異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ デステニーゼータ雑感TOPゼータ ≫ デステニーゼータ雑感

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

デステニーゼータ雑感

不採用カードについていくつか。

>《召喚僧サモンプリースト》
「デステニーゼータ」――というかゼータデッキ自体《ラヴァルバル・チェイン》が来たから再び練ろうと思いいたったのですが、今回のデッキには《ラヴァルバル・チェイン》のためのこのカードは微妙でした。
どうしても単体で動かすことになってしまう《終末の騎士》《ダーク・グレファー》の枚数を抑え、早いターンでの墓地肥し―《D-HERO ダッシュガイ》を落としつつ《銀河眼の光子竜》をデッキトップに―なんてやってたんですが、最終的な切れる魔法の少なさや数枚の《ダーク・グレファー》で事足りるように感じたので不採用です。

>《インフェルニティ・リベンジャー》
ハンドレス軸での問題点、トークンでの《インフェルニティ・リベンジャー》の蘇生ができない点が《暴走闘君》によって補えたかのように思えましたが、ハンドレスにしてぶん回して勝つインフェルニティと違い、ハンドレスを維持しながら戦ってくのはこのデッキに組み込むには重すぎるように感じます。

>《D-HERO ドレッドガイ》
《D-HERO デビルガイ》2体釣り上げてからの除外&《虚空海竜リヴァイエール》での帰還という発想も、このカードの出し辛さで妄想に終わる。このカードを出すためのパーツにかなりのスペースを取られてしまうとこもあって、ゼータで使うには難しい感じ。それでもちょっとやってみたい流れもあるので、一度このカードを軸としたデッキを組んで、枚数とかその辺の感触を掴んでみます。でもっていい構成を思いついたらゼータにも入れてやりたいですね。
関連記事

Comment

編集
ツイッタではイッパイ書けないのでコチラに…
【血とドレッド】
モンスタ21
ドレッドルート2
ドレッドガイ2
ブルーD2
ドレッドサバト3
ドレッドドラゴン3
ヘルブラット3
キラトマ2
グレイブスクワーマ2
A・Jバード2

魔法12
幽獄の時計3
サイク2
テラフォ2
痛み分け2
Dドロー2
蘇生1

罠8
血の代償3
エターナルD2
血の沼地1
リビデ2

シンクロ
ブラッドメフィスト

~~~~~~~~
血のイメージカードが見当たらないorz
2011年11月08日(Tue) 15:02
編集
「ブラッド」と名のつくカードは意外と数はありますが、案外”血”って感じのカードは少ないですよね。

ランク4エクシーズに血のカードが来れば、ブラッドヴォルス・スカルブラッド号をレスキューラビットで…みたいな感じのもできそうですねw
2011年11月09日(Wed) 13:36












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。