異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 「ドレッドギンガver.3.0」TOPドレッドギンガ ≫ 「ドレッドギンガver.3.0」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

「ドレッドギンガver.3.0」

モンスター(17枚)
銀河眼の光子竜(ギャラクシーアイズ・フォトンドラゴン)×3枚
Sin スターダスト・ドラゴン×2枚
E・HERO フォレストマン
E・HERO エアーマン
D-HERO ドレッドガイ×3枚
D-HERO デビルガイ×3枚
D-HERO ダッシュガイ×2枚
D-HERO ダイハードガイ×2枚

魔法(19枚)
貪欲な壺
融合
幽獄の時計塔×3枚
大嵐
増援
死者蘇生
ブラック・ホール
トレード・イン×3枚
テラ・フォーミング×2枚
デステニー・ドロー×2枚
D-フォーメーション×3枚

罠(9枚)
聖なるバリア-ミラーフォース-
リビングデッドの呼び声×2枚
ダメージ・コンデンサー×3枚
エターナル・ドレッド×3枚

エクストラデッキ
E・HERO The シャイニング
E・HERO エスクリダオ
No.17 リバイス・ドラゴン
No.20 蟻岩土ブリリアント
No.30 破滅のアシッド・ゴーレム
No.39 希望皇ホープ
V・HERO アドレイション
V・HERO トリニティー
セイクリッド・トレミスM7
ダイガスタ・エメラル
ツイン・フォトン・リザード
ラヴァルバル・チェイン
虚空海竜リヴァイエール
発条機雷ゼンマイン
超銀河眼の光子龍


《超銀河眼の光子龍》が来るということで改めて組み直してみました。
《D-フォーメーション》にカウンターを乗せる上で《D-HERO ダイヤモンドガイ》は最も扱い易いんですが、小回りが利かず、効果でめくりたいドローソースは、後に《D-HERO ドレッドガイ》で釣ることを考えるとコストを支払いたいというのが本音で、《D-HERO ダイヤモンドガイ》である利点がどんどんなくなっていったので《D-HERO デビルガイ》《D-HERO ダイハードガイ》のレベル3組に変更。
《D-HERO デビルガイ》の戦闘時に《ダメージ・コンデンサー》で《D-HERO ダイハードガイ》を特殊召喚することで、返しの自分のスタンバイフェイズに《D-HERO デビルガイ》を蘇生することができ、《虚空海竜リヴァイエール》へと繋ぐことができるので、前のターンに除外したモンスターを此方の場へ帰還させられます。

本来ならばD-HEROの強力サポートである《オーバー・デステニー》や《A・ジェネクス・バードマン》等を入れて幅広い動きをしたいとこですが、《D-フォーメーション》にカウンターを乗せるにはD-HEROでいなければならず…><;
そして相変わらずの除去不足。まぁ相手ターンを《幽獄の時計塔》に閉じこもったり、《D-HERO ドレッドガイ》を蘇生させて無敵モードになったりしてやり過ごすあたりはすごい闇ゲっぽくて楽しいんですけどねw
先攻でのスタートモンスターが少なく、(TF調整での)《サイクロン》が鬱陶しかったので《Sin スターダスト・ドラゴン》を入れてますが、デッキ枚数は膨むものの《歯車街》を入れてもいいかもしれませんね。《古代の機械巨竜》は《トレード・イン》共有できますし。
ドローソース頼みなところがあるので《デステニー・ドロー》は3枚積めるようになってほしいですがどうなんでしょうかねー。×2ランク8とか出てくれると更に《D-HERO ドレッドガイ》の運用が楽になるんですけどね。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。