異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPスポンサー広告 ≫ PHSW抜粋考察 #3TOP考察 ≫ PHSW抜粋考察 #3

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

PHSW抜粋考察 #3

ギャンブル性ドロー加速
PHSWの考察記事もこれで最後になります。
ここまでパックについての記事が書けるあたり、PHSWは良カードが多いんだなぁと実感します。

>《虚栄巨影》
《突進》意識のパンプアップ。攻撃宣言時にしか使えない代わりに1000アップに変わった《突進》。攻撃宣言モンスターとこのカードの対象はリンクしてないため、自分と相手どちらの攻撃に対しても使えるが、折角のパンプアップなのにダメージステップで使えない。《デーモンの斧》と《破天荒な風》や《突進》とこのカードの様な使い道によって使い分けられるのはいいが、元となるカードが既に使われないカードとなってるため、新たに出たカードも使われないのはお決まりである。

>《モンスター・スロット》
今パックで最も欲しいカードであり、1番期待の持てる新星。自分フィールド上のモンスター1体と同じレベルのモンスターを墓地から除外して1枚ドロー。そしてそれが除外したカードらと同レベルなら特殊召喚できるというもの。フィールドと墓地に同レベルが揃えば1ドローできるため、単純に同レベルがある程度被っているデッキで、墓地利用がそこまでないなら無理なく採用できるだろう。また、除外ソースとしても優秀であり、様々なコンボへと繋ぐカードとして多くのデッキでの活躍に期待が持てる。《強欲で謙虚な壺》との裁定が少し気になるが、デッキによっては強謙の代わりにもなり得る、今パック最も評価してるカード。

>《クロスアタック》
カードプールの拡大、特殊召喚手段が増えた今ではそこそこ発動し易い。攻撃力が高くなればなるほど、そのまま殴った方が良くね?となるが、そこは戦闘ダメージを与えた時に発動する効果を持ったモンスターや、効果を使うと攻撃できなくなるモンスターと組み合わせていきたい。下級モンスターになると《ウィルスメール》があるため、デッキによって使い分けていこう。

>《エクシーズ・ギフト》
ギフトきた!これでかつる!と思ったら、エクシーズ素材を2つ取り除かなければいけない仕様。さてさて《ジェムナイト・パール》が活躍する時がくるか…!?

>《フォトン・ベール》
一時期戻す枚数は2枚じゃないかと騒がれたが、案の定3枚である。発動すると1枚のディスアドが発生するが、光属性主体のデッキでは採用できなくもない。既にサーチしたいモンスターを引いても戻せばよく、序盤に《マンジュゴッド》を持ってきたり、《オプション》を持ってきてビックバイパーの大盤振る舞い!とか色々できる。

>《巻きすぎた発条》
今のところ下級モンスターしかいないものの、レベルに制限はない。守備表示での特殊召喚のため、攻撃には使えず、またエクシーズにしか使うなと言わんばかりの制限まで付いている。効果が無効になっているため、ゼンマイの効果でレベルは上げられないが、発動はできるので《ゼンマイマジシャン》《ゼンマイマニュファクチャ》のトリガーにはでき、ゼンマイには無理なく採用できるだろう。

>《エクストラゲート》
《インスタント・ネオスペース》のようなイラストにセンスを感じる1枚。速攻魔法であるため、相手がシンクロ召喚をする直前に打つことになるだろう。手札を捨てたければ1を宣言すればいい。ガチになればなるほど安定し、ガジュアルデッキとなると何が入ってるか中々想像できなく面白い。また、不確定ではあるものの、高打点を除外できる可能性が高く《スキヤナー》と中々相性がいい。

>《強欲なカケラ》
ドローできるのは発動後3ターン目であり、感覚としては《タイムカプセル》と似てる。《大嵐》がない半面、《魔導戦士 ブレイカー》等が流行ってる今では、ドローできるか怪しい。このカードに除去を使わせたと捉えるか否か。

>《トライワイトゾーン》
どうやって☆1バニラを墓地に落とすかがカギだが、このカードの登場で★1エクシーズが幾分か出し易くなった。必ず3体指定しないといけないためそこそこ使い辛いが、可能性あるカード。ノーレアで手に入れづらいのが惜しい。

>《コピー・ナイト》
発動タイミングは限られるが、《ソウル・オブ・スタチュー》らとは違いランク4以外のエクシーズ召喚に使用することができる。また、カード名もコピーすることから、モンスターの通常召喚から《地獄の暴走召喚》へと繋げられる点は見逃せない。罠カードであるタイムラグを除けば、下手に《フォトン・リード》のようなカードを使うよりもカード消費もなく効率的である。

>《王者の看破》
さあ《ジェムナイト・アレキサンド》から《ジェムナイト・クリスタ》を呼ぼう。

>《闇の閃光》
リリースコストは攻撃力1500以上の闇属性と容易であり、単純に2体素材で出されたシンクロモンスターに打つだけでも2:2交換が狙える。そのターン内に特殊召喚されたモンスターを全て破壊できるため、流行ろうものならば攻撃力1500以上の闇属性モンスターがいるだけでシンクロ・エクシーズモンスターを展開し辛く、流行らなければ不意をついての大量アドバンテージへと繋げられる。

>《撤収命令》
《トライワイトゾーン》に続く今パック目玉のノーマルレアである。最近では場に残るカードはシンクロエクシーズばかりであるため少々使い辛い。他のカードとシナジーが形成できれば《マジカルシルクハット》とのコンボが狙える。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。