異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP考察 ≫ セイクリッドを出張させよう

セイクリッドを出張させよう

メシエセブン

《セイクリッド・トレミスM7》
ランク6/光属性/機械族/攻2700/守2000
レベル6モンスター×2
このカードは自分フィールド上の「セイクリッド・トレミスM7」以外の「セイクリッド」と名のついたエクシーズモンスターの上にこのカードを重ねてエクシーズ召喚する事もできる。この方法で特殊召喚したターン、このカードの効果を発動できない。1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除き、自分または相手のフィールド上・墓地に存在するモンスター1体を選択して発動できる。選択したモンスター1体を持ち主の手札に戻す。

セイクリッドで唯一縛りのないエクシーズで、尚且つ現在判明しているランク6の中で最も汎用性が高いと思われるカードです。このカード一番の特徴は、《CNo.39 希望皇ホープレイ》のようにセイクリッドエクシーズに重ねてエクシーズ召喚できるというところにあります。たとえランク6が出せるようなデッキでなくとも、他のセイクリッドエクシーズが出せれば、このカードも出せるということです。

そこで気になるのがこのカード以外のセイクリッドエクシーズですが、どれも中々に手ごわいステータスをしています。もっともORUの消費が激しいであろう《セイクリッド・プレアデス》の縛りは光属性ですが、ランク5と出せるデッキが限られています。同じく光属性縛りの《セイクリッド・ヒアデス》もランク3と難しい(光属性レベル3には使いやすいモンスターが少ないんですよね)。
この《セイクリッド・トレミスM7》と同じ弾で登場する《セイクリッド・ビーハイブ》は、ランク4ながらも素材にセイクリッドしか使えないため、出張が難しいセイクリッド内でしか使えそうにありません。

そんな出し辛いモンスターしか存在しない中、オーバーレイガイドに収録される《セイクリッド・オメガ》なるモンスターが判明しました。
オメガ

《セイクリッド・オメガ》
ランク4/光属性/獣戦士族/攻2400/守 500
光属性レベル4モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。自分フィールド上の全ての「セイクリッド」と名のついたモンスターは、このターン魔法・罠カードの効果を受けない。この効果は相手ターンでも発動できる。

ランク4の光属性縛りであり、セイクリッドエクシーズの中では最も出し易いのではないでしょうか。攻撃力はランク4の中では中間サイズながら《禁じられた聖槍》を内蔵していて、単体でも機能するためそこそこ使いやすそうです。
《セイクリッド・トレミスM7》はエクシーズチェンジしたターンには効果が発動できないというのが非常にネックですが、光属性が2体並べられる状況には《禁じられた聖槍》持ちの2400か、2700打点のモンスターを出すことができるようになりますね。ランク4しか出せないデッキながら《セイクリッド・トレミスM7》も出せるようになれば、状況に応じた除去、もしくは墓地のモンスターの回収が行えるので、デッキの戦術の幅が広まります。
また、まだ発売されたわけではないので確実ではないのですが、もしかしたら《セイクリッド・オメガ》の効果を発動後《セイクリッド・トレミスM7》にエクシーズチェンジすることで、《セイクリッド・トレミスM7》を《奈落の落とし穴》《次元幽閉》等から守ることができるかもしれません。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL