異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPXYZ(ABC) ≫ 「ユニオンヴァリーver.4.0」

「ユニオンヴァリーver.4.0」

モンスター(22枚)
次元合成師(ディメンション・ケミストリー)
機皇兵グランエル・アイン
バトルフェーダー
ハウリング・ウォリアー
トラゴエディア×2枚
ジャンク・コレクター
サイバー・ドラゴン
サイバー・エルタニン×3枚
サイバー・ヴァリー
カオス・ソルジャー -開闢の使者-
カオス・ソーサラー
Z-メタル・キャタピラー
Y-ドラゴン・ヘッド
X-ヘッド・キャノン
E・HERO プリズマー×2枚
A・ジェネクス・バードマン×3枚

魔法(13枚)
封印の黄金櫃×3枚
大嵐
精神操作
死者蘇生
月の書
強欲で謙虚な壺×3枚
ブラック・ホール
サイクロン×2枚

罠(5枚)
奈落の落とし穴
聖なるバリア-ミラーフォース-
異次元からの帰還
カオス・インフィニティ×2枚

エクストラデッキ
A・ジェネクス・アクセル
A・ジェネクス・トライフォース×3枚
No.30 破滅のアシッド・ゴーレム
No.39 希望皇ホープ
XYZ-ドラゴン・キャノン
XY-ドラゴン・キャノン
XZ-キャタピラー・キャノン
YZ-キャタピラー・ドラゴン
インヴェルズ・ローチ
キメラテック・フォートレス・ドラゴン
ブラック・ローズ・ドラゴン
レアル・ジェネクス・クロキシアン
虚空海竜リヴァイエール


全体的な動きのサポートとして《カオス・インフィニティ》を採用した形。
《カオス・インフィニティ》を採用することで…
・シンクロし易くなる
・特殊召喚した機皇兵を《A・ジェネクス・バードマン》で使い回すことができる
・《A・ジェネクス・トライフォース》でセットしたモンスターの効果を即発動できる
・《機皇兵グランエル・アイン》によるメインに足りないアタッカー要員
といった動きが期待できます。
素の攻撃力が高く、属性面でカオスのコストにできる《機皇兵ワイゼル・アイン》ではなく《機皇兵グランエル・アイン》を選んだのは、手札に来た時の有益さと、《カオス・インフィニティ》による特殊召喚から機皇兵を《A・ジェネクス・バードマン》で戻す場面が多かったからですね。

欠点としてはやはり”罠である”という遅さがあります。デッキ自体の下級が脆く、安定した動きがし辛いこのデッキではその遅さと相まってちょっと使い辛いかなと言う印象を受けました。
構成をガラリと変えてリバースモンスターを積極的に採用した方がいいんですかね。今はまた別の形のXYZを試してます…><;
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL