異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP考察 ≫ V JUMP EDITION 5

V JUMP EDITION 5

大盤振る舞いの人
使う予定はないんですけど、折角届いたので触れておこうかなーと。

>《フルエルフ》
手札のモンスターを見せることで、そのモンスターのレベル分レベルアップする魔法使い。レベルを上げる魔法使いと言えば《ガガガマジシャン》がいて、上げるだけならそっちの方が使い勝手がいい。《ガガガマジシャン》との違いは、属性、元のレベルとあるだろうが、一番の違いはシンクロ素材に出来る点。例えば、このカードを《見習い魔術師》や《エンジェル・リフト》から特殊召喚し、レベル3のチューナーを見せてそれを通常召喚すれば、レベル8のシンクロへと繋げられる。みんな大好き《ブラック・ガーデン》にも対応する攻撃力でもある。

>《チュウボーン》
何しに来た。流石にジュニアまでOCG化できないからこうなるだろうとは予想出来ていたが…。《洗脳解除》以外にあるのかな。

>《三連星のトリオン》
戦士族レベル1なので、《トゥルース・リインフォース》に対応。相手のエンドフェイズに《トゥルース・リインフォース》から《地獄の暴走召喚》し、自分のターンにアドバンス召喚する流れだろうか。しかしこのカードの特殊召喚タイミングはループを防ぐためかエンドフェイズであり、ただ展開して相手にターンを渡すことになる。出来れば《血の代償》《強制終了》あたりを用いて有効活用していきたいところ。

>《巨星のミラ》
効果はほぼ《No.83 ギャラクシー・クィーン》の効果破壊耐性バージョンである。自身は《ガチガチガンテツ》のような戦闘及び効果破壊のどちらにも対応してる耐性があるため、《No.83 ギャラクシー・クィーン》よりは場持ちも良く攻撃力は高め。《No.83 ギャラクシー・クィーン》との違いは、自身以外のモンスターに与える影響力がレベル4以下に下がっているところ。貫通と戦闘破壊耐性か、効果破壊耐性かで選んでいきたいところ。

>《シャインエルフ》
相手モンスターの攻守を下げる効果を内蔵したランク2エクシーズ。★2にしては1600とそこそこのステータスがあり、2100未満のモンスターなら戦闘破壊されない。が、もちろんこのカードが攻撃力を下げられるのは後から出てきたモンスターだけで、既に存在するモンスターには対応できないし、下げたところでアドバンテージには繋げづらいため、打点ある★2エクシーズとしてしか活躍できなさそう。1500ある《ダイガスタ・フェニクス》との100の差は埋められるだろうか…。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL