異次元からの帰還
リビングデッドの呼び声

エクストラデッキ
A・ジェネクス・アクセル
A・ジェネクス・トライフォース×3枚
No.39 希望皇ホープ
XYZ-ドラゴン・キャノン
XY-ドラゴン・キャノン
XZ-キャタピラー・キャノン
YZ-キャタピラー・ドラゴン
ヴァイロン・デルタ
キメラテック・フォートレス・ドラゴン
ブラック・ローズ・ドラゴン
レアル・ジェネクス・クロキシアン
虚空海竜リヴァイエール
氷結界の龍 ブリューナク


以前紹介したHERO軸に対し、こちらはエクシーズ軸というでしょうか。
《E・HERO エスクリダオ》の登場で《未来融合-フューチャー・フュージョン》から《ネクロ・ガードナー》が落とせるようになり、2枚目以降の《封印の黄金櫃》のサーチ先(1枚目は9割《異次元からの帰還》)ができたり、戦闘から守れるため《A・ジェネクス・トライフォース》で《E・HERO プリズマー》をセットする意味ができたりするHERO軸でしたが、《未来融合-フューチャー・フュージョン》を入れるにはどうしても《E・HERO プリズマー》を3積みしないと機能し難いのが目立ち、《E・HERO プリズマー》を2積みにするためにも《未来融合-フューチャー・フュージョン》《ミラクル・フュージョン》は抜いてしまいました。
《ミラクル・フュージョン》は入れてても大丈夫だと思いますが、この1枚だけにキツキツのエクストラをHERO枠に割くのは勿体ないと思いますしね。

状況に応じたXYZパーツをデッキから落としつつもそのカード名を得れる《E・HERO プリズマー》は極力序盤から出していきたいカードですが、1体くればあとは蘇生、帰還から複数回の効果の発動が望めるため2積みです。《ハウリング・ウォリアー》《ネクロ・ガードナー》といったサーチ先のある《増援》や《召喚僧サモンプリースト》もあることから”引けない”ってことはないですね。
《E・HERO プリズマー》の枚数を減らした分、《次元合成師》を優先して出していきます。打点の低いこのデッキが苦手とする戦闘でのアドバンテージも《E・HERO プリズマー》と違って失い辛いのが理由です。たとえ自身の効果でモンスターが除外できなくとも、《闇の誘惑》や《封印の黄金櫃》で疑似的なサーチが行えるのは強みですよね。
また、ピン挿しから2積みに増やすことで、序盤のうちに引くことができ、早い段階から《A・ジェネクス・トライフォース》をシンクロ召喚していけるのも良点ですね。墓地にいる光属性モンスターがXYZパーツや《E・HERO プリズマー》しかいない場合、それらをセットしても戦闘破壊されアドバンテージが生まれませんからね。そんな時は《ヴァイロン・デルタ》を出していきましょう。(参考:デルタのすすめ
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL