異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 「エクゾディアビート」TOPデッキレシピ ≫ 「エクゾディアビート」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

「エクゾディアビート」

モンスター(19枚)
封印されし者の左腕
封印されし者の左足
封印されし者の右腕
封印されし者の右足
封印されしエクゾディア
終末の騎士
金華猫×2枚
極星霊ドヴェルグ
極星霊デックアールヴ×2枚
バトルフェーダー
ジャンク・シンクロン×3枚
クリッター
キラー・トマト×3枚

魔法(8枚)
死者蘇生
月の書
下克上の首飾り×2枚
マジシャンズ・クロス
ブラック・ホール
トライワイトゾーン
ダーク・バースト

罠(13枚)
補充要員
聖なるバリア-ミラーフォース-
人海戦術×2枚
砂塵の大竜巻
極星宝レーヴァテイン
極星宝ブリージンガ・メン×3枚
窮鼠の進撃
リミット・リバース×2枚
リビングデッドの呼び声

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
No.39 希望皇ホープ
No.83 ギャラクシー・クィーン
アーカナイト・マジシャン
アームズ・エイド×2枚
スクラップ・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
フォーミュラ・シンクロン
ブラック・ローズ・ドラゴン
ベビー・トラゴン
巨星のミラ
極神皇ロキ
氷結界の龍 トリシューラ
氷結界の龍 ブリューナク


★1のエクシーズが本格的?に登場し、それに便乗するエクゾディアビート。
エクシーズもそれなりに種類が増え、以前のような《下克上の首飾り》を装備してのビートダウンが難しくなったため、様々な戦い方を模索していきます。あくまで《封印されし者の右腕》でのビートダウンが基本ですが、それが叶わないこともあるんだよ(´・ω・`)理想は★1エクシーズの連打ですが、現状だと★1の性能よりも出し難さと言う面での使い辛さが目立ちますね。

■《No.83 ギャラクシー・クィーン》
戦闘破壊耐性と貫通効果を与えるエクシーズ。ステータスは低いものの、自身の効果で解決済み。問題は表示変更からのサンドバックが辛い点と、このカードと相性がいい高打点が叩き出し辛いという点。《レインボー・ライフ》あたりが必要になるか、貫通を活かすべく《アームズ・エイド》とも相性が見込める《アヌビスの呪い》あたりを入れるべきか。

■《巨星のミラ》
こちらが与えるのは効果破壊耐性。戦闘に弱い《封印されし者の右腕》には合わせ辛い効果ですが、自身があらゆる破壊に耐性を持つのと、地味ながらもステータスが高いためそこそこの場持ちが見込めます。効果破壊耐性を持たせる利点は各種戦闘サポートが扱いやすく狙い易くなると言った感じ。

■《ベビー・トラゴン》
低ステータスの割に一切の耐性を持たない生きる《光学迷彩アーマー》。上記2枚が実用性なのに対して、こちらはネタ要因。ネタと言ってもただ弱いだけでなく、イメージが大切。このカードがエクゾディアパーツを運ぼうものなら、それはどう見てもバラバラ事件─死体遺棄である。

以下、追記からいくつかギミックの紹介を。

>《マジシャンズ・クロス》
このデッキでは《トライアングルパワー》と相互互換的なカードです。《トライアングルパワー》はエクゾパーツが1枚の時でも機能しますが、アップ数値は2000と《マジシャンズ・クロス》よりも低めで、自壊するデメリット付き。逆に《マジシャンズ・クロス》は2体以上必要な代わりに3000になるというメリットがあります。主に使う場面というのが、1体エクゾパーツが存在する時に、《ジャンク・シンクロン》おr《金華猫》からのシンクロ・エクシーズで、《ジャンク・シンクロン》であればシンクロする前に《マジシャンズ・クロス》を撃てば、片方が攻撃できないデメリットはないようなものですし、そこから《アームズ・エイド》を装備できれば攻撃力がいくつになるか調整中なものの高いダメージが狙えます。これを発動しつつ、攻撃力を上げた《封印されし者の右腕》を《ベビー・トラゴン》で直接攻撃しに行かせたいんですけどね…。

>《極星宝ブリージンガ・メン》
似たような効果を持つ《パワー・フレーム》や《聖なる鎧 -ミラーメール-》と違いフリーチェーンであるのがミソです。《マジシャンズ・クロス》と同様に、このカードの効果を適用させたモンスターに《アームズ・エイド》を装備させるのもいいですし、《ベビー・トラゴン》で直接攻撃を狙うのも面白いです。あまり効率的でないものの《窮鼠の進撃》で払うライフを減らすこともできますね。《極星霊ドヴェルグ》で回収できるという点も見逃せません。

>《極星宝レーヴァテイン》
《極星霊ドヴェルグ》で回収できる選択肢として採用。主に《人海戦術》のあるエクゾパーツやリクルーターである《キラー・トマト》とのコンボを狙います。

総括
もっと★1を出せる構築にしたいですね。《極星宝ブリージンガ・メン》や《マジシャンズ・クロス》は《ベビー・トラゴン》と相性いいですし、下手なシンクロを狙うよりもエクゾパーツの存在意義も消さずに戦前維持やコンボの軸として動けるのが魅力的です。今のところ《トライワイトゾーン》が有力候補なのかもしれませんが、落とす手間と3体も落ちれば《補充要員》やらの存在がチラついて…。★1の効果を自重しすぎたことに気が付いて、そこから☆1を展開するカードが他にも出てくれると嬉しいんですけどね。まだまだ発展途上であります。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。