異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPマーシャル ≫ 「スペースタイムマーシャル」

「スペースタイムマーシャル」

モンスター(24枚)
墓守の番兵
墓守の偵察者×3枚
沈黙のサイコウィザード×2枚
寡黙なるサイコプリースト×2枚
レベル・スティーラー×2枚
マックス・テレポーター×3枚
スペースタイムポリス×3枚
ジャンク・シンクロン×3枚
サイコ・コマンダー×3枚
カバリスト×2枚

魔法(13枚)
貪欲な壺
増援
死者蘇生
月の書
緊急テレポート
強欲で謙虚な壺×3枚
簡易融合(インスタントフュージョン)×2枚
おろかな埋葬
アポート×2枚

罠(3枚)
リビングデッドの呼び声×2枚
サイコ・チューン

エクストラデッキ
A・O・J フィールド・マーシャル×2枚
アーカナイト・マジシャン
アームズ・エイド
カオス・ウィザード
サイコ・ヘルストランサー
スターダスト・ドラゴン
ダイガスタ・エメラル
ハイパーサイコガンナー
ラヴァルバル・チェイン
音楽家の帝王(ミュージシャンキング)
始祖の守護者ティラス
漆黒のズムウォルト
氷結界の龍 トリシューラ
氷結界の龍 ブリューナク


《スペースタイムポリス》を軸とした《A・O・J フィールド・マーシャル》デッキ。
《スペースタイムポリス》を特殊召喚し、《ジャンク・シンクロン》や《マックス・テレポーター》からの星9シンクロを狙います。

《スペースタイムポリス》の特殊召喚手段には、《死者蘇生》や《リビングデッドの呼び声》に加えて《沈黙のサイコウィザード》《寡黙なるサイコプリースト》《アポート》《サイコ・チューン》を採用。特に《アポート》は、手札に来た《スペースタイムポリス》を無理なく活かせ、下準備なしに《A・O・J フィールド・マーシャル》へと展開できる強みがあります。《カバリスト》で《スペースタイムポリス》をサーチし《アポート》で特殊召喚、《ジャンク・シンクロン》で《カバリスト》を蘇生しつつ《A・O・J フィールド・マーシャル》もしくは《ハイパーサイコガンナー》へと繋げるのが理想ですね。
また、《サイコ・チューン》は蘇生したモンスターをチューナー扱いとしてしまいますが、そこから《始祖の守護者ティラス》に繋げるもよし、《レベル・スティーラー》と星4で《A・O・J フィールド・マーシャル》になることもできます。

《マックス・テレポーター》は《スペースタイムポリス》をリリースし出すのが狙い。《スペースタイムポリス》はその効果の発動トリガーから通常召喚権を残してるため、リリースに困ることは基本的にはないです。《マックス・テレポーター》から《A・O・J フィールド・マーシャル》に繋げる場合、《レベル・スティーラー》が必要となりますが、そこは《墓守の偵察者》からの《ラヴァルバル・チェイン》や、手札に来てるのを《マックス・テレポーター》からの《寡黙なるサイコプリースト》で捨てられるため、あまり問題ではありません。
《マックス・テレポーター》+《サイコ・コマンダー》+《レベル・スティーラー》で出すことになりますが、《マックス・テレポーター》で特殊召喚するもう1体のモンスターを《サイコ・コマンダー》にすれば《アームズ・エイド》が出せ、元々《レベル・スティーラー》が墓地に落ちているのであれば《スペースタイムポリス》のレベルを下げて《マックス・テレポーター》のリリース要員にし、《A・O・J フィールド・マーシャル》と《サイコ・ヘルストランサー》を並べることもできます。

余談ですが、《A・O・J フィールド・マーシャル》を強く見せるにはどうすればいいんでしょうね。《A・O・J フィールド・マーシャル》を出す一連の動きはすごい強そうなのに、どうも裏守備を殴って1ドローというのが地味に思えます。派手に見せるなら複数回攻撃が望ましいんでしょうけど、複数回攻撃を付加できる装備魔法は誓約等で使い辛く、《閃光の双剣-トライス》は手札コスト故に2ドローしてもアドになってないという。《拡散する波動》は種族面で壁もあるので困ったものです。これだけのカードプールで裏守備にするカードが少ないのも辛いですね…。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL