異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ PHSW抜粋考察 #1TOP考察 ≫ PHSW抜粋考察 #1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

PHSW抜粋考察 #1

ぎゃらくしーあいず
ついにPHSWこと「PHOTON SHOCKWAVE」のスポイラーが判明しましたね。
ざっと見たところ、思いがけないデッキ強化がきたり、癖の強いカードが多かったりと中々に面白い内容となっています。強謙缶を買ったそばから久々に箱に手が伸びそうです(´・ω・`*)

数弾前、全カードを考察しようとして挫折したことがあるので
興味があるカードだけ抜粋して簡単な考察をしていきます><
まずはモンスター編ということでどうぞ!

>《カゲトカゲ》
《エンペラー・オーダー》から《サモンチェーン》─通常召喚はできずとも、発動トリガーとして優秀なモンスター。ガジェットのようなモンスターと合わせることで上記のどちらのカードともシナジーが発生し、戦略の幅を広げてくれる。通常召喚をメインに据えるデッキと相性が良く、《エンペラー・オーダー》と《血の代償》での超ドロー加速を狙ってみてはいかがだろうか。

>《キラー・ラブカ》
詳しくはこちら。《ジェネクス・ウンディーネ》で落とすことができて、守れる対象である《虚空海竜リヴァイエール》《氷結界の龍 ブリューナク》の素材として優秀。攻撃力を下げる効果はアニメ通りの500ポイント。このカードの守備範囲のモンスターは打点が低いのが多く、うまくそれを補ってくれるため、デッキによっては《ネクロ・ガードナー》以上の活躍も…!

>《銀河眼の光子竜》
今回の目玉パッケージを飾るモンスター。シンクロエクシーズばかりだった昨今では珍しくも思えるメインデッキに入れられるフィニッシャー級のモンスターである。そんなことだから(自身の特殊召喚効果も去ることながら)《名推理》や《モンスターゲート》を使いたくなるのである。それでもって除外効果をもっているのだから「ゼータ」に入れようと企んでいる。しかし流石のナンバーズハンターもナンバーズではない《インヴェルズ・ローチ》には無力なようだ。

>《ライト・サーペント》
場合であるため、コストで捨てられても問題なく蘇生される。光属性ということもあり、《A・ジェネクス・トライフォース》の素材として一役買ってもらおうかと思ったが、生憎テキストには「シンクロ素材とすることはできない」と魔法の一言。この一言がなかったらちょっと強すぎただろうか…。まぁそれでもエクシーズ中心のデッキではそこそこ使いやすい1枚だろう。《W星雲隕石》対応の光属性爬虫類でもある。

>《フォトン・ケルベロス》
こいつ召喚してから素材に《A・ジェネクス・トライフォース》出せば奈落警告されなくね?wwとか一瞬でも思ってしまったのが恥ずかしい。エクシーズ素材にしようと奈落行きである。解散。

エヴォルは分かりません><
いずれ恐竜は組みたいと思ってるので、把握したら書くかもです。

>《ゼンマイウォリアー》
ある意味《ゼンマイマジシャン》前提ではある。自身を対象に発動もできるので、☆4としてだけでなく☆5ATK1800のモンスターとしても運用可能。とはいえ所詮は他のモンスターも対象に取れるようになっただけなので、その必要がないのなら高打点の《ゼンマイソルジャー》で事足りる。

>《ゼンマイナイト》
《ゼンマイウォリアー》と同等の攻撃力があり、攻撃抑止効果を内蔵している。自信も守れるため序盤にアタッカーとして運用することもできるし、中盤以降に《発条機甲ゼンマイスター》で使い回してテンポを握る一員としても中々に優秀である。また、☆4光属性であるため、《A・ジェネクス・トライフォース》の素材にも持って来いだ。

>《ゼンマイハンター》
前弾のゼンマイスーレア枠の《ゼンマイジャグラー》と同様《ゼンマイマジシャン》と相性が悪いのはゼンマイとして頂けない。1枚のカードから大量展開できるようなカードがない現状、ボードアドを使ってまで相手の手札を削ってどうしようというのだ。墓地へ送るなので暗黒界は無視できるが、それにしても入れる価値は見当たらない。デッキの軸がスーレアになる傾向の中、ゼンマイは採用に最も遠いモンスターがスーレアになるのだった。

>《ゼンマイバット》
ステータスは低いが、召喚して即座にアドバンテージに変えることができる。《ゼンマイマイ》のように《ジャンク・シンクロン》で蘇生して《ゼンマイマジシャン》の発動トリガーとすることはできないが、《機械複製術》からのゼンマイ3体回収や、風属性であるため《霞の谷の神風》と組み合わせるといったこともできる。

>《ゼンマイニャンコ》
《ゼンマイマイ》とタメを張る☆2のゼンマイである。種族属性が違うため一概には言えないが、コストなしで相手モンスターを戻せる此方の方がいくらか強いように思える。《真六武衆-シエン》を戻せたり、《ジャンク・シンクロン》と《氷結のフィッツジェラルド》になったり。即座に《ゼンマイマジシャン》《ゼンマイマニュファクチャ》の発動トリガーになれてこの効果は申し分ないだろう。

>《鳳凰》
数パックおきに地味に出続けるスピリット。《夜叉》を大きくしたような効果で、《砂塵の悪霊》の魔法罠カードバージョンである。警告されなければ《氷帝メビウス》のようにアドバンテージを生み易く、なおこちらは使い回しが可能で、一度見てしまっては怖くて《聖なるバリア-ミラーフォース-》やら《次元幽閉》やらは伏せ辛くなったてしまう、そんなカード。基本は《氷帝メビウス》の方が安定しているが、こちらは《神の警告》読み《ドッペルゲンガー》的な動きもできる。

>《同族感電ウイルス》
元ネタのように墓地を肥やしつつ破壊はできないが、それでもミラーでは優秀なメタカード。自身破壊確定で《DNA改造手術》と組み合わせるのはどうなんだろう…。

>《レスキューラビット》
「レベル4以下」「同名モンスター2体」「通常モンスターのみ」という縛りを受けた《レスキューキャット》。様々な通常モンスターを利用できる半面、効果のない同名の通常モンスターを2枚積み(引いた時を考えると3枚積みはしておきたい)しなければならず、デッキの安定性は大幅に下がってしまう。すぐ思いつくところだとジェムナイトが挙がるが、あの通常モンスターを3積みすることを考えると無理して採用しない方が良いように思える。使うのであれば、《銀河眼の光子竜》の召喚条件を1枚でクリアできる《ジェネティック・ワーウルフ》 や《エヴォルカイザー・ラギア》に繋げられる《セイバーザウルス》が良さそうだ。個人的には《王室前のガーディアン》を呼びたい。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。