異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPXYZ(ABC) ≫ 帰還なしでのXYZ

帰還なしでのXYZ

今までの構築がどれも《異次元からの帰還》に頼りっぱなしなので、《異次元からの帰還》なしでの構築を考えてるんですが、どうにもしっくりくるのが見つからないんですよねぇ。考えがまとまらないのでメモ程度に。

《D・D・R》、《混沌空間》、召喚権を使わずに《虚空海竜リヴァイエール》を出せたとしても、通常召喚権からの2体合体が限界で、《D・D・R》と《混沌空間》を組み合わせられるヴァリーターボ型(《機械複製術》《D・D・R》で手札消費を抑えながら回すデッキ)が1番かなぁという気がします。といってもコンボ性が強いので、今まで以上に妨害に脆くなるんですけどね…。

《リビングデッドの呼び声》はその分増えた蘇生カードで、蘇生カード×2と通常召喚権で出せることは出せるんですが、単純に3枚消費での《XYZ-ドラゴン・キャノン》ですし、そこから手札コストも必要なので強さが感じられないんですよね。それに《サイバー・エルタニン》と噛み合いませんし。

《D・D・R》の手札コストが辛いので、《エクシーズ・リボーン》で《虚空海竜リヴァイエール》を蘇生することで疑似帰還カードとして使おうかとも思いましたが、そこまで余裕あるデュエルができるか怪しいところ。
2体合体を軸に、《次元誘爆》とその補助に《パラドックス・フュージョン》を入れた構築も試してみましたが、やはり《次元誘爆》で解除からの3体合体が狙えるほど簡単じゃなかったです。

《A・ジェネクス・トライフォース》あたりに《安全地帯》をつけてワンチャンを狙うか、やはり《異次元からの帰還》に頼るべきなのか…。序盤のうちなら《ヒーロー・シグナル》の可能性も捨てきれないのですが、《E・HERO プリズマー》を複数入れづらいXYZでは厳しいところです。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL