異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPスポンサー広告 ≫ 2012TOP雑記 ≫ 2012

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

2012

年も明けてもう2012年なんですねー。やはり1年って早い気がします。
去年も一昨年のように”今年のカード”をやろうかなぁなんて思ったんですが、これ!といったカードもないのでやめときました><;
《A・ジェネクス・トライフォース》《次元合成師》のような綺麗なギミックを作れなかったのも悔いが残るところですが、今年は普段触れないカードにも触れていきたいですね。

そんなわけで、今考えてる流れをでも。
●《光帝クライス》+《魂の綱》
《光帝クライス》はデメリットも相まって自身を破壊することが多く、効果発動後場が空になりがちなところを《魂の綱》で補おうというコンボですね。《魂の綱》はレベル4に限られますが、サーチし辛い《ライオウ》等のアタッカーを呼んだり、リクルーターを呼ぶことで防御を敷いたりと、攻守に渡って使えるカードです。ただ、ダメステでの発動ができないので、戦闘破壊に対応してないので注意です。
《光帝クライス》ということで、《D・D・R》や《リビングデッドの呼び声》あたりとシナジーを繋げていきたいですね。《霊魂の護送船》や《放浪の勇者 フリード》も良さげです。

●《クリッター》or《エア・サーキュレーター》+《リミット・リバース》+《魂の綱》
《リミット・リバース》の自壊効果を活かし、《魂の綱》の発動トリガーにします。通常召喚権を行使せずにレベル4モンスターをデッキから特殊召喚しつつ、サーチまたはドローができるので、デッキを潤滑させつつモンスターの展開が狙えます。

他にもまだいくつかやりたいことはあるんですが、特にこの2つは様々なカードと組み合わせられそうですし、デッキを潤滑させつつ展開できるため、デッキの可能性を広げてくれると思います。これを軸にコンボを積め込んだデッキを作るのもいいですし、サブギミックとしても使ってみたいですね。

それでは、今年もこのブログ異次元旅行と、遊戯王で放課後にデュエルしてみたをどーぞよろしくお願いします!皆さんよいお年を><*
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。