異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOPスポンサー広告 ≫ まだいたよセイクリッドTOP考察 ≫ まだいたよセイクリッド

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

まだいたよセイクリッド

はわー

《セイクリッド・ハワー》
星2/光属性/魔法使い族/攻 900/守 100
このカードをリリースして発動できる。自分の手札・墓地から「セイクリッド・ハワー」以外の「セイクリッド」と名のついたモンスター1体を表側守備表示で特殊召喚する。

しぇあと

《セイクリッド・シェアト》
星1/光属性/天使族/攻 100/守1600
相手フィールド上にモンスターが存在し、自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚できる。また、1ターンに1度、自分のフィールド上・墓地の「セイクリッド」と名のついたモンスター1体を選択して発動できる。このカードは選択したモンスターと同じレベルになる。フィールド上のこのカードをエクシーズ素材とする場合、「セイクリッド」と名のついたモンスターのエクシーズ召喚にしか使用できない。

以前の情報でもうセイクリッドは全てかと思ってましたが、すごいのが残ってましたね。
既存のセイクリッドの法則を破るような中々優秀なモンスターたちです。イラストも可愛くていいですよね!

■《セイクリッド・ハワー》
セイクリッド専用の《氷結界の伝道師》と言った感じ(ただし守備表示ですけどね)。《見習い魔術師》や《リミット・リバース》対応なステータスで、《リミット・リバース》からこのカード→《セイクリッド・エスカ》と繋げることで、通常召喚権を残してデッキからセイクリッドをサーチすることができます。《セイクリッド・カウスト》をサーチし、《セイクリッド・プレアデス》へ繋げれば《リミット・リバース》を回収できますね。
セイクリッドをギミックとして使う場合、他のカードとの兼ね合いで《リミット・リバース》を共有したり、少ない数のセイクリッドで運用できるようになったりするので、さらに融通が利くようになると思います。通常召喚にしか対応してないモンスターが多いのが惜しいですね。

■《セイクリッド・シェアト》
待ちに待った(?)自身を特殊召喚する効果を内蔵したセイクリッドです。《サイバー・ドラゴン》と同じ条件で特殊召喚ができ、墓地や追加で召喚したセイクリッドのレベルをコピーできるため、《セイクリッド・カウスト》程ではないですが、幅広いエクシーズへと繋げることができます。
例えば、墓地に《セイクリッド・エスカ》が存在し、このカードと《セイクリッド・ハワー》が手札にある時、「シェアト」SS「エスカ」のレベルコピー→「ハワー」NSリリースして「エスカ」SSサーチ―と繋げるだけで実質手札1枚で《セイクリッド・プレアデス》が出せますし、《セイクリッド・カウスト》と合わせれば、《セイクリッド・ポルクス》とでは無理だった《セイクリッド・トレミスM7》まで出せるようになるので、セイクリッドエクシーズへ今まで以上の多くのアクセス手段が作れるようになります。
エクシーズ素材にする際の誓約はありますが、《セイクリッド・カウスト》とは違ってシンクロ素材にできるため、《A・ジェネクス・バードマン》あたりからシンクロ召喚も狙い目です。

他にもセイクリッド専用の《サルベージ》である《セイクリッドの超新星》も追加されて、純セイクリッドはもちろん、ギミックとしても幅広く使っていけそうでDT14が楽しみです。ヴェルズも大幅な強化がありますし、もしかしたら大会で上位に食い込むこともあるかもしれませんね。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。