異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPXYZ(ABC) ≫ 「ユニオンヴァリーver.2.1」

「ユニオンヴァリーver.2.1」

モンスター(22枚)
召喚僧サモンプリースト
次元合成師(ディメンション・ケミストリー)
バトルフェーダー
ハウリング・ウォリアー
ネクロ・ガードナー
トラゴエディア
ジャンク・コレクター
サイバー・ドラゴン
サイバー・エルタニン×2枚
サイバー・ヴァリー
クリッター
カオス・ソーサラー
オネスト
Z-メタル・キャタピラー
Y-ドラゴン・ヘッド
X-ヘッド・キャノン
E・HERO プリズマー×2枚
A・ジェネクス・バードマン×3枚

魔法(15枚)
封印の黄金櫃×3枚
増援
精神操作
死者蘇生
月の書
強欲で謙虚な壺×2枚
闇の誘惑
モンスター・スロット×3枚
ハリケーン
E-エマージェンシーコール

罠(3枚)
神の宣告
異次元からの帰還
リビングデッドの呼び声

エクストラデッキ
A・ジェネクス・アクセル
A・ジェネクス・トライフォース×3枚
No.39 希望皇ホープ
XYZ-ドラゴン・キャノン
XY-ドラゴン・キャノン
XZ-キャタピラー・キャノン
YZ-キャタピラー・ドラゴン
キメラテック・フォートレス・ドラゴン
ブラック・ローズ・ドラゴン
レアル・ジェネクス・クロキシアン
虚空海竜リヴァイエール×2枚
氷結界の龍 ブリューナク


「PHOTON SHOCKWAVE」で登場した《モンスター・スロット》を採用した形です。
PHSWの考察記事でも書いたように《モンスター・スロット》は除外ソースとして優秀で、特にユニオンヴァリーではその力を遺憾なく発揮できます。例えば、今まで戦闘でのアドバンテージを失ってしまう初手《E・HERO プリズマー》(返しのターンに9割がた戦闘破壊されてしまう)が、返しのターンにレベル4モンスターを通常召喚することで、《モンスター・スロット》で《E・HERO プリズマー》を除外することができるようになり、デッキの潤滑へと変わります。(《E・HERO プリズマー》が除外出来れば、XYZパーツが揃い易く、早い段階で《異次元からの帰還》からの《XYZ-ドラゴン・キャノン》が狙えるのです)
今まで《E・HERO プリズマー》を除外すると言ったら《カオス・ソーサラー》か《ミラクル・フュージョン》と安定しませんでしたが、こう無理なく除外できるようになりデッキスピードはかなり上がったはずです。《異次元からの帰還》や《封印の黄金櫃》を引ける機会が増えるのも良点です。

また、ここまで除外することが利点になる《モンスター・スロット》ですが、同レベルモンスターを引いた際にそのモンスターを特殊召喚できる効果があるのもこのデッキにとっては非常に嬉しいです。手札に《A・ジェネクス・バードマン》があれば、1体を戻して《A・ジェネクス・トライフォース》へと即座に繋げることが可能ですし、XYZパーツが特殊召喚出来ようものなら合体、もしくはエクシーズ召喚へと繋がります。

このように「ユニオンヴァリー」とは最高の相性を誇る《モンスター・スロット》ですが、発動できるからと言って無暗に使いまくるのは危険です。《E・HERO プリズマー》があれば、その効果で即座に墓地を肥やすことができ、《モンスター・スロット》の発動条件を満たすのは簡単ですが、そこで発動してしまうと墓地から光属性機械族がなくなってしまい、後の《サイバー・エルタニン》が腐ってしまいます。《E・HERO プリズマー》が破壊されてからなど、発動タイミングは選んでいきたいですね。

《モンスター・スロット》のことを考えるとレベル4モンスターを多めに採用していきたいですが、増やしすぎると手札にかさばり事故に繋がってしまうため難しいところです。《E・HERO プリズマー》を増やして《未来融合-フューチャー・フュージョン》を採用すべきなのか、除外し易くなり腐り難くなった《次元合成師》の枚数を増やすべきなのか。《モンスター・スロット》を意識しすぎるのもいけない気がしますしね…難しいです><
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL