異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPスポンサー広告 ≫ 「ユニオンヴァリーver.6.0」TOPXYZ(ABC) ≫ 「ユニオンヴァリーver.6.0」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

「ユニオンヴァリーver.6.0」

モンスター(21枚)
次元合成師(ディメンション・ケミストリー)
異次元の女戦士
バトルフェーダー
ハウリング・ウォリアー
トラゴエディア
ジャンク・コレクター
シャインエンジェル×2枚
サイバー・エルタニン×2枚
サイバー・ヴァリー
カオス・ソルジャー -開闢の使者-
カオス・ソーサラー
Z-メタル・キャタピラー
Y-ドラゴン・ヘッド
X-ヘッド・キャノン
E・HERO プリズマー×2枚
A・ジェネクス・バードマン×3枚

魔法(16枚)
封印の黄金櫃×3枚
増援
精神操作
死者蘇生
混沌空間(カオス・ゾーン)×2枚
月の書
強欲で謙虚な壺×3枚
闇の誘惑
モンスター・スロット×2枚
テラ・フォーミング

罠(3枚)
奈落の落とし穴
聖なるバリア-ミラーフォース-
異次元からの帰還

エクストラデッキ
A・ジェネクス・アクセル
A・ジェネクス・トライフォース×3枚
No.39 希望皇ホープ
XYZ-ドラゴン・キャノン
XY-ドラゴン・キャノン
XZ-キャタピラー・キャノン
YZ-キャタピラー・ドラゴン
インヴェルズ・ローチ
ブラック・ローズ・ドラゴン
ラヴァルバル・チェイン
レアル・ジェネクス・クロキシアン
虚空海竜リヴァイエール×2枚


《混沌空間》採用型の「ユニオンヴァリー」です。
以前の構築から《BF-精鋭のゼピュロス》《安全地帯》を抜き、除外ソースを多めに搭載しています。

◆《異次元の女戦士》
戦士族が増えることで《増援》に選択肢が生まれ、《混沌空間》にカウンターを2つ溜められます。
《シャインエンジェル》からのリクルートが可能で、《サイバー・エルタニン》では手の届かないような単体の除去も行え、スタートモンスターとしても機能します。
また、除外され易いことで、《異次元からの帰還》からの《A・ジェネクス・トライフォース》の素材としても利用でき(注1)、もし除去されようと《A・ジェネクス・トライフォース》でセットする候補として優秀です。《虚空海竜リヴァイエール》《混沌空間》で単体で特殊召喚するのにも便利ですしね。

(注1)《E・HERO プリズマー》とXYZパーツいずれかが除外されていて手札に《A・ジェネクス・バードマン》が存在する際に《異次元からの帰還》を発動した場合、《E・HERO プリズマー》の効果でXYZパーツを1体墓地へ、その《E・HERO プリズマー》をコストに《A・ジェネクス・バードマン》を特殊召喚、戻した《E・HERO プリズマー》を再度召喚しXYZパーツを墓地へ。
この時フィールドには《A・ジェネクス・バードマン》とXYZパーツいずれか、XYZパーツの名称を持つ《E・HERO プリズマー》が存在し、墓地には3体目のXYZパーツもいることになります。ここでは《A・ジェネクス・トライフォース》を出しても2体合体までしかできませんが、帰還の際光属性レベル4のモンスターがもう1体帰還出来るだけで、《A・ジェネクス・トライフォース》と《XYZ-ドラゴン・キャノン》の布陣を作ることが可能になります。

◆《カオス・ソーサラー》
《混沌空間》のカウンターを溜めるには「カオス」はもってこいです。ただ今まで通りの構築にこのカードを入れただけでは闇属性が足らず事故を起こしてしまうので、些細ながらも《バトルフェーダー》と《ハウリング・ウォリアー》を採用しています。この2枚で《虚空海竜リヴァイエール》を作ることで、《バトルフェーダー》を除外せずカオスのコストとして墓地へ送ることが可能です。

◆《混沌空間》
主に特殊召喚するのはXYZパーツやそれになれる《モンスター・スロット》で除外した《E・HERO プリズマー》、《異次元の女戦士》になります。XYZパーツは、相手の場に2体合体で除去できる対象が存在する時に帰還させることが殆どですね。2体合体のスペック…というか打点がそこまで高くはなくても、再びカウンターは2つ溜まるので、次の展開に支障をきたさないのが利点です。
終盤や《異次元からの帰還》発動後であれば、カウンターが複数のってることも多く、《封印の黄金櫃》で《ジャンク・コレクター》除外からの《異次元からの帰還》や、《サイバー・エルタニン》からの《XYZ-ドラゴン・キャノン》帰還が可能です。


◆総括
《混沌空間》の登場で、かなり2体合体がやり易くなった印象です。ただやはり《混沌空間》は1枚《テラ・フォーミング》に変えても嵩張れば動きが少し鈍りますし、何より《異次元からの帰還》2発目の《ジャンク・コレクター》が邪魔すぎます。正直《ジャンク・コレクター》は抜いてしまいたいんですが、《異次元からの帰還》が不発に終わってしまうと《XYZ-ドラゴン・キャノン》は出せないようなものなので困ったもんなんですよね…。《異次元からの帰還》に頼らずに《XYZ-ドラゴン・キャノン》が出せれば問題ないのですが…。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。