異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPXYZ(ABC) ≫ 「ユニオンヴァリーver.2.3」

「ユニオンヴァリーver.2.3」

モンスター(20枚)
召喚僧サモンプリースト
次元合成師(ディメンション・ケミストリー)
ハウリング・ウォリアー
ジャンク・コレクター
ジェネクス・ニュートロン
サイバー・ドラゴン
サイバー・エルタニン×2枚
サイバー・ヴァリー
クリッター
カオス・ソーサラー
アンノウン・シンクロン
Z-メタル・キャタピラー
Y-ドラゴン・ヘッド
X-ヘッド・キャノン
E・HERO プリズマー×2枚
A・ジェネクス・バードマン×3枚

魔法(13枚)
封印の黄金櫃×3枚
精神操作
死者蘇生
月の書
強欲で謙虚な壺×3枚
闇の誘惑
モンスター・スロット
サイクロン×2枚

罠(7枚)
奈落の落とし穴×2枚
聖なるバリア-ミラーフォース-
神の宣告
砂塵の大竜巻
激流葬
異次元からの帰還

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
A・ジェネクス・アクセル
A・ジェネクス・トライフォース×3枚
No.30 破滅のアシッド・ゴーレム
No.39 希望皇ホープ
XYZ-ドラゴン・キャノン
XZ-キャタピラー・キャノン
アーカナイト・マジシャン
キメラテック・フォートレス・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
ブラック・ローズ・ドラゴン
レアル・ジェネクス・クロキシアン
虚空海竜リヴァイエール


今期最後の構築。なんでまだ旧制限なのかと言うと、「ミソのデュエルのミソ」のオフ会が3月制限だったからなんですね。そのために煮詰められるとこまで煮詰めて、本日挑んできましたが、予想以上に噛み合わない時があったりXYZが出せなかったりで要所要所で負けてしまいました><;もっとプレイングとか磨いていきたいですね。
旧制限ですが、簡単にそれぞれの役目だけメモ的な意味も含めて書いときます。

>《召喚僧サモンプリースト》
主に1枚でシンクロするためのカード。これから《次元合成師》《E・HERO プリズマー》を呼ぶことで、それらのモンスターの効果を使いつつ《A・ジェネクス・トライフォース》に、《E・HERO プリズマー》を手札に戻しつつ《アーカナイト・マジシャン》をシンクロ召喚することができます。また、(このカードを戻して《A・ジェネクス・バードマン》を特殊召喚した後に)《闇の誘惑》で除外することで《虚空海竜リヴァイエール》からの展開も狙えます。

>《次元合成師》
戦前維持である《A・ジェネクス・トライフォース》で最もセットしたいモンスターであり、除外ゾーンを肥やせるアド損しないモンスター。《異次元からの帰還》がデッキから抜かれてない状態での効果の発動は、このデッキの《XYZ-ドラゴン・キャノン》の召喚手段を失いかねないので、最悪の場合を除き発動しないのが無難です。

>《ハウリング・ウォリアー》
《A・ジェネクス・バードマン》がない時の《サイバー・エルタニン》の処理手段として採用。《サイバー・エルタニン》でフィールドを空けたのちに《虚空海竜リヴァイエール》からの展開、《No.30 破滅のアシッド・ゴーレム》の3000を叩きこめます。また、《精神操作》で操作ヴァリーならぬ操作ハウリングといったことも。《アンノウン・シンクロン》と《氷結界の龍 ブリューナク》が出せるものの、出せるパターン流れから今回は入れませんでしたが、やはり何回か欲しくなる場面はありましたね…。

>《ジャンク・コレクター》
《異次元からの帰還》が阻害された、もしくは2発目の《異次元からの帰還》としての採用でしたが、オフ会では《異次元からの帰還》を打てる機会が少な過ぎて1度も使用される場面はありませんでしたwとはいっても必要な存在ではあると思うので、”帰還を打ちやすくする”これに限ります。

>《ジェネクス・ニュートロン》
《E・HERO プリズマー》やその他パーツとの兼ね合いで召喚権が足りなくなることから敬遠してましたが、《アンノウン・シンクロン》を採用し選択肢が増えたことから採用してみたところ、中々に活躍してくれました。元々手札に《サイバー・エルタニン》がある状況で《A・ジェネクス・バードマン》をサーチすることで、《サイバー・エルタニン》からの《A・ジェネクス・バードマン》の流れが揃うんですよね。デッキのテンポを重視するなら、《E・HERO プリズマー》を1枚にし、このカードを2枚積みしても良かったかなーという気がします。

>《サイバー・ドラゴン》
打点、シンクロ素材、《サイバー・エルタニン》のコスト、《A・ジェネクス・バードマン》の起点としての採用。そして機械族相手には《E・HERO プリズマー》から《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》に吸収できます。

>《サイバー・エルタニン》
このデッキ最大の武器―というと《XYZ-ドラゴン・キャノン》が霞んでしまいますので、最大の除去要員としておきましょうか。「墓地送り」「対象を取らない」―自分が知る遊戯王の中で最も除去範囲の広い除去カードでもあると思っています(`・ω・´)このカードの除去から《A・ジェネクス・バードマン》での《A・ジェネクス・トライフォース》、そして切り返しに《サイバー・エルタニン》がこのデッキの最大の強みでもあります。

>《サイバー・ヴァリー》
デッキ名を冠してるわりにはちょっと存在が薄くなってしまいました。このカードを使おうとすると場ががら空きになってしまいがちで、それを防ぎつつこのカードでの2ドローするのは難しいんですよね。それでもこのカードがないと《異次元からの帰還》から《XYZ-ドラゴン・キャノン》を出せても手札が足りなくなることはあるので抜きたくはないのですが…。

>《クリッター》
このカードを入れると《氷結界の龍 ブリューナク》と《リビングデッドの呼び声》、そして《ネクロ・ガードナー》まで入れたくなってしまうんですけどね。主に闇属性を墓地に送ること、《召喚僧サモンプリースト》や《A・ジェネクス・バードマン》をサーチしてデッキの潤滑を良くするのが目的です。

>《カオス・ソーサラー》
《サイバー・エルタニン》ほど除去能力は高くないものの、墓地を肥やさせず、レベルが低くくシンクロ素材にできる《サイバー・エルタニン》にはない強みがあります。特に《アンノウン・シンクロン》や墓地の肥え具合によっては《A・ジェネクス・バードマン》と召喚権を使用せずに《アーカナイト・マジシャン》や《レアル・ジェネクス・クロキシアン》に繋げられます。

>《アンノウン・シンクロン》
《ジェネクス・ニュートロン》でサーチすることができ、下級の低ステータスを補うことができます。詳しくは前回の記事で書いていますので。

>《Z-メタル・キャタピラー》《Y-ドラゴン・ヘッド》《X-ヘッド・キャノン》
手札に来てほしいカードでは決してないので、《E・HERO プリズマー》を守ってでも序盤に墓地に落としたいカードです。とはいっても、3積みしてるようなものなので、どうしても手札には来るんですよね。その際はシンクロ素材―以外の活用方法もないとキツイ気がするんですけどね…そううまくいかないのが現状です。

>《E・HERO プリズマー》
このカード1枚でXYZどれにでも変身することができるため、初速、帰還後の合体において必要不可欠な存在です。このカードに関しても詳しく書いてある記事がありましたので、そちらを参照ください。

>《A・ジェネクス・バードマン》
《異次元からの帰還》の次に重要なカードであり、《A・ジェネクス・トライフォース》のシンクロ素材には欠かせない1枚。《サイバー・エルタニン》から特殊召喚し、シンクロエクシーズに繋げるもよし、《次元合成師》や《E・HERO プリズマー》を使い回すもよしです。基本的には除外させたいカードですが、《異次元からの帰還》から展開した場合、除外されないのを利用し、星5と《A・ジェネクス・アクセル》になった後、《A・ジェネクス・アクセル》の効果でこのカードを蘇生、適当な星4光とシンクロし《A・ジェネクス・トライフォース》に繋げ、そこから《XYZ-ドラゴン・キャノン》を特殊召喚するのが理想的な流れです。(それでも8000に届かないんですけどね!)


>《封印の黄金櫃》
基本的に《異次元からの帰還》を除外できれば仕事の8割は完了で、2枚目3枚目は《召喚僧サモンプリースト》のコストや《次元合成師》でモンスターをめくれなかったもしくは手札に加えたいカードを除外して無理やりこじ開けます。《異次元からの帰還》を打つ際に、足りないカードを除外することもよくやったり。

>《精神操作》
《サイバー・ヴァリー》《ハウリング・ウォリアー》と相性がよく、他にもチューナーを手札に持てるためでの採用です。

>《死者蘇生》
言わずもがな。

>《月の書》
戦闘破壊できないとアド損ということで抜いてしまってたカードなんですが、シンクロ―特に《氷結界の龍 トリシューラ》を妨害できるカードがあまりにも少なく採用…のはずが《No.30 破滅のアシッド・ゴーレム》を裏っかえすプレイングは意外とアリな感じでした。とはいってもオフ会では《No.30 破滅のアシッド・ゴーレム》よりも《虚空海竜リヴァイエール》の方が状況的に強かったんですが。

>《強欲で謙虚な壺》
《異次元からの帰還》を引かないことには意味がないので、このカードで《封印の黄金櫃》を全力でサーチしにいきます。

>《闇の誘惑》
これだけ闇属性があるなら採用しない手はないですよねってことで《強欲で謙虚な壺》と《封印の黄金櫃》を引きにかかります。

>《モンスター・スロット》
当初は何これ相性YABEEEって3積みしてたものの、だんだんと回してるうちに打てない時が多かったので1枚に減らしちゃいました。それと抜いたもう1つの理由として、初手で来ると(《召喚僧サモンプリースト》がない限り)完全に腐ってしまうというのが嫌で、これと一緒に《サイバー・エルタニン》や《カオス・ソーサラー》が被った時が悲惨すぎるので、その確率を少しでも減らしたいってのが一番の理由ですね。相性に関してはこちら

>《サイクロン》
《サイクロン》が2枚かさばるのが嫌いで避けてたんですけど、やはり伏せをどかさない限りはと、《召喚僧サモンプリースト》のコストも兼ねて2枚積みにしました。使い方次第ではアドが取れるカードですが、その辺が中々難しい。


>《奈落の落とし穴》
打点の低い《E・HERO プリズマー》や《A・ジェネクス・トライフォース》は維持できればデッキの潤滑、アドバンテージ差を広げることができるのと、《サイバー・エルタニン》以外に除去が少ないのも気になっていたので。

>《聖なるバリア-ミラーフォース-》
言わずもがな…と、《奈落の落とし穴》と同じく打点の低い優秀なモンスターを守りたいって理由からですね。

>《神の宣告》
このカードを使えるほどのカードパワーと1ショットが狙えるかは怪しいところですが、《異次元からの帰還》その他もろもろかみ合わせが強いこのデッキでは、流れを止められると辛いものがあるので。

>《砂塵の大竜巻》
相手のエンドフェイズに伏せを除去しつつ《異次元からの帰還》を伏せられればという意味も込めて。

>《激流葬》
アドバンテージを取れる手段のひとつとして。《次元合成師》《クリッター》等シナジーするカードも少なくないですしね。しかし前者はチェーン2以降で発動するとタイミングを逃すので注意が必要です。

>《異次元からの帰還》
このデッキの核。すべてはこのカードのためにデッキを動かすと言っても過言ではなく、それだけ高いアドバンテージを生みだし、《XYZ-ドラゴン・キャノン》を出す手段となります。しかし《奈落の落とし穴》で複数飛ぶことも考えるとチェーン2以降で発動するのも一考かもしれません。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL